-ヌード撮影ノススメ - ヌード撮影ノススメ

ヌード撮影ノススメ

 



『きんぶろ(旧名: 緊○blog) ぶん。』 さん インタビュー

HP、BLOG、SNS・・・。
今や多くの人が自由に「個人の趣味趣向」を広く表現できる時代ですが、一方で「ヌード・アダルト」に対する規制はますます厳しくなっています。
個人でヌード・アダルト活動をしている人も、その多くが数年以内に活動を終えている昨今。

個人にて『ヌード・アダルト系サイト/SNS』を更新されている方からお話を伺い、
作製・継続するために必要な事や注意点、体験談を記事にして紹介たい。

そんな思いから新たにスタートしたインタビュー企画。『ヌード活動のレシピ』

これから活動を試みる皆さんにとって良きアドバイスとなるべく 「あの方たち」 に ご協力いただきました。


第4回目に登場いただくのは・・・  
「きんぶろ(旧名: 緊○blog)」 の、ぶん。さん


kinbro02.jpg



もはや知らない人はいませんね・・・! 「縛られた女性は美しい」をメインコンセプトに、
長年 多くの美麗な女性をパートナーとして 緊○・調教 されてこられた ぶん。 さん。

主な活動の場である「きんぶろ」は FC2 SM部門ランキング上位常連でもあり 
その独特の文章とクオリティの高いコンテンツで多くのファンと魅了されています。

今回はそんな 『ぶん。』 さんと、郊外の某カフェにて待ち合わせ。
実は思いのほか「ご近所さん」であった事もあり、食事をしながら
お店の閉店時間ギリギリまで じっくりお話を聞かせていただくことが出来ました。



※当記事内にて掲載の画像は『ぶん。@緊○blog』様より掲載許可を頂いております。



kinbro09.jpg
 (きんぶろ(旧名: 緊○blog) より)



     では恒例の質問から。
ぶん。さんがアダルト/ヌードサイトを始めた切っ掛けを教えてください。




ぶん。さん(以下 敬称略)
 いろいろありますが、
一番の理由は、当時のパートナーだった 『美雪』の画像を
綺麗な形で残したかったから、です。

撮影を始めたのが2003年頃。その頃はブログサービスもなく(?)
皆に見てもらおうと思ったら 画像掲示板に貼るしか方法がありません (わかりません) でした。

しかし、ご存知の通り、 画像掲示板ではログが流れて行ってしまいますよね。
せっかくの写真、もっと長く・沢山の人に見てもらいたいのに、数ある投稿に紛れ 
時間と共に流れてしまう・・・

自分だけの画像掲示板 (のような場所) を作れないか、と思っていたところで
アダルトコンテンツOKのFC2ブログの存在を知り、 2005年1月にきんぶろを開設した、という訳です。


  ── 『美雪』さんの写真は私も『きんぶろ』にて拝見させていただきました。
たしかにあの写真が流れてしまうのはもったいない・・・ですよねぇ。



ぶん。 そう言ってもらえると(笑

あと、当時はまだSMや緊○って 業種や立場が普通じゃない人の世界・・・
特殊な閉鎖感や敷居の高さ みたいなイメージが強くあったので、

ウチのblogは緊○初心者のポータルサイトになれば という思いから
初心者向けサイトとしてスタートしました。


  ── 初心者向けがコンセプトにあったのは知りませんでした


ぶん。 よりハードな表現をしている世界(サイト)は他にもあったので、
自分はSMを始める『最初のとっかかり』的存在になれたらいいなぁ、と。

写真に関しては全くの素人で、BLOGをする上では欠かせない要素ではありますがメインではありません。

ただ、既存のSMサイト界に私のイメージする画像や映像がなかったので、
「自分はこういうのが好きなんだ、他にも同じ感性持ってる人 いるよね!?」 と伝えたかった。

まぁ、本当のことを言うと好みや参考対象が全く無かったわけではないですけどね。
AVだと『インモラルシリーズ』とか・・・可愛い系TOP女優が落ちてきた頃に出る綺麗なSM作品のイメージとか大好きです。



  ── TOP女優が落ちてきた頃に出る、ってのがリアルですね



ぶん。 女優さんの中には最初からSM専門の方や、
いきなりハードな作品に出ている人もいますが、
自分はこれまでSMはNGだった女優さんが初めてSM作品に出ることで生じる

『ギャップ』

が好きなんです。綺麗系作品しかやってこなかった娘がこんな姿に! ってギャップ。

このギャップは今の『きんぶろ』写真構成でも意識している部分。

blog掲載写真は毎回、

綺麗な着衣/ヌード写真 → 縛り・プレイ中の写真 

の順で掲載して そのギャップを伝えています。


kinbro04.jpg
 (きんぶろ(旧名: 緊○blog) より)



  ── blog構成のお話が出たのでそこをもーちょっと詳しく!
『きんぶろ』では先に言われた写真もさることながら、

・ プレイ内容を独特の文脈表現にした文章。
・ 短いながらも伝えたいシーンを的確に捉えた動画。
・ プレイに使用した道具紹介。 と バラエティに富んでいますよね。

各コンテンツへのこだわりはどういったものなのでしょうか?



ぶん。 まず、『文章』に関しては苦手分野で。
毎回頭を悩ませながら書いています。でも、無理矢理にでも書こうとしなければダメですね。

と言うのも、blog用に文章をまとめる作業は発見であり、自分自身気付いていなかった事に気付けたり
それまでなんとなく考えていたこと事が明確に解ったりするからです。

それは確実に次の調教、プレイ、記事に繋がる。新しい気付きにもなる。

だから文章に起こす事はとても大事です。


『動画』は人気コンテンツで、反響も大きいので拘って製作しています。
あー、でもそういいながら撮っている器材(カメラ)は初期の頃から変わっていなくて。

最近のDVカメラはワイド端が28mmとか24mmと広角寄りじゃないですか。
でも自分が使っているのはまだ35mmとかそれくらいの時代のものなので、
いつもアングルには苦労しています。

ずーーーっと離れた位置から撮らないと全体が入らない。(笑

照明も自然光だけ。
実は今日、カメラさんにその辺りのオススメ器材を質問したかったんです。



  ── 動画ライトなら最近はLED形式のものが増えてきましたけど・・・

でも自然光だけであれだけ綺麗に撮られているのなら、変に照明は加えないほうが良いかもです!
しっかり技術で補えちゃってるわけですし




ぶん。 あまり大きな器材を持って移動も出来ないので
今のままで良いならそれが一番ですが、

自然光は天候や部屋のレイアウトにも左右されるため なかなか難しいですよね。

掲載している動画は長くても10分無いくらい。
見てもらいたいシーン"だけ"を取り出しています。

1日のプレイ(調教)のうちの、ほんの数分。多くの場合はラスト(絶頂)シーンですね。
それまでの長いやり取り、絶頂へ辿り着くまで高めていく過程やその後はあえて公開していません。

「もっと長く」
「全体をドキュメントAVみたいに」 ってリクエストも頂くのですが
それは自分のやりたい表現とはちょっと違うかな、と思っています。

と言うか、そんなの編集だけでどれだけかかっちゃうんだ、って。。。
編集も撮影も、本当に全然素人なんですよ。


  ──道具紹介に関してはいかがでしょう?
女性が、"自分が使用した(する?)玩具"を両手上においた商品写真はスケール比較としても 使用を妄想させる構成としても素晴らしいと思うのですが
 


ぶん。 そういうトコ・・・ちゃんと気がついてくれるって凄く嬉しいです!
うぁぁー、解ってくれる人がいたぁ!!

まさにそういう意図をこめて毎回拘って撮っているのに、誰も褒めてくれないんですよね。

おっしゃる通り、グッズ紹介は実際に自分で使用したものを紹介しています。
しかも通販HPへのリンクつきなので「貴方も今すぐ買えます!」 (笑

一応リンクはアフェリエイトの形になっていますけど、お金ではなく購入先紹介としての意味合いが強いですね。
有料ブロマガをはじめた時もそうでしたが、アフェリ導入は一部の方にあまり良い印象を与えなかったようで
否定的な意見も結構ありました。

自分としては、普通に買えるグッズでこんなことが出来るんですよ というのが伝えたいんです。

決して特殊な物ではないですよ。貴方も買えるんですよ。オススメですよ。
ほら試してみたくなったでしょ? 試してみて・・・どうでしたか!!?? って。

そのシーンを妄想するのが楽しい。

『きんぶろ』の記事を見た人が影響を受け、その人のパートナーを調教したとしたら・・・
それはもう、間接的に『自分が調教した』のと同じなんですから。



  ──ぶん。さんは自らの手法や想いを広く伝えることで、間接的に多くの女性(男性も含め)を調教している、と・・・! 



ぶん。 先ほどの『緊○初心者のポータルサイトになれば』には
こういう気持ちも多分に含まれています。

自分がしていることにはまっていく姿。性癖を調教される過程を楽しみたい。
実際のパートナーも、見知らぬ人もひっくるめて・・・。そのための『きんぶろ』なので。



kinbro06.jpg
 (きんぶろ(旧名: 緊○blog)道具紹介記事 より)




  ──私を含め、アダルト/ヌード系活動をしている身としては、本当に理想的とも言える 『きんぶろ』の活動ですが。
これまでに閉鎖の危機などは無かったのでしょうか?



ぶん。 幸い、これまで自分の意思で閉鎖や休止したことはありません。

それでも、「もう辞めようかな・・・」と思った事は少なくないかもですね。

ここ最近で一番閉鎖を考えた大きなトラブル(?)と言えば、
FC2で突然『緊○』表記がNGとなり、アカウント自体が凍結された事です。
何といっても『○縛』はblogの名称。活動そのものでしたから。

記事内でも何度も出てくる単語ですし、
他にも類似の単語・表現がたくさん対象になっているようでしたので、

それらを過去記事全部から削除しての継続は難しいんじゃないかと・・・。

結果としては FC2に問い合わせの後 規制対象単語と使用可能な書き方
(表記の一部伏字にしたり、タイトルを漢字から平仮名にしたり)を連絡もらえたことで
凍結は解除。

blogも一部表記変更で何とか対応することが出来ました。



  ──ありましたね! 何を隠そう、この『ヌード撮影ノススメ』もあの時に一度凍結されたんです。

どの表現が引っかかったのか、もう忘れちゃいましたが・・・



ぶん。 そうなんですか! 緊○系ブログが凍結されたのかと思いきや、それだけではなかった事に驚いています。

でも、 (この件に限らず) 日々いろいいろなことがありますから・・・
いつ終わってもおかしくは無いblogだと思いながら更新しています。 


kinbro03.jpg
 (きんぶろ(旧名: 緊○blog) より)


  ──  アダルト/ヌードサイト活動をするにあたって、ぶん。さんの考える楽しさと注意点。
これから始めようという方へのアドバイスをお願いします。



ぶん。 楽しさは、同じ趣味を持つ人と知り合える事。
すでに緊○や調教を趣味にしている人はもちろん、たまたま・偶然blogを見た人が何かに目覚めてくれたら
こんなに幸せな事は無いですよね。

blog記事にて定期的に女性を対象としたアンケートを実施することで、リアルな反応を知ることが出来るのも楽しみです。

注意している点とアドバイスは、
アクセスを求めて過激な方向に進まないこと。
マンネリを恐れないこと も重要です。

自分のしたいことを明確にし、 ニッチであっても、続けていれば認知されてくるので、諦めずに。
数字ばかりに囚われず、自分のポリシーを大切にしていれば、おのずとアクセスは増えてきます。

言い換えれば、自分がやりたい事をしているなら アクセスは気にする必要なんて無いんです。



  ──  最後に、今後の展望や理想などあれば聞かせてください。



ぶん。 先ほど、きんぶろの活動を「理想的」と言ってくれましたよね。

自分としても、今blogで紹介している緊○、調教、ほかの各プレイは理想的なものばかりで
出来ることならずっとこのまま続けていけたらと思っています。

自分がやっていることって、「 もし女性として生まれていたなら、それをされたかった」ことなんです。

なのでそれらを実現できている今。

もちろん自分で直接味わうことは出来ませんが パートナーである彼女(達)の反応を通じて疑似体験できる。

とても充実した時間を得ています

自分がそうであるように、きんぶろを知ってくれた人。何なら知らない人もひっくるめて


『全ての M女性 が幸せであって欲しい』

これが本意であり、理想なんです。





 
「聞かれた事はなんでも答えますよ! 但し、公開できない話題ばかりになるかもですが」

お話しを伺う際、最初にそう断りを入れられて開始した今座談会。
言葉どうり、興味深い話の大半が使用できない結果となってしまいました(笑 が、
それでも 多くの気付きが得られる有意義な記事。楽しい時間となりました。

ブレの無い、強い『緊○・SM・調教』に対する想い。
理想の世界を得るための覚悟といったものが言葉の端端から伝わり

なにやら叱責されたようにも 励まされたようにも感じました。

これからアダルト活動を志す皆さんにとって
とても高く かつこれ以上ない目標となってくれる そんな、ぶん。さんの『きんぶろ』

もしまだ未体験の方がいらっしゃれば、是非一度その世界を覗いて見てください。


ぶん。さん
この度はご協力ありがとうございました。





kinbro01.jpg

きんぶろ(旧名: 緊○blog)
ぶん。さんTwitterアカウント




CAMERAMAN netへ

 




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png