twitterログ-ヌード撮影ノススメ twitterログ - ヌード撮影ノススメ

ヌード撮影ノススメ

 



ログ 2018/2-2

2月21日
221_2.png

221_1.png

この2枚の写真。1枚目はシャドウの色をとコントラストを上げ、周辺をより暗くしたもの。
2枚目は肌のハイライトを上げつつシャドウ色とコントラストを下げたもの。共にCapture Oneを使用。

DPP+PhotoShopだとここまで極端な補正はかけないのですが、Capture Oneはちょっと変えるだけで色々面白い仕上がりになるのでつい遊んでしまう。
ただ、こういう強め(アプリ補正やフィルターが当たり前な昨今ではそうでもないのかもだけれど)の補正は その時は「おっ」と思うも、 時間が経ってから見なおすと・・・・・・・・・な事が多いのでやりすぎには気をつけねばならない。


「何を目的としているか」で理想とする仕上げ方法は変わる。それは「他者に見てもらう」ための写真であれば当たり前で、商業写真はなおさらなのですが
プライベート撮影ではちょっとだけその範疇を外れたい、と言う想いもあったりします。
行き過ぎると某月刊○○シリーズや、つい先日出た意識高い系ムックほんみたく見る側置いてけぼりな物になってしまいますケド(でも独自の作品性のみでも売れる芸術家ならそれも良し)

私の場合はその中間をふらふらしているのが一番の敗因で、いつまでたっても独自の世界観を確立できない原因になっています。


2月22日
机とイス捨ててコタツの上にPC置いて作業したい。(作業する気ないだろ)


2月27日
買い換える気は全く無いが、
買い足しならあるいは・・・


2月27日
CANONのKiss Mと、SONYのα7Ⅲ。
共に性能・価格とかなり思い切った製品ですが、Kiss Mが「カメラ業界未経験の新規ユーザー獲得用」なのに対し
α7Ⅲが「たくさんお金を使ってくれる他社のコアなユーザー獲得用」ってカンジで 実に面白いというか何というか。

そしてどこを狙いたいのかさっぱりぽんなフジフィルム。


ただ各社ミラーレス新製品で気になるのは、EVF/背面液晶が進化していない点。
現行MK2ですでに1世代前なのに性能据え置きってなんでやねんGX7 MK3!
Ⅱでちょっとアップした解像度をⅠの頃に戻してどーすんねんα7Ⅲ!!

(実製品見ていないのであくまでスペック上の比較です)


2月28日
2160.png
数年前に購入したCOMETのバンクボックス。
今所有している60×80の2個構成だと 昨今の撮影スタイルに合わなくなってきた。60×60を買い足すか、グリッドを探すか・・・あるいは・・・

そろそろ新しいライティングも模索しないといけない


高ISO対応のデジカメ・動画需要・熱対策で LED照明が登場した時はもっと一気に普及するかと想ったのですが、実際はそれほどでもないのが意外。 光の質が違う問題が全く解決されていないのもまた意外。(需要少ないから進化もしにくいのかな)


アンブレラを使用していた時期はモノブロック始めた最初の1~2年くらい。
透過アンブレラをディフューズとしては使用はしているけれど、いわゆる通常のバウンスではほとんど経験が無い。
乱反射による硬い光が当時はイヤだった。今ならどうかな。
設置時間の短縮化は魅力的なんですがねぇ


2月28日
0015.png
同一方向で1つの大きな光源とする場合、個々に角度を変えてポイントを狙う場合とありますが 
基本ライトボックスは同じ位置に2つ並べて使います。

反対側にも光を当てたい時は室内灯を利用するか、カメラ上部に取り付けたクリップオンをバウンスで。
挟み込みを多用しないのは顔メインの撮影が少ないからかな?


もちろんお仕事では顔メインの写真が主。でもその際はカポックやレフ、室内の壁面を利用するのでやっぱりボックスで挟みはしない。
硬さ・透明感の強い、あの独特の光は嫌いじゃないんですけどね。きっと使いこなせていないって事なんでしょう。COMETさんすみません。


2月28日
Adobe Bridgeのカメラプロファイル作っていたらもうこんな時間じゃないか・・・まだ何も出来ていないよ・・・
あとBridgeのCamera RAWとPhotoShopのCamera RAWフィルターとでは微妙に効果違うのな・・・・


2月28日
ウチのモデル募集要項ってあまり条件(待遇)良くないんじゃないか ってことを再確認してしまった。

コレはもーちょっと何とかせねば モデルさんに対して余りに申し訳ない、かも・・・


2月28日

とはいえ私の現状からすると「今はコレが精一杯」なのは覆しようも無く

あーー、自分の納得のいく形で依頼・撮影をし、それでちゃんとやって行ける収益を得る方法は無いものか。

自身の夢を叶えるには 明日を待たない、今夜から始めよう~♪(グレイテスト・ショーマン観たばかりでテンション高め)
DXHuiHAVwAAc9bn.jpg



CAMERAMAN netへ

 

ログ 2018/2-1

2月1日
難しいこと、本格的な事は一切出来なくて良いので 手軽に高画質動画を撮れるカメラをなるべく安くで探しているのですが、
いまだと「コレ」ってのが無いですね・・・
ずいぶん長い間、GX7Mark2が最善回答になってしまっている気が。
期待していたG9がまさかの高価格・静止画特化(?)したので・・・なぁ・・・


2月3日
何かお目当てのものを買いに行った際。
「これが最後の1個です」だと「ラッキー!」 となるのに
「ちょうどキャンセルされたものが1個だけあります」だと 「なんだか・・・ちょっとイヤ」となるのは何でだろう?
キャンセル品=問題のあった品 みたいな印象なのかね。


2月4日

新宿のオカダヤ来た。




物多すぎてどこ見たらイイのかわからん。


2月5日
今日現場にて。ごく短時間だけど「LUMIX GH5S」に触れることが出来た。
サイズはG9とほぼ同じなのに、手にした際はGH5Sの方が小さく感じました。(実際はGH5Sの方が若干大きい) 
グリップの形状から受ける印象以上に、手にした際のフィット感が小さく感じる理由かと。


シャッターボタンの形状と全体のシルエットが、どこと無く慣れ親しんだEOSっぽいからそう感じたのやもしれませんが
GH5Sはなかなか「イイカンジな体つき」をしていらっしゃる。
画質に関しては残念ながらちゃんとした感想を言えるほど撮る事ができなかったため、又の機会に。


2月5日
何にせよ。GH5S、G9共にいいカメラに仕上がっていますね。
となるとGX9や以降の機種にも期待せざるを得ないのですが、「進化・継承」と言う概念が希薄なパナだけに油断は出来ない・・・


2月7日
今日は原宿の某個展(最終日)に足を運ぶ。作品の方向性としては、私には「無い」ものだったけど、氏の現在のありようには酷く羨望した。
私もいずれはかく存在になりたいものである。


2月8日
一人車で帰宅中。ふいに彼女の香りを自身の身体から感じハッとすることがある。それは彼女にも私の香りが移っているはずだからだ。
加齢による臭いが気になるお年頃。外出前シャワー時には乾燥肌対策を兼ねたジョンソンベビーオイルを忘れない。
ここにフローラルミントの香り漂うおっさんが爆誕する。


2月8日
DVgXWjIV4AAZYqp.jpg
離れた位置にあるストロボを発光させるためワイヤレストリガーを付けるも、手元で方向まで手軽に変えられるクリップオンストロボはやはり受け光源として手放せず。

結果、なんだか不自然に背の高い構成になっている我が家のカメラ。



DVgYbXuVAAAPNko.jpg
本日の構成はこちらになっておりました。ただいま。


どーでもいいけどAQUOSのカメラ画質、ひっどいな・・・ だがそこがいい。


2月8日
本日のプラベ撮影は予定の半分しか撮れませんでした。
原因は用意した衣装のサイズがでかすぎ&造りが悪すぎで着るのに時間がかかったこと・・・。
事前チェックの甘さと言えばそれまでですが。


よく使用するボディストッキングは伸縮性が高いため小さい分には問題ないが大きいのはやっぱり間伸びする。しかし基本「海外製品」なのでサイズも外人基準なんですよね。国内向けは安価・中国製品で造りが雑。この辺の問題を何とかしなければ今後の撮影が出来なくなっちゃうぞ・・・


あと、今月はお金使いすぎて次ギャラが入るまでお茶漬け生活必死なので新しい衣装の買い物も出来やしねぇ。辛い。


2月10日
『Capture One Pro 11』のお試し試用期間修了していることに気づかなかった。久々動かしてみたら開けないのでちょっとあせったよ
(10は残ってるけどプロファイル11で更新しちゃってたので起動に手こずる)
素直に更新するか・・・でも最近はそこまで使ってないんだよなぁ・・・


2月12日
DV15CXAU8AAGN-n.jpg
GX7 Mark3(GX9)が発表された一週間前にGX7mk2を買い直した私が通りますよ。
急ぎ必要だったから仕方ないのねん。
ところで、すぐ売却して他レンズ購入の頭金にする予定だった オマケレンズの25mm f1.7が思いの外良くて
「もうこれでいいのでは?」ってなっている


携帯性こそ落ちるものの『LUMIX G 25mm F1.7 ASPH』はGX7mk2のキットレンズLEICA 15mmやVARIO 12-32mmよりしっくり来るサイズ感ですね。
そういえば、m4/3のカメラって結構購入しているなぁ・・・一眼レフと併用するにはなかなか良い規格なのです


2月13日
現代ではさほど出番の無い露出計ですが、やはりいざというときに有ると無いとでは大違い。
何より体感で露出数値を想定し、正確な露出を図る経験を経ていないと光は扱えませんからねー。
やらないと出来ないは違うのですヨ。


2月15日
またAmazonから届いた撮影用衣装サイズがおかしい・・・
一番小さな「S』注文して、記載もSになっているけどどう見てもLはある。何だったら男性Lサイズくらいある。
モデルさんじゃなく私が着れる。


コレはAmazonがって言うより、Amazonで販売している別業者の問題だけど いろいろな所から買っているのに結構な数サイズが違って届く。 何とか対応考えないと、出費がかさむだけでなく現場で困ることになるんだよなぁ・・・


事前に衣装合わせする余裕を持つか、海外輸入品は避けるか、別の要素を探すか 早急に対策を練らねばなるまい。

CAMERAMAN netへ

 

ログ 2018/1-2

1月15日
夜のお店で働いている子から
「お店が「ここが上手」って指定したスタジオで宣材写真撮ってきたけど思ってたのと違うから何とかして」
と画像送られて来て。
見たら光飛びすぎ・肌の起伏全消しでのっぺり・目が不自然にでかくアゴが異常に細い宇宙人顔 な酷い写真で 
PC前で頭を抱えている。


だから韓○人御用達スタジオはヤメておけとあれほど・・・
こんなのに手を加えるくらいなら今すぐ撮りに行ってやるわ待ってろ!! と言いたいところだけど、
在籍店から「あそこで」と指示されたんじゃ仕方ないわなぁ・・・
(なら撮影代女の子持ちにすんな、とも言いたい! 結構高額だったとか無いわー)


とりあえず、普段なら絶対やらないような「無理矢理」なやり方でデジタルメイクを施していく。
多少違和感は残るが、グレイから人類に戻っただけでもたいしたもんじゃないのと自画自賛。
・・・ただ、店が○国風エステみたいな写真を好むのであれば人類よりグレイの方がいいのかも。


1月17日
WorPressで使用していたプラグイン『StatPress Reloaded』が何やらエラー起こしていたので一旦無効化。
新しいバージョンに引っかかる部分でもあったのだろうか?


気になって他のサイト見てみたら、結構エラー表示出している所がある。そのほとんどがプラグイン(でもウチのサイトで引っかかっていたのとは別の物が原因な所も多数) 原因はWPのバージョンではなくセキュリティの自動更新っぽいので、WordPress使用者の皆さんは自身のサイトちょっと確認してみて


月17日
しばらくズームレンズメインでの撮影をした後に単焦点レンズを使う。
しばらく単焦点レンズメインでの撮影をした後にズームレンズを使う。
どちらも「あぁ、やっぱりこれだよなぁ!!」ってなるので、
それぞれの良さ・性能を活かすには結局両方が必要なのです。


1月18日
車中泊って便利そうに見えて、実は超寒くテントの方が快適だったりする。
特に底冷えがハンパないからやるなら足までカバーできる装備は必須。
私は車中泊の予定が無くても寝袋と毛布を常に積んでおります。


1月22日
DUIRmL3VMAAhR4g.jpg

DUI3jroVMAEc_bb.jpg

寒い。  (この日から翌日にかけ、東京では4年ぶりの積雪となりました)


1月23日
雪道歩き用に久々トレッキングシューズを履いて出た。
さすが歩きやすさは雲泥の差ですね。 滑らない、濡れない。


なんてこった。朝、積雪道で無敵の走破性能を見せたわがトレッキングシューズが 全く役に立たない。
奴の名は『踏み固められた雪が凸凹で氷ったうえにうっすら水がはっている歩道』!

家つくまでに10回くらい転びかけたわ


1月23日
大雨とか大雪とか大風とか
悪天候を体験する度にジムニー買おうか悩む病。


1月24日
見る夢はたいてい悪夢。


1月27日
DUjXgv0VQAE7XA-.png

DUjXgwKUMAg8Bkp.png

フィギュア趣味はもうおしまい
・・・のはずだったのですが、キャンセルし忘れていた品が届いてました。せっかくなので数枚撮る。


1月28日
酒より圧倒的にお茶の方が好き


1月31日
DU3cV9TUMAAZuTA.jpg
な、なんだってーっ!!

CAMERAMAN netへ

 




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png