ログ 2018/4-2-ヌード撮影ノススメ ログ 2018/4-2 - ヌード撮影ノススメ

ログ 2018/4-2

 



ログ 2018/4-2

4月16日
今の就業スタイルになって早、7ヶ月
やはり自由となる時間が足りない


4月18日
今日寒い・・・
日ごとに季節(気温)変わるの困る・・・超困る・・・


4月18日
このクラスのカメラ二台は 思ったよりもて余す。

まずい・・・「やっぱこれは違うかも」ってなりつつある・・・
高かったのに

KISSでよかったか???


4月18日
もう、色で悩むの疲れた・・・
えぇ、上手く出来ないのは全て私めの責任で御座います。


4月19日
今日買った「b○t gr○ph」は大失敗だった・・・なんかどの写真も画質が悪く、色がベタっとして美しくない。
これじゃまるで、昨夜想ったように色が出せず自暴自棄になり泣いていた誰かさんの写真と同じじゃないか。
いかん。いかんよこれじゃーまったくー


4月19日
DPP4の次のバージョンアップにお願いしたいこと(切実)

・ どのWB設定でも色温度(ケルビン)は変更可能に。特にクリックWBからダイレクトで調整できないのは致命的
・ 色合いのバーをWB色温度の下に移動させてより長く
・ 微調整のパレットをDPP3のサイズに
・ 周辺光量はマイナス側にも調整できるように
・ DPP一番の弱点であるノイズリダクション性能の向上

何卒 、何卒お願い致します。


4月20日
いまさらですが、「Nik colection」を入れてみた。

あー、ヤバイ、これは便利。
特に「Dfine 2」のノイズ処理が有能すぎる・・・


4月20日
『adobe camera raw』のプロファイルは「Adobe人物」がなかなか良い。一見、これまでのデフォルトだった「Adobe標準」と大差ないように見えるけど、ハイライトのグラデーションと暗部のブルーグレーかぶりが改善されている。
でも人物以外なら「Adobeカラー」の方が安定した色出しが出来そう。

ただ。それでもやっぱり色に関してはお世辞にも良いとは言えないAdobe RAW・・・
特にCanon色の艶やかさはDPPでないと絶対に出せない。
α7ⅢもAdobe RAWよりJpeg(からの調整)の方がいい色だったし、これはもうどうしようもないのかもなぁ。


4月24日
仕事帰り。
何か美味しい物でも食べて帰ろうと思うも、どこに入ったらいいのか解らず 結局コンビニで済ませてしまう。
私が『孤独のグルメ』のゴローさんみたく、初めての街でふらっと美味しい店を見つける事は限りなく不可能に近い。


4月24日
再度、初ともに 撮影希望のお問い合わせを何件も頂いているのですが
現在 自由になる時間の激変と、撮影に対するモチベーション低下によりなかなか撮影予定が入れにくい状態となっております。 真に申し訳御座いません。
5月・・・過ぎた頃にはもーちょっと改善していると思いますので、何卒ご容赦下さいますよう お願い致します


4月26日
DbraaR_VQAEdDnm.jpg 
Dbr9Gt2VQAAvKHL2.jpg
本日の昼食は生ハムとタマゴのガレット。
ガレット・・・10年ぶりくらいかも。昔は「作る方の人」だったので感慨深い。


4月25日
DbmabaDVMAAd-2C.jpg
こーやって見ると
かなり特殊な構成ですよね、Capture One


4月29日
あつーーーーいお茶をガブガブ飲むのが好き。


5月1日
DcHAIiOVQAA8OaD.jpg 
DcHAJ7GUwAE1jXW.jpg
上京以来毎年恒例の絵師100人展、今年も見てきました。
写真と絵の違いこそあれ
色や構図・背景の活かし方など
非常に参考になるものから全くならないものまで。
何より紙に大きく引き伸ばされた良さってあるんですよね。

それにしても今回で8回目。
私の東京生活も8年目、か・・・。

関連記事
CAMERAMAN netへ

Comments

 
おぉ~♪
二台体制での贅沢な悩み(笑)
( ̄▽ ̄+)♪キラキラ

カメラに限らず、色々な道具や車なども共通しますが・・・
自分にあった道具が一番しっくりきますよね~
Re: タイトルなし 
昆布ちゃんさん

コメントありがとう御座います。
かなり思い切って購入したまでは良かったのですが
私の使用用途に馴染ませるには工夫が必要なようです。


Body




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png