ログ 2017/6-4-ヌード撮影ノススメ ログ 2017/6-4 - ヌード撮影ノススメ

ログ 2017/6-4

 



ログ 2017/6-4

DDAqItzUIAATQvX.png


6月18日
6月後半。今週は撮影がかなり忙しく、来週は撮影こそ落ち着くも今週分の編集作業できっと全部塞がるなぁ・・・
ここ数日はヒマだったのにのんびりしすぎました。
明日から本気出す。


6月21日
グラビア系サイト等の写真関連HPでカメラマン募集ページがあるとどんな条件かチェックする。スタジオ経験や人物撮影経験、カメラマン歴などはなるほどと思うのだが・・・先日見た所に「○○○社のカメラを所有の方」というのがあり思わず「うげぇ」ってなった。
行き過ぎた信者の思考ってやっぱり毒



もちろん募集条件になにをおくかは自由かもだけどね。以前あった「フルサイズ限定」って話題は素人の間の話でも相当「?」だったが、これは・・・。
もちろんそんな恥ずかしいことを平気で書く所が指定するのは○○○。やはり毒。


6月21日
6271.png

東京雨あがりました。

6272.png

ノイズ載ってるけど、5年前のスマホの中画質設定でこれだけ写ったらもう十分じゃないだろうか。




6月22日
まー、いつもと特に変わらない1日でした。


6月24日
6月はリサーチ目的でInstagramへ画像UPしていますが、
そろそろ終了予定。正直、試験の場としてはイマイチだったかも


SNSリサーチは今回が初ではなく、数年前にも行った経験がある。
その時はInstagram、Tumblr、Pinterest、他にも各SNSを私用して比較検証したんだけど 今ほどユーザーの意識が固定化されていなかったように感じる。


例えば、SNSを複数利用する「同じ人」が写真を評価したとして
Tumblrでは「いいね」するけどTwitterではしないとか、そんな感じ。
これはそのアカウントでどういった立ち位置を示しているか。どんなフォロワーを抱えているか。による違いだけでなく


「この場を利用するユーザーはこの認識で接するべき」と言った暗黙のルールみたいなのが存在しているように思える。(特にInstagramはFacebookに買収されてからかなり変わってしまった。
以前リサーチしたときはまだ買収されて数年だったのでそこまでではなかったが・・・)


6月25日
マタニティフォトの撮影を依頼される場合。みんなできるだけ大きなおなかで撮りたいって思うからか臨月間近で来るんだけど、
「予定日はそろそろなので今産まれてもおかしくないんですよー」とか笑いながら話されると 未婚の私とかは「ひぃぃぃぃっ!!」ってなっちゃうからせめて半月は余裕持って。


まぁ、今言って今すぐ産まれたりはしないんだって事くらいはわかるけどさ・・・すでに母の貫禄かもしだす女性陣に おじさんは適いっこないのですよ。


あと、撮影直後に連絡途絶えちゃったりする事も多いんだけど きっと「出産直後でそれどころじゃねぇ!」になられているんですよね。
うん、ならいいんだ。半年先でも1年先でもかまわないので、落ち着いたら連絡ちょーだい。


6月25日
今日はよく頑張ったし 
明日も頑張らなきゃだし
明後日も朝早くからお仕事だから、もう寝る。
3日連続で働くとか人としておかしいよね。倒れちゃうよホント。
(こんな大人)


6月27日
今日はmicroSD買うため 撮影帰りに池袋のビックカメラへ寄ったんだけど、品揃え少ない上にやたら高額だったので店員さん呼んで聞いてみた。→

私「すみません、マイクロSDってここにあるだけですか?」
店員「あと、地下のカメラ売り場にもあります」
私「あ、そうですか。じゃぁ行ってみま・・・」
店員「でもそっちは普通のSDだけですけどね(ドヤァ」
私「・・・・は?」

何も買わずに出た。
ちょっと前SNSで某量販店店員の神対応が話題になっていましたが、ビックカメラもこの程度っすよ?




関連記事
CAMERAMAN netへ

Comments

管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし 
カギコメさん

コメントありがとうございます。
すでに技術が出尽くしていた(?)銀塩カメラに対し、デジタルカメラはまだまだ進歩する余剰があるからかもですが
センサーサイズやミラーの有無で「異なるもの」と認識しすぎているように思うことがあります。
異なる特徴を持つも『同じカメラ』なんですけどね。

Body




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png