ログ 2017/3-4-ヌード撮影ノススメ ログ 2017/3-4 - ヌード撮影ノススメ

ログ 2017/3-4

 



ログ 2017/3-4

nudity20170329.jpg(姉妹サイト(?)nudityの広告画像をTwitterに久々UPしたのでこちらにも。)

3月23日
綺麗系(でも芸術家気取りではない)ヌード撮っている方に弟子入りしたい。


弟子入りどころか弟子の一人や二人いてもおかしくはない歳なのですが、そういうの絶対無理でそれでセミナー諦めた口なので まずは弟子にしていただきたい。


3月24日
電子書籍版の製作作業が大詰め。
最初が一番大変で2回目以降はテンプレート流用できるから楽になる。解ってはいたけれど、まさかここまで時間がかかるとは思わなかった。そういえば初めてWordPress覚えた時も同じようなことあったなぁ・・・・・・成長しないなぁ・・・


そのWordPress作成手順だって今は拙いながらも人様にアドバイスできるまでになっている事を思うと、一人で悩みながらじっくり覚えたことはムダではないのかも、だけど


3月25日
先の飲み会で電子書籍での写真集購入で意見を伺った際、「見るデバイスやモニターによって色が違ってくるので電子書籍より紙がいい」という意見があった。
その時はうんうんと聞いていたけれど 帰ってから
「いや、印刷の色の差の方がモニターよりひでぇぞ!?」って事に気付いた。


印刷の場合、印刷技術や紙質で色・質感はまっっったく違います。多分、世の写真雑誌に掲載された自分の写真に 心から満足しているカメラマンは居ないんじゃぁ無いかな?「出版物は別物で妥協は必須」って話をよく聞いた気が(ここがネックになって、印刷物にはまだ手が出せないのです)


そんなたいそうな写真撮ってないくせに、ですって? そんなたいそうな写真じゃないからこそ、圧縮劣化や色の違いが出ないよう頑張っているのよー! アタシだって辛いのよーー!!


3月26日
世の流れ的に・・・もうモデルさんのパンツは脱がさない方がいいのかな・・・
まぁ、ちょっとだけ少なめにするかも? そうしましょうかね、ちょっとだけ。


3月30日
急遽モデルさんとの打ち合わせが入り、リクエストで肉を食べに行くことに。
こういう時、パッといいお店見つけられるスキルがほしい。ファミレス系のチェーン店しか思い浮かばない。大人として恥ずかしい・・・


若い人と話をすると自分の歳を忘れ同じように若返った気になること。
これまではずっと「いいこと」と思っていたけれど、
「それは竜宮城にいる時の浦島太郎と同じで、現実に戻ると一人だけ年寄りになっているって事だ」
と言われて背筋が寒くなった。

ずっと竜宮城にいよう。(違


3月30日
(「EDIUS」のグラスバレー社が動画と静止画、両方を管理できるソフト「Mync」 発表のニュースに対して)
個人的にはRAWデータよりPSDデータをそのまま表示できるビュワーがほしい。
このためだけに、未だに『Vix』使っている私みたいなのもいるのよ。


3月31日
撮影データを一括調整する時は、定期的にWEBを開いて写真サイトなどを見るようにしている。私の好みがアンダー系なのでつい調整結果を一般的に好まれる明度より低く仕上げてしまうからだ。だからちょくちょくよそ見しているのはサボりじゃないのよ断じて。 Twitter開いているのはサボりだけど


DPP.4のオート(雰囲気優先orホワイト優先)+微調整 の万能感がヤバイ。Capture Oneの色温度調整+カラーエディターでもなかなか出せない色合いがスパッと出せてしまう。
自分の個性を出したいときはCapture Oneでイチから仕上げだが、それ以外はDPP4がいいのかも



関連記事
CAMERAMAN netへ

Comments

 
かっこいいモノクロなお写真♪
このアングルを生むセンスが欲しい~♪
( ̄▽ ̄+)♪キラキラ


確かに、さりげなく美味しいお店に連れて行くことの出来る能力は
どんな時にも役に立つ最強なスキルですよね~♪
Re: タイトルなし 
昆布ちゃん さん

いつもコメントありがとうございます。
「必殺・モノクロにするとカッコ良さが当社比3倍になる」を発動させてみました(笑
でも、それより
「さりげなく美味しいお店を知っている」
の方が大人にとっては重要かもしれません。

Body




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png