FDR-AX55-ヌード撮影ノススメ FDR-AX55 - ヌード撮影ノススメ

FDR-AX55

 



FDR-AX55

AX551.jpg


SONY CV370/550Vから CANON GH20、 Panasonic WX850 と経て
再びSONYに帰ってきました。FDR―AX55です。

2016年発売の高画質機として登場したAXシリーズのうち 、ファインダーとリングダイヤル、高画質液晶モニターを搭載した上位モデル。撮れる映像は同じということで安いAX40とかなり悩みましたが、結果としては正解でした。

大きく異なるのは液晶モニターの発色と解像度。もし両機で購入を迷われているなら・・・55がよろしいかと。(値段の差も1万円ほどですので)



AX40/55は新開発映像素子に4K撮影とフルマニュアルが特徴となっていますが、実際使用してみた感想としては、このカメラは「オート」撮りが基本のファミリーハンディカムでした。
一眼レフ等の『マニュアル』撮影を想像すると肩透かしをくらってしまうかもしれませんね。

特徴の一つであるリングダイヤルの操作感も決して褒められたものではなく、全SONY機種共通の弱点としてメニュー内も洗礼されていません。
(写真をよく見ると、リングダイヤルの誤操作を防ぐためパーマセルテープで固定しているのがお解かりかと)


ただ画質は文句なしで、これまでのハンディカムとは1段レベルが違います。より上位機種のAX100と比べても、環境により画質の上下もなく安定した映像が撮影できます。

この「どんな状態でもカメラ任せに安定した映像が撮れる」 プラス 「フリーハンドで長時間撮影が行える」
がビデオカメラの最大の特徴であり、購入の決め手でした。
また、やはり空間光学手ぶれ補正の効き目は特筆!!


ほかにも内蔵メモリが32Gある、SDHCカードでも記録が出来るなど AX100にはない特徴もたくさんあります。
今はまだ4KではなくFHDの撮影しかしない という方にもオススメですよ。
関連記事
CAMERAMAN netへ

Comments


Body




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png