ヌード撮影は特殊な性癖?1%のフェティシズム-ヌード撮影ノススメ ヌード撮影は特殊な性癖?1%のフェティシズム - ヌード撮影ノススメ

ヌード撮影は特殊な性癖?1%のフェティシズム

 



ヌード撮影は特殊な性癖?1%のフェティシズム


20160306_1.jpg


雑誌の特集記事で定期的に取り上げられたり、著名人の参加する写真展が開催されたりマタニティフォトが話題になったりで
昨今、大きな注目を集めると共に市民権を得ている『ヌード写真』。

しかし そういったメジャーな活動が注目される一方、個人による撮影・被写体活動はまだまだ少数派。 
ましてそれが性的趣向を含むものであればなおさらです。

ヌード撮影に限らず。性的趣向 いわゆる『フェチシズム』 というものは、同じ趣向を持つ人にとっては代えがたい衝動であるのに対し それを持たない人にとっては許容しがたい内容であることが多く 

思い切ってパートナーに告げ趣味を共有したいと思うも

「ありえない」
「異常だ」
「そんなこと言う人は初めてだ、おかしい」

と拒絶されることが怖くて、告白出来ない人が殆どでしょう。

(又は過酷に拒絶された経験をお持ちで、それ以降ひた隠しにているなど)



でも。

例えば貴方の持つフェティシズムが100人、1000人に1人の少数派であったとして

日本の総人口1億2681万人(2016年2月現在概算値)で割ってみてください。これだけの賛同者を得ている貴方は

選挙に出馬すれば当選確実です。


さらに

アイドルになれば 東京ドームだって連日満員に出来ちゃいます。

「○さんっ、ドームですよ、ドームっっ!!」



まして世界総人口で割れば・・・・決して少数派とはいえませんね。




人が100人いれば100通りあるのがフェティシズム。しかしそれを持つのは決して『貴方だけ』ではありません。

伝え方さえ間違えなければ、賛同や許容を得ることは難しくないはずです。

思い切ってまずは1言。ためしに1枚/1回。 

そこから始めてみてはいかがでしょうか。



追記。

ウィキぺディアで「フェティシズム」のページを開くと

下着に顔を埋める白人男性の写真 と、
四つんばいになり足に接吻する女性×女性の絵画 が出てきます。

わかってる! よくわかっているじゃぁないか、チミぃ!!





【ヌード撮影ノススメ 告知】
 
○ 個人撮影・各種媒体の原稿執筆・制作・取材承ります。
  - ヌード、アダルト、写真、カメラ関連、他
○ 個人アダルト(AV)の各種制作承ります。
  - 撮影・動画編集・モザイク・パッケージ写真撮影・レタッチ等
○ ヌード撮影講習・ブース設置承ります。
  - 個人・企業・その外 写真・動画の講習、撮影ブース構成・見積

各種ご相談は こちら から。

関連記事
CAMERAMAN netへ

Comments

当選確実^^ 
 すいません、 当選確実で笑ってしまいました^^;

確かに個人による 撮影被写体活動は 少数派ですよね。

『こんな感じで綺麗に撮らせて下さい』と言ったとしても

まぁ笑いのネタになるか、変態扱い。。。いずれにしても

良い返事をもらえる事はありませんね^^;
初めまして! 
管理人さん初めまして!
ヌード撮影を勉強したいと思って記事を必死に片隅まで読んでみた素人映像(編集)プロデューサーです。
いつも撮ってきてもらったものを編集するだけの人なんですが
実は今度お友達になってくれた超SSS級の美女がヌード撮影(××込)
に応じてくれることになりまして、仕事根性を込めて全勢力を注ぎ込みたい次第です!!

ひとつ質問がありまして、画素数が高いということは引きで撮影しても
肌のリアルな質感が拡大しても見えるということなんでしょうか?!

例えば5000万画素する5DsRで90cmくらいの距離からM字で撮った場合、レンズにもよりますが、画素がいいぶんだけ"○○こ"のリアリティが拡大しても大丈夫!ってことなんでしょうか?!

一生に一度の一回しかないチャンスなので是非教えてくださると嬉しいです!
Re: 当選確実^^ 
☆Lupin☆ さん


コメントありがとうございます。
「貴方にとっての常識は、周りにとっての非常識」 これの逆Verだってあるってお話でした。

> 『こんな感じで綺麗に撮らせて下さい』と言ったとしても
> まぁ笑いのネタになるか、変態扱い。。。いずれにしても
> 良い返事をもらえる事はありませんね^^;

自分がどういう写真を撮影しているか を見せることは、相手にとって説得力となりますよ。
意外と興味を持ってくれる女性は多いかも・・・!!??
Re: 初めまして! 
プロデューサー さん

コメントありがとうございます。
始めまして!! 映像編集されている方に見ていただけるとは光栄です!

早速ではございますが、頂いたご質問の返答を記事内にて紹介させていただきました。
よろしければご確認くださいませ。

今後ともよろしくお願い致します。

Body




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png