カメラさんの機材について! (レンズ・他編)-ヌード撮影ノススメ カメラさんの機材について! (レンズ・他編) - ヌード撮影ノススメ

カメラさんの機材について! (レンズ・他編)

 



カメラさんの機材について! (レンズ・他編)


20150411_6.jpg


 ☆ 『ヌード撮影ノススメ』 は ヌード撮影を始めるにあたっての疑問・質問に ヌードフォト専門カメラマンの「カメラさん」がお答えするアダルト・フォトブログです。
 ヌードフォトをより愉しんでほしい。撮る人、撮られる人がもっと増えてほしい。という思いから、不定期更新でお届けしています。
 「ヌード撮影あるある」的感覚で 気軽にお愉しみください。


○ 今回の写真は、これまでと少し異なるパターンにしてみました。
   撮影の予定に無い瞬間を不意打ちで。綺麗に撮れるとも、採用されるとも限らない「ダメモト」なカットですが 写真集等でアクセントとしてよく見られる傾向にあるので 意外と採用率は高い様子。
  不意打ち撮影では手早くが何より重要。普段はフルマニュアル設定な私もこの時ばかりは完全オート。AFポイントですら全域指定のカメラ任せで撮ったりします。ストロボも使いません。
  こういう場面は狙っていない時に限って遭遇したりしますので、カメラにカスタム設定のある人は 自身の好む「完全オートモード」を予め記録しておくと良いですよ。




さてさて。

前回に引き続き、、『カメラさんの撮影機材』今回は『レンズ・その他』について記載したいと思います。


 ○カメラさんのレンズについて

 使い慣れた画角の短焦点レンズを主。利便性の高いズームレンズを従。 として使用しています。
 画質が良いのはやっぱり単焦点で、例えば同じ絞り・設定で撮影しても両者の差は明確にあると言えます。
 『単焦点は開放でないと意味が無い』といった傾向の発言を目にする事がありますが、それは短焦点レンズの特徴の一面でしかありません。『単』だからこその特性を活かすことで、気づいたら今日はこの短焦点1本で全撮影をしていた なんてこともあったりします。
ラインナップはLレンズ・非Lレンズの混合。標準~準広角域を個性重視で使用します。

ではズームは不要かといわれると・・・やっぱりいざと言うときに頼りになるので手放せません。屋外を移動しながらの撮影といった、様々な状況に即座に対応しなくてはならない撮影では特に。
ズームレンズはF4通しのLレンズを使用ます。F2.8より小型軽量でフットワークがよく、安定した画質を得られるため。あとはやっぱりお値段でしょうか(笑


 ○カメラさんの現像環境について

写真を撮影したら現像しなくてはいけませんね。工程や内容は変わってもここは同じです。
デジタルカメラの「現像」はPCで行います。私の場合、OSは Windows 7 の 64bit です。(あえて8を避けて7を使用中)

撮影はRAWが基本。編集のしやすさはもちろんですが、データを「生」のまま保存したい事の方が理由としては大きいです。RAWデータを残しておけば、今後どういった現像環境になったとしてもその時に最良・最大の情報を引き出すことが出来ますから。フィルムのネガとプリントの差 と言えば解りやすいでしょうか?

RAW現像ソフトは メーカー純正ソフト(Canon Digital Photo Professional や OLYMPUS Viewer 等)と、
社外ソフト Capture One Proを用途によって使い分け、それを PhotoShop CC で仕上げています。

C1.jpg Capture One Pro 8.2 はこんなカンジ



○カメラさんのストロボについて

カメラ上部に取り付けるクリップオンストロボ、外部電源でつなぐモノブロックストロボ この両方を「併用」しています。

クリップオンは屋外撮影時の日中シンクロとしても使用しますが、私の場合頻度はそう高くないですね。(室内撮影が多いことを差し引いても、あまり)
クリップオンを主として使用するのはバスルーム等の狭いスペースでの撮影時くらいでしょうか。

設定はマニュアルのみで、TTL等のオート設定は殆ど使用しません。パナソニックのPEシリーズを長く愛用しています
(ただこの製品はすでに製造終了で、パナソニックはその後汎用ストロボを製作していないため 最近は Nissin の小型ストロボを使用しています)


モノブロックストロボはボックスライトや傘、リフレクターをつけて使用。私はCOMETのTWINKLEシリーズを長く愛用しています。一度この上位にあたるSYNCHRONを購入したこともあるのですが、私にはTWINKLEの方が使い勝手がよく、すぐ売却してしまいました。

以前は、こういった大型ストロボは「ジェネレーター」というバッテリー(みたいなの)が必須でした。モノブロックはそれを小型化し内蔵する事で、家庭用コンセントから直接電気を供給することが出来るように。コレは・・・かなり画期的でした。
(現在もジェネレーター接続型は健在。それぞれ長短ありますね)

モノブロックストロボを主として使用する際は、クリップオンストロボを従。補助光やレフ代わりに使用したりもします。
モノブロック・クリップオン 共に 光を被写体へ直接当てる事は無く 壁や傘でバウンスさせたり、ボックスやディフューザーで拡散・遮光して使用します。



カメラやレンズ、ストロボ等の具体的な商品名は、カテゴリー「レビュー」に掲載しています!




いかがでしょう?少し駆け足になってしまいましたが、現時点での機材環境はこんなカンジです。
他にも三脚やレフ板もありますが・・・使用頻度はさほど高く無いですね。フットワークの妨げになる物は基本使わない派です。



次回から、皆さんより頂いた質問への返答を主に更新していきますので乞うご期待!
また、引き続きご質問のメールもお待ちしております。



ではまた次回!


関連記事
CAMERAMAN netへ

Comments

昨日は 
まずはフルサイズを味わってみようと今更だけど初代5Dを急遽入手。
浮いた予算でレビューで気になっていた17-40/4Lも入手。
それにクリップオン3灯かかえて撮影してきましたよ。

レンズに関する記事にあった事も参考にしつつ、あまり凝った事はせずにフルサイズ+17-40を味わってみました。
色々と得られたものもあり、思い通りではなかったものもあり。
精進あるのみなのか、本能の赴くままでいいのか…

ちょっと時間とモデルさんのスタイル的に色々あったのでまた次かなぁ?(笑)

あ、この記事のような着替えの瞬間なんかはついつい押さえがちですよね。
 
おぉ~♪
連写での組み写真だ~♪
( ̄▽ ̄+)♪キラキラ

やはり単焦眼はいいですよね~♪
編集ソフトは、未だにフリーソフトへ頼りっきりです(^^;;
P社純正は、いまひとつ使いこなせず。。。
メインPC以外のHDに記録すると認識しなかったりするので。
更にクオリティを追求したいので、Capture Oneやフォトショのダインロード版に変えようかと悩み中なんです。
Re: 昨日は 
JADOH さん

コメントありがとうございます。

撮影お疲れ様でした。得られたものがあるなら大成功では無いでしょうか。
私も撮影の後は反省と改善点の模索出頭がいっぱいになりますが、それでもやっぱり撮影は楽しいものだと思います。

家で独りこもって現像作業することを思えば100倍、1000倍・・・

次回の撮影もすでに予定済みなのですね、楽しんでください!!
Re: タイトルなし 
昆布ちゃん さん

コメントありがとうございます!
フリーソフトは未経験なのですが、使い勝手が良いならフリー・有料にとらわれることは無いと思います。
PhortoShopだけでもRAW現像は可能(仕上がりはLRより良い)ですが、複数の画像を処理することは出来ないので悩みどころですね。

これらも選択肢が沢山ありますので、色々テストしようしてみてはいかがでしょう?昨今のソフトならたいてい30日前後のテスト使用が出来ますよ

お試しください

Body




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png