失敗日誌-ヌード撮影ノススメ 失敗日誌 - ヌード撮影ノススメ

失敗日誌

 



失敗日誌

20150217_1.jpg


○3週間前に注文したLEDライトがまだ届かず、やきもきしているカメラさんですこんばんは。
 海外発送で時間がかかることは解っていたけれど、平均2週間で届くと聞いていたので心配になってきました。
 次の撮影までに届けばいいので急がないから と思っての注文でしたが・・・やっぱり国内の販売店舗以外で購入するのは今後控えよう。


○ここ最近、目が重いというかピントが合いにくいように感じることが多々あったので眼科に。
  診察結果は・・・異常なし。若干疲れ目の傾向はあるも、(持参した市販の)目薬をさしていれば大丈夫だそうで薬も出ませんでした。
 ではこの疲れ目の原因は? と色々調べてもらったところ、「PC作業中に使用しているメガネの度が強すぎるのではないか?」という事に。最近はどこのメガネ屋さんでもその場で視力検査をして作ってくれますが、あくまでも「規定の視力値」に合わせて作るだけなので、その人個人の目(体)の特性は考慮されないことが多いのだとか。
 改めて検査し、診断書を作ってもらいましたので 近々PC作業用メガネを新調しに行ってきます。
 (ためしに、1日メガネ無しで生活してみたら目の重さやピント異常は感じませんでした。やっぱりメガネを作る際は多少面倒でも、ちゃんと眼科で処方してもらわないとですね・・・)


○参考用としても趣味としても “見る写真”は海外の写真家、サイトがほとんどな私ですが、たまには国内で流行している作風も参考にしないとどんどん置いて行かれるぞ、と危機感を感じる事があります。
 そういう時は大きな書店の写真コーナーやアイドルコーナーに行き、なんとなく見ていて目を引いた写真集 を購入したりします。いわゆる表紙買い、ですね。で、今回購入した写真集は・・・うぅーん・・・何と言うか、どれも期待したほどではなかった感。
 「写真集」はWEB掲載や雑誌掲載以上に、色々な人の「意図」が加わっています。
 写真家の「こう撮りたい」。被写体(や所属事務所)の「こう出したい」。プロデュース(構成)の「こう作りたい」。出版社の「こう売りたい」等々。
 それらの歯車が「ぴたっ」と合った時は素晴らしい物になるのですが、どこかのかみ合せが良くなかったり、おかしな歯車が混ざっていたり(そういう歯車に限って他より大きい)すると・・・残念な結果に。
 今回私が購入した物は撮影家や構成の我が強すぎる感がしました。
 「撮り手側」の私でもそう感じるのだから一般の方には・・・と思って各サイトでレビューを見てみたら、やはり似たような感想が多かったですね。
 ※お仕事にかかわるので、写真集のタイトルは秘密です





今回の写真は数年前に、当時住んでいた部屋で撮影したものです。
この頃の写真は一応に明るめで「白とび上等!」な物が多かったのですが ここ最近はアンダーめで「黒つぶれ上等!!」な物が多いので現像時の調整に少し時間を要しました。ライティングや使用機材にさほど違いは無くても、ハイキーな現像にしようと思って撮ったものはハイキーに。アンダーにしようと思ったものはアンダーに現像しないとしっくり来ません。

ライティングは左側の壁にモノブロックをバウンス。あまり上に光を当てると反射光がフラットになり立体感が失われるので、モデルさんとほぼ同じ高さに当てています。また顔とお尻のどちらにピントを合わせても一方がボケ過ぎないように、絞りはf/7.1に設定。

お尻を大きく突き出したポーズは定番ですが、実はどなたでも似合うポーズではなかったりします。ウエストは細く。お尻は大きく。そして太ももには適度な「ぷにっ」感が必須です。このモデルさんは満点ですね(笑
あと、このポーズにはセクシーな下着より可愛い下着の方が似合うと思います。お尻上半分がレースになっているとなお良し、です。(感想には個人差があります)

関連記事
CAMERAMAN netへ

Comments

 
おぉ~♪
女性のラインを知り尽くした感のあるお写真ですね~♪
( ̄▽ ̄+)♪さすが~

f7.1ですかぁ~
どうしても開放よりで撮ってしまうオイラには斬新です♪
パンフォーカス、見直さなければ・・・と思ってしまいます。

ウチのモデルさん、「ぷにっ」感はあるのですが・・・
※身の危険に関わるので、あとはお察しください(笑)
Re: タイトルなし 
昆布ちゃん さん

コメントありがとうございます!


私我一番良く使用するのはf2.0~f5.6付近までですが、お仕事での撮影ではf8.0付近も多用します。パキッとした写真に仕上げたいときは使いやすい絞り値ですよ

昆布ちゃんさんのモデルさんはそこがいいところで、そこを活かし撮られているのですからさすがです。
はー、うちにもいい専属モデルさんが欲しいですね・・・私の周りでめきめき力を付けている人には必ず良い専属モデル(パートナー)さんがいらっしゃるので・・・ホント、羨ましいです!
そうなんや・・・ 
 ハイキーやローキーと時代の流れがあるのを読んで

『そうなんや』とビックリです^^;。僕はあまりカメラや画像の事も知らずに

撮影が好きになったので、カメラさんの今回の記事は、表現の歴史を

知ったような気がします^0^/

 絞りf/7.1なんですね、素人の僕からすると開放が良い・・・

と思い込んでるので、ビックリした数字です^^。
Re: そうなんや・・・ 
☆Lupin☆ さん

コメントありがとうございます。

表現の歴史といっても私の中だけでのコトですので、来月あたりにはまた「ハイキー最高!」とか言っているかもしれません(笑

絞り値は、撮りたい写真や状況によって変える箇所として一番多用しています。

また、たまに大きく絞って撮るとそれまで気づかなかったセンサーのゴミも発見できますね。

Body




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png