不覚悟日誌-ヌード撮影ノススメ 不覚悟日誌 - ヌード撮影ノススメ

不覚悟日誌

 



不覚悟日誌

20170806_1.jpg


ずっと家に籠って作業を進める。
記録的猛暑や豪雨からは無縁の快適空間だが、日の当らない室内にいると時間の感覚が狂う。うたたねから目覚めると今が昼なのか夜なのか解らないで「??」となっているのはやはり良くない傾向だろう。
室内は就寝時以外エアコン付けっぱなしが基本。来月の電気代請求が怖いと思うも、体調を崩し仕事が滞ったり病院の世話になれば損益は電気代をはるかに超えるのだから と自分に言い聞かせてリモコンのスイッチを押す。
ちなみに設定温度は29~30度キープで扇風機と併用だ。それ以下にすると・・・寒い。最近のエアコンは高性能ですね。


言葉すると「この歳になってまだ」と呆れられてしまいそうだが、未だに自分は何事に対しても「覚悟が足りない」と感じる事が多々ある。なまじネット等で色々な人が色々な事に挑戦している姿を見る事が出来る為、その活躍に羨望してしまう。
羨望していながらチャンスが巡って来ても尻込みしてみたり、中途半端な所までしか思い切れないでいたり。
「どうせ先は長くないのだから、今さら何を失うとしても怖くないだろう。好きにやればいい」
無慈悲で手厳しいが絶対の自信を持って背を押してくれる存在がいたらな、なんて考えてしまうのは・・・やはり覚悟が足りない証拠か。


以前にも書いたかもですが
モデルさんが体に巻いている布は、ホテル等でベッドカバーの上に敷かれている細長い布。「フットスロー」と言う名称で元々は靴を履いたままでもベッドが汚れないように用意された「靴(足)置き場」でした。
なので決して綺麗な物では無いのですが、日本においてはそもそも靴のままベッドに上がる人なんて皆無なのでインテリアとして使用されるのがほとんど。名前も「ベッドライナー」と変わっていたりします。
もとの用途がそうであることからかなり厚手の布で出来ていて、配色には濃い色が使われています。これが、モデルさんの体を隠しつつ肌の色を引き立てるのに最適で 私の撮影では良く使うアイテムの一つとなっています。

ライティングはモノブロックストロボ。左側(モデルさんの体正面)の壁からのバウンス光で、補助として天井からも一灯バウンスさせています。場合によっては光が周り過ぎる危険性もあるライティングですが、ホテルの壁が深い色だった事と体に巻いた布が影を作ってくれた事で適度な明るさになりました。(でも胸の陰影が消えてしまった事はマイナスでしたね)

光をバウンスさせた事で部屋の壁の色がかぶっています。通常であれば色温度(ホワイトバランス)の調整で補うトコロ、今回はその雰囲気も残したかったので ここは彩度を落とした上にモノクロ画像を重ね、白と黒を強調させる方法をとってみました。

あと。肝心な所を物で隠した今回のような写真の場合、実際は下着や水着を付けたまま撮影する事が多いのですが、この時は完全全裸になって頂きました。「布の下は裸」だと「モデルさん自信」に意識してもらう事でその雰囲気を出したかったからですね。(下着や水着を着た状態だと、やっぱりどこか安心感が出ちゃうので)

一方で、こういった撮り方であればヌードNGなモデルさんにも「ヌードっぽいってだけだから」と口説きやすくなる利点もあったりします。最初は下着を付けたままでも、「やっぱりどうしても線が写っちゃうから脱ごうか、絶対布は外さないし」とか言ってね。そのままちょっとずつ隠している面積を減らして行ったりね。ほら、コレ私のお仕事ですからイヤラシい気持ちなんて全然無いから とか言ってね。(うん、最低)

関連記事
CAMERAMAN netへ

Comments

クーラー^^; 
 この時期の室内での仕事にはエアコンは必須
ですよね^0^/。僕は経費節約・・・と考えて
風の通る時等、どうにか耐える時は耐えますが
すぐにその 耐え はダメになってしまいます^^;

 ヌードっぽいってだけだから・・・
僕も今度使ってみたい言葉です  ^0^/
 
おぉ~♪
その場にあったアイテムを武器に変えるとは♪
さすがですね~♪
( ̄▽ ̄+)♪キラキラ

と・・・

こういう口説き方もあるんですねぇ♪
勉強になります♪
...φ(・Å・´*)ヵキヵキ♪

Re: クーラー^^; 
☆Lupin☆ さん

コメントありがとうございます。
私の住む部屋は風が通らないので、マド全開でも大して効果が無いのです・・・扇風機が頑張ってくれてはいるのですが。
ここ数日は涼しい日が続いているので助かっています、早く夏終われ。

Re: タイトルなし 
昆布ちゃん さん

コメントありがとうございます。
少ない引き出しを補うための苦肉の策です。

口説き方って大切ですよネ。特に初対面の方との撮影では、どう説明するかで出来る事・出来ない事の違いが大きく出ます。
私生活でこの技が使えたら良かったのですがそれはさっぱり・・・

Body




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png