開運日誌-ヌード撮影ノススメ 開運日誌 - ヌード撮影ノススメ

開運日誌

 



開運日誌


20140721_2.jpg


ここ最近、少し運が向いてきたな・・・と思ったのもつかの間。私の「好機」は一瞬のうちに過ぎ去り、また物事がうまくいかない日々に逆戻りしてしまった。もう何年もこんな事ばかり言っている気がする。過去の記事を読み返してみた。本当にもう何年も言っていた。
占いや姓名診断当の「人の口から出る根拠のない迷信」は全く信じない性格だが、自身が感じる「運気」はワリと気にしてしまうのだ。それこそ何の根拠も無いのだけれど、世の中にはそういうもやっとした気の流れがある様に感じる。
そんな事を考えていたら
「“うちが貧しいのは貧乏神のせいだ” と、人間が己の辛さを他の物に着せ紛らわせたせいで貧乏神が生まれた、でも好きで禍神になったわけじゃない」
みたいな事が書かれてる作品があって酷く反省した。確かに身勝手が過ぎるよな・・・でも普通ありえない妨害やトラブルが続く事ってのもあるんですよ貧乏神様!(本当に反省したのか?) 

撮影現場でそんな話をしたら、メイクの女性に
「良い運気がずっと周ってこない人って、一人では抜け出せなくなってるんですよ。だからカメラさんも結婚したらいいんじゃないですか」
って言われたんですけどそんなパワースポット紹介するみたいなノリで結婚しろとか怖いアドバイスしないで・・・。


以前も書いたかもですが
ポートレートを撮るカメラマンでも、モデルの自然な動きや瞬間のしぐさ・表情を捉えるタイプの人と、かっちり決めたポーズと構図で理想の絵を追求するタイプの人とがいます。私の場合は後者なのですが、自然体のカットを多く求められる現場というのも多々あって そんな時には単焦点レンズではなく標準域をカバーしたズームレンズを使用しています。
私が愛用しているのはEF 24-105mm F4 L IS USM。 24mmの広角から105mmと長い焦点距離をフォローしつつ 手ぶれ補正も付いていて、苦手な(!)動きの多いカットでも安定した絵を抑えるのに最適なレンズです。

画質面ではあまり良くない評価を目にする事もありますが、それまで純正・サードパーティー混在のレンズラインナップだった私が、全てのレンズをLに買い替えた切っ掛けとなったのは他でもないこの24-105の画質を見ての事でした。
もし、APS-Cカメラで24-105mmをイマイチに感じている人がいるなら、フルサイズのカメラに付け しっかりと使いこなしてみてください。評価が一変するやもしれませんよ。
(私の好きな写真家さんもこのレンズを主な標準レンズとして使用されています)

また、このレンズに限ってのことではありませんが。
前回の写真は焦点距離35mm 絞りf2.5で撮影し、お尻のこちら側(約10cm程)の範囲にのみピントが来ていました。今回は焦点距離47mm 絞りf4でほぼ体全体(約30cmほど)にピントが来ています。 これほど違いがあるのは焦点距離と絞り値の差だけでなく、レンズ(単焦点とズーム)の違いも大きいでしょう。
このあたりの特性を感覚で掴んでおくと、その時の自分(の撮り方)に合った機材が解って来ると思います。
・・・あ、もちろんそれを活かすにはモード「M(マニュアル)」で。今回はシャッター速度には触れませんでしたが、そちらでも撮れる写真は大きく変わってきますので。

ライティングは動きながらの撮影だった事もあって 微妙な角度の違いで雰囲気が大きく変わらないよう、部屋の壁2面にモノブロックをバウンスさせ光を拡散させています。光を均等に当てるなら壁1面+天井にバウンスさせる方法もありますが、ある程度の影は出てほしかったのと、下を向いた時に顔に影が出来るのを避けたかったため天井バウンスは避けました。


今の季節はエアコンを利かせた部屋でもやっぱり暑さが残る物。
いつもなら撮影の休止時にはすぐ服を着てしまうモデルさんも「暑いから」と裸のままでいる機会が増えます。
夏も・・・悪いことばかりではありませんね。
関連記事
CAMERAMAN netへ

Comments

気にすると・・・ 
 僕も知り合いにこの前言われたんですよね~

『Lupinさん今年は八方ふさがりだからね』と^^;

商売の事で色々と考えて動こうとしている時だけに

一瞬心が揺れたのは事実ですが、まぁ他人は責任ない

言葉を悪意なく発しますからね・・・^^;

 24-105mm ですがカメラさん さんが良く使う

との事なので、かなり驚きなのです^^

素人はどうしても背景をボカしたくなるのでf値の小さい

レンズを使おうとしますが、例にも漏れず僕もそのタイプ^^;

もうちょっとそのレンズを使ってみようと思います^^
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 気にすると・・・ 
☆Lupin☆ さん


コメントありがとうございます。
相手に悪気は無いと思いますが、わざわざ不吉な予言を通知されたらいい気はしませんよねぇ。

24-105mmは非Lよりちょっといい画質で安定した写真が撮れる便利ズーム という位置づけなのでF2.8以上の明るさを持つレンズと比べると今一つ地味ですよね。
でも、レンズ特性と撮り方が合う人や、他と使い分けをする人にとってはとても優秀な 手放せない名レンズだと思いますよー


Re: タイトルなし 
管理人のみ閲覧さん

コメントありがとうございます&こちらこそご無沙汰しております。

EF24-70mm F4L IS USMも良いですよね! 私はテレ端の100mm域が必要だったので24-105mmの方を愛用していますが、24-70mmのコンパクトなボディや70mmのマクロ切り替え等、とても惹かれます。

管理人のみ閲覧さんの作風には、フルサイズの深みのある描写が似合うと思います!!。私は大きな画像は見る事が出来ませんが、きっと素晴らしいんだろーなぁ。。。

今後とも御贔屓に。よろしくお願いいたします。
 
おぉ~♪
複数のストロボを使って、あえて影を作っているのですね~♪
流石です♪
( ̄▽ ̄+)♪キラキラ

やはり『レンズが本命』なんですね~♪

フルサイズは、ず~っと気になっているのですが、
なにぶんオイラには“ドSな神様”がついているものですから・・・(^^;;

やはり「趣味なら本気で」という意味で、頑張って手に入れて試してみようかなぁ?
Re: タイトルなし 
昆布ちゃん さん

フルサイズが最良、ではないかもですが、現在のデジタル一眼レフ用レンズはかつての銀塩カメラの基準に沿って作られています。で、それは35mm(フルサイズ)フォーマットなので、必然的にレンズ性能・カメラ設定を100%使用するにはフルサイズが最良だと思います(m4/3やAPS-C専用レンズでも表記基準は35mmなのは、そのためです)

あと、やっぱり画像素子でいえば大は小を兼ねる部分、あると思います。

今はお安いフルサイズも出ていますから、購入タイミングとしては良いかもですよ~~

管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 『気』って言われちゃうと・・・・・。 
管理人のみ閲覧 さん

的確なアドバイス、ありがとうございます!
潜在的な面で外因を推し返せるのですね! そして見方を変える事pでも活路を見いだせる、と。
とても参考になりました・・・・・・が

>それでもダメな時は・・・・・・・・・・・
>やはり、ちょいと結婚してみしましょう♪  \(^o^)/



やっぱ最後はそれなんだー・・・

Body




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png