夜型日誌-ヌード撮影ノススメ 夜型日誌 - ヌード撮影ノススメ

夜型日誌

 



夜型日誌

20140321_1.jpg



仕事以外ではほとんど外出しないため、世の中の動きが全く解らない。もう桜は咲いているのだろうか?ひょっとしたらすでに散ってしまった物もあるかもしれない。
先週仕事の合間を縫って買いに行ったカメラは撮影に持ち出すどころかお店の紙袋に入ったまま床に放置されている。先ほど、ついうっかり蹴飛ばしてしまった・・・。壊れていないと良いが、壊れていても修理に持っていく暇が無いので確認はしないでおこう。箱を開けたら壊れているか否かが解ってしまうからね。シュレーディンガーやウィグナーならどうするかな。(さっさと開けなさい)


根っからの『夜型』な私。最近は夜通し作業して、「ごちそうさん」を観終わると就寝 な日々。
撮影がある時は当然日照時に出かけるため体内時計は年中狂いっぱなしだ。自宅で行う作業に実行時間的制限は無いので
「じゃぁ普段から昼に作業すればいいのに」
と言われるが、夜の静まり返った雰囲気でないと集中できないのだから仕方ない。


夜通し起きてやっている事と言えば、最近はもっぱら動画編集作業。とにかく時間がかかるうえに写真(静止画)と勝手が違う。これまで「動画と写真は、車とバイクくらい違うよー」なんて答えていたが、こと編集作業に限って言えば飛行機と潜水艦くらい違う。もはや同じ個所を探す方が困難なレベル。
さらに所有するビデオカメラが3年以上前の家庭用ハンディカムで画質も良くないため、そのフォローを編集時に行う必要があり余計な手間となる。そろそろ新しい機種に買い替えたいが家庭用機に惹かれるラインナップが無く、業務用機は高額で静止画用機材と合わせ一人で揃えるというのは現実的では無いのです。

それでも撮影自体はまだ何とかなる。問題は編集。今後様々な機材を揃え時間と労力を費やす事を思えば、動画編集は動画専門の方に丸投げした方が効率的な気もするけれど それでも丸投げは出来ない・・・と言うか他人様にお願いするにはちょっと抵抗のある物も多いので、なんとも・・・・。
自身の愚息に延々モザイクをかけた人に素面で顔を合わせられる程、私は図太く無いのです。二重の意味で。

自身の~ と言えば。前記したようにずっと屋内にいるせいか、生まれ持った性質に+して肌の白さがここ数年強まったように思う。撮影で多くの女性の裸を見るが私以上に肌の白い女性は稀なほど。AV男優が皆色黒なのは、女優さんの白さを際立たせるためと聞いた。そういう意味では私はAV男優にはなれないようだ。とても残念である。



今回の写真は、まず最初に膝立ちでこちらを向いたカットを撮り、その後座りで後ろ向きのカットを撮りました。掲載は後者。
「水平が取れていないからダメ」「日の丸構図だからダメ」「頭に線がかかっているからダメ」なんて意見が飛んできそうなカットですが、そういう「正しい」写真を最初に抑えた上で、あえてこういった形で撮ってみたところ、断然こちらの方が良かった。もちろん業務でお客さんに納品する写真全てが「こう」だったら問題だけれど、中に数枚こんな写真を紛れ込ませておくと喜ばれたりメインに採用されたりするので面白いですね。

壁にかかった『額』。普通は取り外して撮影するべきですが私の場合あえて画面内によく入れます。最初の膝立ちカットではモデルさんの顔にかかった構図で撮ったりもしていてこれも通常ではあまり良くないとされる手法。写真を「独学』で学んだからかもですが、どうもセオリーを無視“したがる”傾向が私にはあるようです。(性格がひねくれているだけ、とも言う)

個人的に残念だったのは、あと一歩下がり広く撮らなかった事。ついいつもの要領(!?)でモデルさんに近付きすぎてしまったようです。咄嗟に広く撮りたい場合 多くの方はズーム域を活かして広角で撮られると思いますが、近い距離からの広角はゆがみが盛大に出るため写真の趣旨が変わってしまう事もあります。なので画角はそのままで1~2歩下がる癖を付けておくと良いですよ。

モデルさんは何度かこのBLOGでも掲載している方。彼女を撮る時はいつも綺麗なおっぱいにばかり気を取られがちですが、背中のラインもお綺麗です。(肌修正一切していません)女性的な柔らかさも感じられ、思わず

「なんか雪見だいふくみたいで可愛い」

って言ったらすげー怒られた。(褒めたのに!!)

関連記事
CAMERAMAN netへ

Comments

雪見大福 
久しぶりにコメントします。
今回の写真は、スゴくいいなあ、と思いました。なんと言っても、肌とラインが綺麗だし、女性らしい感じと見てる側が関係者として引き込まれる雰囲気がたまりません。
で、雪見大福、よく分かります!(^-^)
可愛い意味なんですけどねぇ、男子的には。

で、質問なのですが、このモデルさんの他のblog内の投稿はどれなんでしょうか?
ちょっと探したのですが、分からなかったので。
 
おぉ~♪
色白の肌が素敵ですね~♪
( ̄¬ ̄*)ジュルル

個人的には日の丸、好きですよ~♪
携帯やスマホで撮った写真の日の丸構図でも、
素敵な作品は多いですよね♪


ってか・・・
「お店の紙袋に入ったまま床に放置」って、
カメラさんは、カメラをいくつ持ってるんですか?(笑)


動画の編集は、某知人から
『アニメーションのセル画を1枚1枚手で色塗りするくらい大変』
と聞いて、最初から心が折れている昆布でした(^^;;
Re: 雪見大福 
あきらさん

コメントありがとうございます。
「雪見だいふく」は褒め言葉ですよね~(笑 でも気持ちが上手く伝わらなかったようです・・・(だいふく、がいかんかったのかな??)

このモデルさんの写真。最近ですと、「通院日誌」や「作業日誌」等がそうですね。他にもあるかも。。。探してみてください!


Re: タイトルなし 
昆布ちゃん さん

いつもコメント&拡散感謝です!!

「日の丸構図」って、中心にポツンと被写体があって天地左右が無駄に開いた構図の事で、いわば「フレーミング」をしていない写真の事のはずが、いつの間にか被写体が中央に有れば全て日の丸扱いになってしまいましたね。
雑誌当で写真家気取りの批評家が広めた悪しき風習でしょう。

カメラは・・・気に入ったらまず買っちゃう派なのです。今回は開封すらしていないので気に入る・入らない以前の問題ですが。
オークションや馴染みの中古屋さんがあると「ダメなら売ればいい」とつい歯止めが利かず。お仕事も含めるとこれだけ各社色々なカメラを使っていますが、自分が気に入る物っていつも同じ物なんですよね。

不思議です。
日の丸構図 
雑誌やネットなどで初心者は日の丸構図になりやすいので注しましょう、ってこんな記事良く見ますが、私は気に入ったものが中心にあって何が悪いという気持ちがあったのであまり気にしていませんでした。ところが先日最近の写真ブームなのか無謀にも知り合いが撮った写真がたまったので個展をしたいって見に行って来ました。ところがですね、これがみ~んな日の丸構図。あ~なるほど一枚だけの時は良いけどこんなにいっぱい日の丸構図の写真並べられてもねえ、、、ってのが第一印象でした。今まで独学で写真やってきて他人の写真あまり見なかったのですが見てみるもんですねえ。とてもためになります。これを意図しているのかは別としてちょっと考えを見直しました。

個人的な事なんですが、長年してき仕事辞めサラリーマンにおさらばすることになりました。自由は手に入れたのですが、先立つものが、、、不安ですが。
4月から無職です。カメラさん雇とって~~(笑)

ご無沙汰しとります♪ 
忙し過ぎてちっとも見に来れてないのです。(泣)

また、栄養もらいに来ますね!!!(^0^)/
プロは・・・ 
 女性らしさを感じる事が出来て、僕はとても好きです^0^

日の丸構図については、これだけネットで情報があると

まるで ダメな見本 みたいに皆さん印象を持っているのに

カメラさんはそんな事はお構い無に仕上げるのはホント尊敬です^^

『ホンマにプロは違うな~』と 感動です。
Re: ご無沙汰しとります♪ 
A さん

ご無沙汰しております。お忙しそうで何よりです!
メールお送りしなきゃと思うのですが、BLOG経由で遅れましたっけ??
Re: プロは・・・ 
☆Lupin☆さん

写真を見て「好き」と言って頂けるのが何よりの称賛です!!
ネットは情報ツールとしてとても便利ですが、情報過多になったり一極化が進みやすい面もありますよね。
私は本能のまま取っているので難しい事考えられていないだけやもですが・・・(笑
Re: 日の丸構図 
らんふぇちさん

返信の順番がずれてしまいました、すみません。

日の丸構図でも、そこに意図したテーマがあってそれを活かすための最適な物として使われているなら問題ないと思います。そのご友人の写真を拝見していないので何とも言えませんが、らんふぇちさんが「良くない」と感じたという事は、つまり構図ではなく構成としてよく無かったのかもしれませんね。

私も一時期、他人の写真を「見る」という行為に疲れてしまい、雑誌や展覧会から足が遠ざかっていましたが やっぱり見る事も勉強になるし自身の力にも撮影のアイデアにもなる と最近改めて思います。

あ、あと自由人おめでとうございます(笑 
自由には覚悟がいりますよ。でも覚悟を決めたら何でも出来る状態 とも言えます。頑張ってー!(そして軌道に乗ったら私の方こそ雇ってください~~!!)

Body




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png