症状日誌-ヌード撮影ノススメ 症状日誌 - ヌード撮影ノススメ

症状日誌

 



症状日誌

20140316_2.jpg



ここ数日は花粉の飛散量がケタ違いに多いらしく、撮影現場でもマスクや花粉対策用ゴーグルを着用した人を多く見かけます。
大変なのはやはりモデルさんで、どんなにキッチリとメイクを決めてもくしゃみ連発でグダグダに。可能な限り長時間の屋外ロケは避けたいですね。あ、室内撮影の場合も上着をよくはたいてから入室しないと大変です。
また、ビデオマンが花粉症の場合も仕事になりません。静止画であればその瞬間のみ我慢すれば避けられますが、動画はくしゃみや目のかゆみでブレたり音が入ったり。その度にカメラを止めるわけにもいきませんから。
対策として最も効果的なのはバイク用のヘルメット(フルフェイス)だと思うのですが、その姿では非常に怪しい上にコンビニにすら入れないのでダメか。

私は20歳の頃に花粉症が発症。最初の2~3年が一番酷く、1秒と目を開けていられない・何十分もしゃみが止まらない事もありました。例えるなら、塩と胡椒と砂を大量に入れたバケツに常時顔を突っ込んでいるかのような感覚でしたね。
その後は若干マシになるも毎年春になると辛い思いをしてきました。鼻が詰まる+くしゃみ多発で酸欠状態となり頭がボーっとする、なんて時期も。
そんな私ですがここ数年は症状が収まりつつあります。コンクリートだらけの東京に来る事の一番の懸念でもあったので何だか肩透かしくらった感。でもこういうのは数年後ひょっこり再発したりするので注意しておかないと。。。




今回の写真。まず最初にカラーのまま仕上げ、そこからモノクロにしました。私のモノクロはいつも若干色を乗せた「色付きモノクロ」なのですが今回は完全に白と黒、です。
カラーはRAW現像ソフトで出し、そこからモノクロフィルムのRollei Retoro 80S効果を当てています。このモノクロテイストは好きな味わいですが、どうも私の写真には合わない気がしてこれまではあまり使っていませんでした。「ア○ヒカメラ」等で好まれる風味といいますか(笑
カラーは室内のタングステン光の色を残した雰囲気で。どちらを掲載しようか悩むも今回の写真では「白」部分の表現がイメージどうりだったのでこちらを採用。Rollei Retro 80Sは古いモノクロフィルムらしからぬ柔らかいノイズ感で階調がなだらか。ヌードフォトには合いますね。

シチュエーションとしては、「撮影中」ではない時に不意打ちで撮った物。指示してとってもらうポージングではないため自分の中には無かったカットが撮れたりします。ただモデルさんも撮られる用の動きをしていないのでボツカット多めになるやも。あとモデルさんによっては休憩時間中にカメラを向けられる事を嫌う場合もあるので、その辺も注意が必要です。
不意打ち写真は、通常撮影と違いプログラムオートモードや手軽なコンデジを使ってササッと撮るのがコツ。ブレ、ピンズレ、構図不安定でも雰囲気重視なので気にしなくてOK。プライベートショットとはそういう物です(そうかな?)


関連記事
CAMERAMAN netへ

Comments

不意打ち・・・ 
 不意打ち・・・良いですね~

素人の僕は この不意打ちが大好きです^^;

と言うのも、アマチュアカメラマンにアマチュアモデルとなると

自然な感じを出すって難しいもんなので、50dを使ってる時は

不意打ちをよく狙ってました^^;。

 今は腕に似合わないカメラとレンズなので、不意打ちを

狙うには距離が・・・^^;。

 いつも カメラさんの作品には 勉強させてもらいますが

今回は 『カメラさんもこんな感じで思うんだ』と少し親近感が

湧きました^^
Re: 不意打ち・・・ 
☆Lupin☆さん

撮影スタイル故かもしれませんが、私の場合やっている事はアマチュア時代と大して変わらなかったりしますよ(笑
メインでは使用しませんが、不意打ちだったりノーファインダーの乱れ打ちなんて事も。本当の意味での「奇跡の一枚」が撮れる事もありますし、撮れていなくても「奇跡」なんだからそれが当たり前~って感じで開き直れます。(乱用するとモデルさんの不信感を招きかねないので2~3日に1回くらいがおススメです)


 
おぉ~♪
素敵なモノクロームですね~♪
( ̄▽ ̄+)♪キラキラ

不意打ちでのワンショット♪
撮影に対する姿勢からアマちゃんなオイラには、とても参考になります♪

なんせポージングの指示がヘタクソなもので(^^;;
ノーファインダーでの乱れ打ち、挑戦してみようかなぁ♪
Re: タイトルなし 
昆布ちゃんさん

ノーファインダー撮影はあまり乱用するとまじめに撮っていないと見られてしまうかもですので、
「ここぞ」と言う時にお使いくださいね。
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: Re: 
管理人のみ閲覧 さん

はじめまして 書き込みありがとうございます!
緊張される気持ち、解りますよー!! 服でガード?出来ない分、その人自身のスタイルを観られちゃいますからね。
ポイントとしては、立っている時は左右どちらかの足により重心をかけ、真正面ではなく半身になるように。
座っている時は太ももに体重がかかって太く見えないよう、ちょっと踵を上げて太ももを浮かすよう心がけると良いです。あと、姿勢よく(←コレが一番大事)

頑張ってくださいね。そしてゆくゆくは私のモデルにもなってください~!!
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: Re: 
管理人のみ閲覧さん

もう撮影される段取りが??いったいどんな作品なのか、完成のあかつきには是非ともお教えください!
そして次回の撮影依頼はどーやったらできるのかも聞いておいてください(笑

Body




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png