EF 50mm F1.2L USM-ヌード撮影ノススメ EF 50mm F1.2L USM - ヌード撮影ノススメ

EF 50mm F1.2L USM

 



EF 50mm F1.2L USM


50L_005.jpg



EF 50mm F1.2Lはこれまで所有してきたレンズの中で一番のじゃじゃ馬。レンズの絞り値と被写体との距離に伴いピン位置が前ピン・ジャスピン・後ピンと移動する『焦点移動特性』なる物があり、趣味の撮影ならまだしも失敗の許されない仕事の現場には持ち出しにくいレンズでした。
それでも(15万オーバーの高額レンズなのに)度々手放してはまた買い直してしまう理由は 他にはない圧倒的無表現力があるため。最初の購入からカウントすると購入・売却を3度も繰り返し、今再び手に入れてしまいました。最後はもう「これはプライベート用に徹するからいいんだっ!!」と自分に言い聞かせての購入で、正直趣味意外に持ち出すつもりは無かったのです。
(それでもやっぱり欲しい、と思わせる魅力がこのレンズにはあるのですね)

・・・が、三度購入した50mmF1.2Lは・・・かつてのじゃじゃ馬っぷりは一体どこに行ってしまったのか、と思うほど従順な名馬になっていました。いや、じゃじゃ馬であることは変わらずなのですが、私の撮影の仕方が以前とは大きく変わった事からか、5Dmark3のAFの振り幅が焦点移動特性をも補ってくれているのか ともかくあの圧倒的な描写力が意図した個所で安定して再現できる様になっていました。
もはやこれは無敵ではないだろか?

買い戻したのがつい最近の事なため(と、以前の画像から探し出せていないため)まだここにUPできるサンプルが少ないのですが 今後機を見て発掘・撮影して掲載したいと思います。


50l_001.jpg




※参照写真は過去に当BLOGに掲載・短期掲載した物からのピックアップです。
※今後も随時入れ替え・更新を予定しています。

BLOGに掲載するサイズ、現像ではその良さを十分にお伝えできるか不安もありますね・・・
50mmL1.2Lに限らずL単焦は高額で、ズームレンズほど汎用性があるわけではないので気軽に「試しに買ってみて」とは言えませんが、もしレンタルやショールームで使用する機会があるなら一度試してみてほしい、そんなレンズです。
それをきっかけに底なしのレンズ沼に嵌ってしまったとしても、当方は一緒に肩まで浸かる事くらいしかできませんのであしからず(笑


 




関連記事
CAMERAMAN netへ

Comments


Body




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png