EF 17-40mm F4L USM-ヌード撮影ノススメ EF 17-40mm F4L USM - ヌード撮影ノススメ

EF 17-40mm F4L USM

 



EF 17-40mm F4L USM

17_40__010.jpg


Canon Lレンズの広角ズーム。F4通しの俗に言う『小三元』の内の1本です(ちなみに2013現在、F4通しのズームレンズは3本以上あります)
より上位種の、F2.8通しLレンズシリーズもあるのですが 私の用途にはF4シリーズの方が使い勝手が良いのでこちらを揃えています。理由は軽量コンパクトなボディと価格、そして画角です。

例えばこの17-40mmのF2.8版に値するのは『EF 16-35mm F2.8L2 USM』ですが、テレ端の35mmと40mmの差が大きい。室内では広角から準標準域までカバーできる17-40mmの方が使い勝手が良いですね。

私が入手したLレンズとしては35mmと並ぶ最古参の内の一本で、フルサイズだけでなくAPS-Cカメラでも使用。その際は27-64mm相当となります。(16-35mmだと26-56mm相当となり、よりテレ端が足りなくなります)
手ぶれ補正は搭載されていませんが、この焦点域では必要に感じた事が無いので問題なし。狭いバスルームでの撮影やベッド上で広角パースを利用したい時、手の届く距離でバストアップ~引き、全身を抑えたい時など・・・私の撮影用途にピッタリの、出番の多いズームレンズです(笑



17_40__004.jpg

17_40__002.jpg

17_40__001.jpg

17_40__008.jpg

17_40__006.jpg

17_40__007.jpg


※参照写真は過去に当BLOGに掲載・短期掲載した物からのピックアップです。
※今後も随時入れ替え・更新を予定しています。



17-40mm付属のレンズフード。広角をカバーするためかなり横に広く、やもすると不格好に見え気になる場合も。
そんな人には24-105mmF4L用のレンズフード『EW-83H』がオススメ。フルサイズで使用すると若干ケラれますが、ほんの僅かな量なので自身で削ればOKです。APS-Cで使用される方はそのままでも使用でき、さらに小さめの『EW-83J』も似合いますよ!



   




関連記事
CAMERAMAN netへ

Comments


Body




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png