探索日誌-ヌード撮影ノススメ 探索日誌 - ヌード撮影ノススメ

探索日誌

 



探索日誌

20131012_1.jpg


今回の写真は前回同様 窓からの自然光のみで撮影。窓の角度から太陽の位置が直では無かったため、レースのカーテン遮幕で柔らかい光を得る事が出来た。
室内での自然光撮影では、天候・時刻・間取りと 自身ではどうする事も出来ない要素が多い。そのため自分好みの光を見つけたら必ず押さえておきたいトコロだ。
レンズは私が最も長く、多く使用している35mm単焦点。35mmは撮り方次第で標準っぽくも広角っぽくもなる、使い勝手の良いレンズ。
この写真では腰やら足にかけ広角寄りのパースを付け 思わず頬ずりしたくなるような柔らかな肌の質感と迫力のある腰周りを強く印象付けている。
そこから細いウエストへなだらかな曲線を描きつつ繋がるラインの美しい、個人的にお気に入りの一枚

・・・・なのだけれど、モデルさんには絶不評。理由は「太ももが太く見えるから」だ。女性にとって、先の柔らかな光だの質感だのといったうんちくは「太く見える」という現実の前に何の意味も無い。



これまでにも何度か書きましたが・・・男性と女性とでは「見るところ」が違う上に、同じ部位でも「そこから得る印象」もまるで違う。なので男性なら100人中100人が良いと感じる写真があったとしても、それを女性もが良いと感じるかは解らないのです。
こういう感覚の差は男女だけでなくクライアントさんや使用用途でもあって、お仕事である以上それらに応え無くてはならないワケで・・・撮影の度に頭を悩ませています(プロなので当たり前と言われそうですが)



感覚の差、といえば。ここ最近カメラさんは珍しく「エロい写真が撮りたい!!」というリビドーが燃えあがっています。が、
「じゃあ手っ取り早くハメ撮りでもしたら?」 とか言われても・・・それはそれで魅力的ではあるけれど・・・今撮りたいエロそういった下品なエロじゃなく、綺麗で 壁に飾れてオナニーにも使えてな美エロ、なのです。
綺麗に撮れば、例えば性器のアップやセックスであっても綺麗なんですよ。ダメなのは光も構図もめちゃくちゃなのに撮ってる方だけ自分の世界で満足してるタイプで。
でも「美」を意識しすぎちゃうと今度は「芸術」って言葉が出て来ますが、そういう「お上品なエロ」ってもう「エロ」では無くなっている・・・。
撮る側にその気が無くても観る側に「区別」されてしまうと「撮り手」は「贈り手」でもあるので期待に応えようとする。と、途端に 写真がありきたり になっちゃうんですね。
求められる事には応えなければだけれど どこをどういう形で応えるか を見誤らない様にしないといけない ので、大変なのです。

でもこの「大変」はあくまで「自分の作風の模索」なので楽しいのもまた事実。
まー、そういうのは別にして。とにかく今「僕は美エロが撮りたいんだよぉぉぉぉぉ!!」って事です。このリビドーが消えないうちに撮影どんどん入れたいですねぇ・・・モデルさん探さないと~~!!

関連記事
CAMERAMAN netへ

Comments

こりゃ凄い! 
スレンダー好きの私でも、
『このボリュームある腿・ヒップからウエストに流れるライン。
そのまますぼむのではなく、胸元もシッカリ自己主張してる。』

これは好み抜きにして、『女性の女性たる由縁』的な総合評価の非常に高い
スタイルではないでしょうか!?

それを絶妙の構図・ポーズ・光で切り取る「カメラのさん(笑)」は尊敬です☆

カメラのさんって、すっごいなぁ~~~!
(@_@;)で、食べちゃってるんだろうなぁ~~ナンチャッテ
Re: こりゃ凄い! 
Aさん

うわぁぁぁー誤字訂正したよぉぉぉ!!いじめんなよぉぉぉ(笑
っていうかこれだけ長くBLOGやってていまだに誤字脱字多すぎだろ、って感じですよね いつもすみません。

今回のモデルさんは自身で「お尻が大きい」と思っていてそれがコンプレックスらしいのですが それって魅力でしょ!ウエスト細くて胸もあってなんだからむしろご褒美でしょ!! って想いをこめて撮りました(で、不評・・・)

すっごく理想的だと思うんですけどねぇ~
これは確かに 
モデルさん嫌がる構図ですね。
とはいえ、このモデルさんのお尻
そんなに大きくないんじゃ?
私なんか完全に「遮光器土偶」のような形なので
ウエストサイズで合わせるとヒップが入らず
ヒップで合わせるとウエストがブカブカ…
スカート選びが大変なんですよ。

しかし、いつもながらカメラさんのモデルさんは
肌の質感が柔らかそうな、触り心地良さそうな
同性の私から見ても素敵だなって方ばかりですね。
って、カメラさんは触り心地ご存知でしょうけど〜(笑)
 
おぉ~♪
( ̄▽ ̄+)♪キラキラ
綺麗なお写真ですね~♪

写真の受取り方は千差万別だし、
女性男性の違いで目のツケドコロが違うみたいですし・・・。
難しい一面でもありますよね(^^;;

オイラの美エロの世界感って、喜多川歌麿さんのようなイメージです。
ただ・・・オイラの容姿は“荒木経惟さん”に近づいてます(笑)

最近、ピンポンダッシュにさえ怯えている昆布でした~

エロい芸術 
銀座のバーに飾ってあった写真を思い出します。
女性の下半身を横から撮ったモノトーンの大きな作品でした。
おなかの曲線から連なって、陰毛がシルエットで表現されていました。
男が求めるエロスと芸術が融合した良い作品でした。
Re: これは確かに 
猫娘 さん

広角の歪み効果を出してこのくらいですから、決して大きくはないんです。むしろウエストが細すぎるんです。
ただ、女性ってどうしても気になってしまうようですね。猫娘さんもそうなのではないでしょうか~??

って言うかなんで触ったの前提になってるんですか(笑
Re: タイトルなし 
昆布ちゃん さん

歌麿とはまた芸術的ですね(笑 ただ「浮世絵」って、昔は遊女の看板イラスト。今でいう「風俗嬢のパネル写真」や、グラビア等の「エロ本」と同じ物だったんですよね。そう考えると美の基準や世間の受け取り方なんてどうなるか解らないわけで やっぱり自分で「良い」と思う者に従うのがベストなのやもしれません。

私も早く自分の理想に近い写真が撮りたいです・・・!


Re: エロい芸術 
Ritz さん

私にも忘れられない写真があります。
どこかの歩道橋の上で女性が手すりに寄りかかって景色を見ている。その姿を後ろから撮った写真ですが、構図はショートデニムのお尻のアップのみという・・・それもバーに飾ってあるだったかなぁ。

そういった作風もちゃんと需要があんですよね
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: はじめまして。 
管理人のみ閲覧 さん

書き込みありがとうございます。
BLOG掲載用のモデルさん募集は今のところ休止中なのです・・・。が、次の記事にある様にBLOGに協力頂ける方用に比較的安価で撮影を経験頂くプラン等も考えていますので、出来れば御希望や詳細等お伺いできれば と思います。

よろしくお願いいたします!

Body




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png