迷走日誌-ヌード撮影ノススメ 迷走日誌 - ヌード撮影ノススメ

迷走日誌

 



迷走日誌


20130815_2.jpg



『自分の撮れる、最良の写真とは何だろう?』撮影を終えて車を走らせながら、そんな事を考えています。

例えばどこかの偉い人が「これが“最も優れた写真”の形だ」と発表したとして。世の評論家や編集者ならそれに従い善し悪しを決める事が出来ますが、私の現場ではそうはいきません。
それに従いその通りの写真を撮れたとして、それで売り上げが・問い合わせが・満足感が得られなければ、「優れた写真」とは言えない・・・。

では、絵的に優れていて売り上げに反映し問い合わせが増え被写体も満足する写真 は何か?と考えると・・・はい、そんなものは存在しませんね。なぜなら、それぞれ求める物が異なる上に変動的。そして「撮る側も求める側もそれを具体的に表現する事が出来ない」からです。

じゃあどうしたらいいのか? 結局は、「自分に出来る最善」を求めるしか道は無く でも己の中で確固たる「最善の結果」を見つけるまでは、模索し続けるしかないのでしょう。
ここ最近はそういった迷い(?)からか、つい広角やボケ味といった いわゆる「書店に並ぶカメラ雑誌が推奨している万人向けな絵作り」でお茶を濁したりして。結果、後になって「あれはいかんかったよなぁ・・・」と反省することもしばしば。

そういった事だけが原因ではありませんが、夏に予定していた企画の進行にも遅れが出ていて。以前、「近々何かしら形としてお届けできるかも」とお伝えしていたものの、もう少しだけお時間を頂くことになりそうです。期待せず、記憶の隅っこにちょこっとだけ置いといて頂ければと・・・思います。(決して「寝落ち」が原因ではあり・・・たぶん・・・それもあるかも・・・ません!)


関西にいた頃お世話になったAV制作事務所さんから電話。簡単な近況報告の後、最近のAV業界はどうですか的な話をしたトコロ 良くも悪くも、色々違ってきているらしい。「変わってきた」ではなく以前とは「違ってきた」と。なんとなくわかる気がする。
そういえば先日とあるマンガで「某AV会社の歴史」が題材として取り上げられていて興味深く読んだ事を思い出した。
「エロ」は紀元前・神話の時代から最も多く語り継がれてきたジャンルの一つだけど、「AV」に関して言えば(ポルノ映画を除けば)まだ50年に満たない新しい世界。そこでこれだけめまぐるしく環境が変化しているのだから本当に大変と思う。もちろん、その末端に私も触れている身、他人事ではないのだけれど。


今回の写真。ライティングはオーソドックスに斜め後ろからの半逆光で そこにあったカーテンをデュフューズに使用している。
車で撮影に向かうのは可能な限り撮影機材を用意してどんな環境にも即対応できるようにするためだけど、持参した機材よりその場にある物を利用・応用した方がリアルな写真が撮れたりするので準備万端過ぎるのも考えモノです。
衣装は水着。素材の違いだけでデザインも隠している面積も下着とさして変わらないのに、水着だとエロより健康的な印象が強くなるのはなぜだろう?
同じ日に同じ場所同じモデルさんで、綺麗で爽やかな写真と極エロハメ撮りを撮影したい。交互に、何度も。
きっとどちらにも良い影響が出るんじゃないかな。問題は私の体力が持つかどうか。自信ない。

関連記事
CAMERAMAN netへ

Comments

迷い、迷いて・・・・。 
カメラさんにとっては仕事ですからね~~~
カメラさんにとって、写真ってのが、情熱を傾けたり妥協を許さなかったり、
壁にぶつかったり迷ったり。それができる対象だから仕事なんでしょうね!
あんまりにも簡単だったり、問題も無ければ、飽きちゃうでしょ?
僕も(僕達も?)趣味の悩みに比べたら、仕事の悩みの質と量は半端ではありません。
でも、辞めたりしないもんね(笑)
それを『ヤリガイ』と言うのでしょうか(笑)

でも僕は、カメラさんの苦悩する仕事からのこぼれ話や写真で癒されてます。
極一部はいきり立ったりもしてますが(^_^;)(ウソ最近それすらも弱いかも)

カメラさん! がんばってこ~~~~(^_-)-☆
 
確かに、どんなにデジタル化が進んでも、最後のジャッジはアナログな人間の感覚ですからね。
それに受取る人間も、感覚が様々ですから。。。
難しいですよね~(^^;;

オイラが、もし“交互に、何度も・・・”をするとしたら、
世界タイトルマッチ級のトレーニングと、体調の調整が必要になりますが(笑)
ご無沙汰です 
コメント久しぶりです(^^)
何がいい写真か本当に難しいですよね・・・

この写真は、可愛くていい感じですね!
前いろいろ相談させていただいてたヌード撮影のモデルさん、妊娠されて撮影は延期です(笑
Re: 迷い、迷いて・・・・。 
Aさん

コメントありがとうございます&レス遅くてすみません。
多少、特殊な職業だという面もありますが、いつも見えない壁に全力体当たりしているような そんな感じです。
Aさんはお仕事にやりがいを感じているんですね、すばらしい事です!!

私はヤドカリかなー(…何言ってんの??)

BLOGの写真で皆さんの極一部をいきり立たせていたら嬉しいですが、最近ちょっと方向性が違っていますから…
やっぱりそっち系の個人的活動もやっていきたいと計画中です
Re: タイトルなし 
昆布ちゃん さん

私は基本マニュアル人間なので、目に見える答えの無い問題は苦手なんですが・・・
結局は一目見てイイと思うか否かが全てなんでしょうね

個人の作風を貫いて創作活動するってとても勇気のいる事だなぁー・・・。
Re: ご無沙汰です 
アラーキーさん

ご無沙汰です。
モデルさん、おめでたですか! ここは素直に祝福を。マタニティヌードとかもいいんじゃないでしょうか??

Body




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png