ヌード撮影のススメ・だらだら撮りになっていない?-ヌード撮影ノススメ ヌード撮影のススメ・だらだら撮りになっていない? - ヌード撮影ノススメ

ヌード撮影のススメ・だらだら撮りになっていない?

 



ヌード撮影のススメ・だらだら撮りになっていない?

20121221_1.jpg



メールや電話を頂いた際、必ず「年末でお忙しい事と思いますが」的な事言われるんですけど

実はすっげー しているカメラさんですこんばんは。

8月以降の怒涛の忙しさが嘘のよう。普通のサラリーマンや職業写真家と多忙期が見事に真逆なのは、
わたしが『ヌード写真家』という一種独特なジャンルに属しているからでしょうか。
もしくはただ単に干されつつあいえいいです聞きたくない。



さて、今回は久々(?)の『ヌード撮影のススメ』。カメラがデジタルになってつい陥りがちな「だらだら撮りになっていない?」というお話です。


ヌード写真を趣味にして、幸運にも被写体に恵まれた皆さん、ちょっと確認してみてください。
撮影を開始した当初と今とで、撮影にかける時間、撮影した枚数が激増してはいませんか??


銀塩カメラで撮影していた頃は、1本のフィルムで撮れるカットは35枚でした。
それが過ぎると一度フィルム交換やカメラ交換というワンクッションが必要で 撮影者もモデルも、そこを一区切りとして認識していました。
また、フィルム1本いくら、と明確な「料金」がカウント出来てしまうので、少しでも経費を安く浮かせようとシャッターが慎重になったりましました。

が、カメラがデジタル化しフィルムから記録カードになった事で、容量によっては35枚どころか1000枚、2000枚をノンストップで撮影する事が可能に。
しかもカードはコピー・削除で何度でも再利用可。従って撮影枚数の枷が無くなり、好きなだけシャッターを切れてしまうワケです。


これは、撮影をする上ではとても便利なのですが、便利になった反面、
「つい同じシチュエーションで必要以上にシャッターを切り、無駄に時間を使ってしまう」
という状況を作り出す要因にもなりました。

特に自分が理想とする写真が上手く撮れなかった時等は、「あれ・・・おかしいなぁ」と思いつつ何度も同じ状況でシャッターを切ってしまう、とか。

そんな事しても、時間と(モデルさんの)労力を悪戯に消耗するだけなのですが、どうにもやっちゃいがちなんですよね。
(構図もライティングも設定も指示も変えずに連射したって写真が変わるワケないのですが・・・。)



もちろん、数をこなす事で初めて撮れる1枚 というのもあるにはあります。
でも、そんな特例を除けば、だいたいそのシチュエーションでの最高の1枚って撮り始めから5枚~20枚以内にあると思います。つまりフィルム1本で1~2枚。それ以降はただの無駄撃ち・・・・。



貴方の撮影データをチェックしてみてください。ひょっとして最近、そういう傾向が見られたりしませんか?



打開案としては、撮影に「制限時間」を設けてみるのはいかがでしょう。

学生時分、テストは制限時間付きでした。時間が過ぎれば答えが出せなくても、気付いた間違い箇所があったとしても強制的に終了。延長は出来なかったはずです。

撮影も、例えば30分を1とし3セット(もしくはお使いのカメラ設定で300枚くらいまでしか撮影出来ない容量のカードを3数用意)とし、それを超えたら終了。次の撮影に行く前に必ず休憩を取るようにします。

各休憩時間はトイレに行ったりタバコすったりメイク直したりお茶したり雑談したりセックスしたりしてください。

それを繰り返すことで、無駄の無い、メリハリのある撮影になることうけあい。
撮影枚数は半分以下になると思いますが、同じ時間ぶっ通しでだらだら撮影した時よりすっと良い結果が得られる事でしょう。


お試しください!



追記。
今回の記事は皆さんに、というより自分に対しての戒めとして記載いたしました。
時間制限なく自由に撮った時より、短い時間でドタバタ撮影した時の方がずっと良い写真でバリエーションも豊富だったりするんですよね。
本当に深く反省するばかり。きっとモデルさんも
「こいつ一体いつまで同じ写真をだらだら撮り続けてんだ」
って思あいえいいです聞きたくない。 (∩ ゚д゚)キコエナーイ


関連記事
CAMERAMAN netへ

Comments

共感するところがありますね 
自分はほとんど人を撮ることがないためこの様なシチュエーションには会わないのですが、気付かない内にシャッターを押しまくっていることがあります。ただその時だけしかない風景を逃したらと思うとどうしてもこうなっちゃうんですよね。
確かに後になって撮った画像を見直してみると(これはデジタルの利点ですね)あと一歩右に何故出なかったのかなあ~とか反省する機会が得られますよね。これがその時の一瞬でしかチャンスがないと戻れないとか思うと必死になってしまっていて余裕がないです。これも修行かと。でもやはりど~っと撮りまくるより間にと言うくらいですから間を入れる余裕も必要ですね。
ところで余裕のカメラさんの休憩の目的ははSEXしたりしているんですね~(笑)
ともかく羨ましです。
Re: 共感するところがありますね 
らんふぇち さん

このBLOGはあくまで「ヌード撮影のススメ」なので、風景や他の被写体撮影には適さないアドバイスが含まれます(笑 でも、個人的にはどんな撮影でも無駄なくスマートに、カッコ良く行きたいですね。

あ、休憩中のセックスはネタというか、ほら、私の場合セックス中こそ撮っちゃうから休憩にならないとかそういうコトじゃなく、あれ?



Body




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png