写真は無料?写真家は不要??-ヌード撮影ノススメ 写真は無料?写真家は不要?? - ヌード撮影ノススメ

写真は無料?写真家は不要??

 



写真は無料?写真家は不要??

20121208_1.jpg




最近、撮影時ポーズのバリエーションが単調にありつつある と感じ 参考にと色々な写真家のHPを見て回った際、 
各HPの作品掲載・ギャラリーページのほとんどが BLOG になっているように思った。
以前のように、HTML を駆使して(?) HP での表示に拘っている所は稀だ。

BLOG だけではない。それのみ、という人こそ少ないないようだが、 mixi や Facebook のような SNSサービス を利用している写真家は 必ず HP (BLOG) と SNS 両方に画像を上げていて、ユーザー側には SNS 内でのみチェックしいる、という人もいるだろう。

他にも、少し前は fotologue で。その後は flickr や picasa で写真公開をしている人が多く見られ
どのサービスも写真を手軽に・効果的に発表するには非常に便利なツールと言える。



ただ、最近、上記の物とは根本から異なるシステムの写真共有サービスが人気・主流となりつつあり、ちょっと「気になって」いる。


それは Tumblr と、Pinterest だ。


Tumblr そして Pinterest は簡単に言うと「ネットで見つけた画像を皆と共有しよう」という物で
気に入った画像を自分のページにスクラップし、それを自由公開している。

例えば、『田中太郎さんのページ』にあるのは「田中太郎さんが好きな写真」であり「田中太郎さんが撮った(撮られた)写真」ではない。

先に述べた flickr や picasa では、ページにある写真は基本、その人が撮った・撮られた写真だったが、
Tumblr や Pinterest は違う。

画像は本サイトへの表示があり直リンクのような形で掲載されれため、著作侵害では無いとも言える。商用利用斡旋や制作者偽造も推奨してはいない。
が、見方を変えれば「ネット上にある写真は皆の物」という考えが前提な「無断転載支援ツール」にも見える。



また、わたしも利用している画像ツールに Instagram がある。これはスマートフォンアプリで、撮った画像をトイカメラやオールドカメラ風に修正してくれる。

その画像を掲載する個人ページこそあるものの、PCからのアクセスは出来ず 掲載できる画像も正方形のみ。
手軽な画像公開の場ではあるが、本格的な写真掲示には適していない。


使い捨てカメラ、プリクラ、携帯、デジカメ、スマホと来て。 写真は年々身近な存在となり続けて来た。それはとても素晴らしい事。

だがその半面、自分の撮影した写真が「手軽にやりとり出来る物」になった事で「全ての写真は勝手にやりとりして良い物」「誰でも扱える価値の低い物」という間違った認識が浸透してはいないだろうか?



プライベートな事で 「写真」「写真家」の価値が蔑ろにされている。正当な『技術』として評価されていない
と感じ悩む事があったため、ちょっと考えてしまいました。



デジタル世代の写真家であるわたしですらそう思うのだから、 フィルム時代から業界にいた人にとってこの5年、10年はさぞ複雑だったに違いない。




関連記事
CAMERAMAN netへ

Comments

 
自分の小さい頃は当然ネガでした
20代になりカシオがデジカメを出したときの衝撃は今でも忘れられません
ネガ時代の現像は一般人では難しく、ある意味既得権でした
それがデジカメの登場で無くなり街の現像を主にしているカメラ屋さんは消えました
いまカメラで生きている人は広義の意味で芸術性を持った人だと思ってます
カメラさんもそうゆう人だと思います

・・・・お堅い話はこれくらいにして、これからもいいエロ画像期待しています^^
Re: タイトルなし 
ねこぜさん

カメラの急速なデジタル化は、これまでの長い歴史で培って来た物の多くを たった数年でひっくり返した感がありますね。
良い事も沢山ありますが、今回の記事に書いた「存在意義の低迷化」を招いたのも事実だと思います。


・・・・お堅い話も出来るんだぞー、というアピール回でした(だいなし)

Body




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png