早い対応と遅い対応-ヌード撮影ノススメ 早い対応と遅い対応 - ヌード撮影ノススメ

早い対応と遅い対応

 



早い対応と遅い対応

20120927.jpg



昨日まではどれほど探しても見つける事が出来なかったのに たった2日涼しい日が続いただけで自動販売機に『あったか~い』が入っていたのを見てちょっと感動したカメラさんですこんばんは。

いや、感動っていうよりあざとさに感心したって感じでしょうか。こういう時の対応の速さはさすが東京ですね。


早い・遅いと言えば。


先週はドイツ・ケルンで開催された『フォトキナ』にて、カメラ関係各社から多くの新商品が発表になり 日本にも日々新しい情報が入ってきました。

今週はそれら情報も一段落し、あとは実機が発売されてからじっくり確認を・・・と言いたい所ですが、よく見てみると新商品のほとんどが日本ではまだ発売日が未定のまま。
中には正式発表すらされていない物もあります。

反面、海外では発表は当然。発売日も確定している物がほとんどです。


こういう傾向は今回に限ったことではなく、ここ1~2年はいつもこんな感じ。
市場の大きさを考えれば已む無しかもですが、カメラ・写真機器メーカーの多くは日本の会社だと言うのに・・・なんだか寂しい限りですね。



「まぁ、今日発売されても1ヶ月後に発売されても 金欠続きのカメラさんには買えないんだし、いいんじゃないどっちでも」





・・・・・寂しい限りですわ、ホントに・・・・。






関連記事
CAMERAMAN netへ

Comments

金欠 
どうも!

フォトキナ行ってみたいです(笑)

海外だけでの販売があるんですか!?
新商品いいですよねぇ~
私も金欠過ぎていつも眺めて楽しんでます(笑)
マニアックな話 
カメラさんこんにちわ
今日はカメラの話ですね。私も写真とか動画好きなんで。
最近イチガンと言うカメラが流行っていて誰でもちょっと前には高価で手に入れにくかったのに最近は安くなり手に入りやすくまたデジタルから入る人も多く見受けられます。
また、フォトキナなどのショーではカメラメーカーが競って新製品発表してますね。そのサイクルも早いことがあると思いますが、カメラは写真を撮る道具としてではなく機材マニア格段に多くなっているようにも思います。まあ、昔からカメラ機材マニアはいたんですけど今の様に価格も下がり誰でも手に入れることが出き多様化したため、マニア度もピンキリです。まあ、マニアと言うよりオタクといった方がいいのかもしれませんが。
で、いつもそう言う人たちに疑問が起こるのですが、次のレンズ何がいい?って聞かれることがあるんですよ。
これっておかしいと思いませんか?
だって、写真撮っていてもう少し広く撮りたいんだよなあ~って思ったらさらに広角のレンズを、もっと背景ボケないかなあとおもったら明るいレンズとか持ち合わせていないものを求めて自分のレパートリーを増やすと考えればすっごく不思議なんです。お金あるから次は何買おうって行っている様でこのレンズが欲しいって指を加えてカタログを毎日見つめているものにとっては許しがたい言葉なんです。そんな風に思いませんか?
あっ、いつもくだらない文章で長くなってすみません。
ちょっとしたビンボー人の愚痴でした。
Re: 金欠 
ともきさん

どうも、どうも!

海外のみ販売ってパターンもありますが、最近はあまり見なくなりましたね。
ただ、発表タイミングや販売時期はいつも海外が先。国内は1ヶ月以上遅れるパターンもあって何だかなぁ、という印象です。

フォトキナはドイツなのでちょっと難しいですが、国内なら1月、横浜で「CP+」というイベントがありますよ。
Re: マニアックな話 
らんふぇち さん

ネット時代になり一般の人も専門的情報を得られるようになった事で、皆が「批評家」になり下がってしまった感がありますよね。
今号の「BRUTUS」で、
最近は写真を撮って楽しむのではなくレンズの描写テストや粗探しばかりしている人が多い
みたいな事が書いてあって、全くそのとうり! だと感じました。

機材も、出ている物を順に購入して並べる・・・お金持ちはいる所にはいるんですねぇ(笑
私なんて必要な物すら買えないってのに。まったく羨ましいったらありゃしない、です。

Body




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png