ヌード撮影のススメ・お風呂で手軽に撮影したい-ヌード撮影ノススメ ヌード撮影のススメ・お風呂で手軽に撮影したい - ヌード撮影ノススメ

ヌード撮影のススメ・お風呂で手軽に撮影したい

 



ヌード撮影のススメ・お風呂で手軽に撮影したい

20120701.jpg



どうも。
部屋の中がYahooオークションに出品し、郵送梱包した物と
Amazonで購入後に未開封のままの物と でえらい事になってる方、カメラさんです。

20個近くある大小のダンボールを見て「え?なに、引っ越しするの??」って言われました。しないけど私もそう思った。(むしろ引っ越したい)



さて、今期は【MG3】さんより頂いたご質問「お風呂で手軽に撮影したい」に対するお応えです。

頂いた質問


カメラさん、いつもBLOG更新楽しみにしています。

初めてのメールですが、お伺いしたい事があります。
私も趣味で妻の写真を撮っているのですが、なかなか良い写真が撮れません。
私の腕が未熟であると同時に、妻がどうしてもカメラを意識して強張ってしまうからです。

カメラさんが以前BLOGで「お風呂で撮影するとモデルさんもリラックスするので良い」と書かれていた事を思い出し、お風呂好きな妻にはピッタリかも! と興味を持ちました。
そこでお風呂撮影用に防水デジカメを購入しようと思ったのですが 調べてみると防水デジカメはあまり画質が良くないとあり 悩んでいます。

カメラさんがお風呂撮影をする時は防水デジカメですか?それとも何か別の方法で撮られているのでしょうか?
他にも、お風呂で撮影する時の注意点があれば教えてください。





MG3 さん。ご質問ありがとうございます。

たしかに防水デジカメは画質でちょっと落ちる所がありますね。
それは、水に極端に弱いデジタルカメラを完全防水にするにあたって、厳重なボディを用い、各部に防水加工を施さなくてはならない。
それを一定のサイズに押さえようと思えば、見た目より2周り程小さなカメラと同程度の性能しか積めないからです。


もし、完全防水で一定以上の画質を求めるのであれば、対策としては、

81KuWUsHBsL__AA1500_.jpg
こんな感じの専用防水ケースが出ているカメラを購入するか、

41xte2FDmVL.jpg
こういう汎用品を利用するかですね。


ただ、前者の場合はケース本体の価格がかなり高額なのと、大きさがネックですし
後者の場合は操作性に難アリです。



でもこれ。どちらかと言うと、スキューバーダイビング等「水中に潜って撮影する時用」の物で お風呂撮影にはちょっと大げさですね。
というか、もし、MG3さんが「水中からの写真」に拘らないのであれば・・・答えは簡単。




カメラが濡れないよう気を付けてさえいれば、他の場所で撮影する時と同じで大丈夫 です。




元々、かなり広いラブホのバスタブであったとしても水中からだと超アップしか撮れません。
MG3さんも一緒にお風呂に入って、という場合も、カメラを使う手は濡らさないようにし、必ずタオルを用意。カメラを床には置かないよう、触る際は必ず手の水分を拭いてから にすればOK。

バスルームの扉を開けておく、換気扇を回しておく 等すれば、水蒸気で壊れるような事も無いでしょう。


そうそう。バスタブの中は無理ですが・・・撮影者が出来るだけ遠くに離れ、モデルさんがシャワーを浴びている姿を望遠でねらう、と言うのもアリだと思います!

念のため、カメラ側に水が飛ばないよう注意してもらえれば、防水カメラでなくても気にする必要はありません。




ちなみに。
私の場合も、お風呂撮影に防水カメラ 又は防水ケースを使用する事はありません。
いつも靴下だけ脱いで、首には手拭き用のタオルをかけ、潮干狩りに来たおっさんのような姿で撮影しています。

低い位置から撮影する際は床に腰を下ろしますが、どうしてもズボンが寝れてしまいます。

それを見た女の子に毎回

「ズボン、脱いで良いんですよ」

と言われるのですが パンイチ、Tシャツ、手にカメラってどこの変質者ですか な姿になるので丁重にお断りさせて頂いております (前が元気印になってる可能性も大、ですので・・・)




尚。お風呂場で撮影する際、絶対に守ってほしい事があります。それは、

電球やモノブロックストロボは使用しない。 
ということ。

万が一、それらが転倒し濡れた浴室やバスタブの中に入ってしまったら・・・・冗談ではなく命に関わる大惨事となります。


どうしても使用したい場合は、浴室の外。浴室内には倒れてこない位置とし、
撮影が終わったら何より先に電気を切るようにしてください。
(この時、濡れた手でストロボには触れないように)


以上の点にだけ注意して、お風呂撮影を十分に楽しんで下さい!!


関連記事
CAMERAMAN netへ

Comments


Body




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png