ヌード撮影のススメ ・撮影機材のあれこれ ~レンズを選ぼう~-ヌード撮影ノススメ ヌード撮影のススメ ・撮影機材のあれこれ ~レンズを選ぼう~ - ヌード撮影ノススメ

ヌード撮影のススメ ・撮影機材のあれこれ ~レンズを選ぼう~

 



ヌード撮影のススメ ・撮影機材のあれこれ ~レンズを選ぼう~

20120406_1.jpg



一眼レフを買って より写真を撮る事が楽しくなってきたら 今度は『レンズ』が気になってきますよね。


一口にレンズと言っても、明るいの、暗いの、標準、広角、望遠、マクロ、手ぶれ補正、モーター、純正、サードパーティー製、古いの、新しいの、高額なの、安いの、と色々ありますが

ここではレンズ一番の違い(?)である「単焦点とズーム」について書いてみます。



『単焦点レンズ』
は、その名の通り、決まった焦点域のみのレンズです。
サイズは小さく、中には「パンケーキ」と呼ばれる、とても薄いモノもあります。
特徴は絞り値(f)が明るい事。そして高画質な事です。あ、あとお値段も高めです。

『ズームレンズ』
は、その名の通り、焦点域がズームするレンズ。例えば、24-70mmといった具合に表記され、24mmから70mmの間の好きな(必要な)焦点域で撮影出来ます。
サイズは大きく、長い。特に100mm以上の望遠域のレンズはカメラの何倍もの長さがある物も。
特徴として。ズーム出来る事以外には、最小絞り値が広角と望遠では変わってしまうタイプの物がある事。
絞り値や焦点域によっては物凄く大きなモノから、単焦点とほぼ変わらないサイズのコンパクトな物まで。同社から似たような焦点域で幾つか出てたり、それがサードパーティー製品もあるので商品数はとても多いです。


単焦点とズームの差は、車に例えると解りやすいかも。
単焦点はスポーツカー。ズームはミニバン。


人や荷物を多く載せ、長距離でも楽ちん便利なのはミニバン。でも走る楽しさや速さはスポーツカーが上。
同じ100kmでも体感速度、そこに至る過程、用途、特徴は異なる といった具合で。




さて、ヌード撮影にはどっちが良い?となると。
それは本当に好みの差、撮り方の差になってくるので一概には言えませんが、個人的には単焦点をオススメします。
ズームでは得られない空気感と質感は、女性を美しく捉えてくれますよ。

また、単焦点を使って「体」で撮る癖をつけておくと良いですね。

わたしも元々は単焦点派で。お仕事ではズームを多用していますが、“ここぞ”という時は必ず単焦点を使います。
比較的自由に撮れるグラビアなどでは、1本の単焦点で全体の80%以上を撮影する事もあったり。



そうそう。単焦点レンズというと、よく「絞り開放で撮る物」的な発言を耳にします。
確かに開放値付近で得られる「ボケ味」は単焦点の大きな特徴ですが それはあくまで特徴の一つにすぎません。
それに捕われて間違った認識をしてしまうと、高額なレンズが宝の持ち腐れになってしまいます。

レンズに、カメラに限らずですが。
その対象は色々な角度から見て。「良い所」や「特徴」を見落とさないようにしましょう!
(あ、これって撮影時に被写体を色々な視点から捉えるってのと同じですね)






【お知らせ】
(同内容はカテゴリー「募集」でも記載しています。)



「ヌード撮影のススメ」で紹介する疑問・質問を募集致します。


内容は『ヌード撮影』に関していればOK。

たとえば、撮影内容をもっと具体的にした
「自然光撮影で○○の様な場合はどうしたらいいの?」
「セルフで撮ってみたけど上手くいかない。どうすれば?」といった物や

または、撮影するにあたって
「撮影したいなんて言えない。彼女になんて切り出せばいい?」
「彼が撮影そっちのけでHばかりするんです」といったお悩み相談。

もしくは、いざ撮影してみたものの
「写真も動画もブレまくりで綺麗に撮れないよ! 最新の手ぶれ補正も俺の腰の動きにはかたなしだよ!!」
「フェラしてる所を撮られました。してる時の顔を初めて見た。貞子みたいだった。死にたい。」 といったコメントしづらい事まで

どんな事でもお気軽にお送りください。

質問頂いた内容は順次、記事内でお答えしていきたいと思います。
もちろん匿名でも結構です。



これまでなかなか聞けなかった、ヌード撮影(エロ・非エロ問わず)への疑問・質問を 
どしどしお送りください。

皆様からのメッセージ、お待ちしています!!


(※下記フォームをコピー・ペーストし、内容を記載してください。)


「ヌード撮影のススメ・疑問質問宛て」

○ お名前(ハンドルネーム)
○ BLOG、HPをお持ちで紹介しても良い場合はURL
○ 男・女 
○ 年齢(10代・20代・30代・40代・50代・60代・秘密)
○ ヌード撮影の経験が 有・無
○ 疑問、質問

※ 匿名希望の場合は名前欄に「名無し」と記載ください。
※ blogがアメーバブログの方はPCから閲覧可能な物のみになります。amebaの会員登録ページが表記される場合は記載できません。


メールの送り先は

こちら

又は

camerasan◎live.jp (◎を@に書き換えて下さい)

から。




宜しくお願い致します!!



関連記事
CAMERAMAN netへ

Comments

管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
はじめまして! 
カメラさん、はじめまして。
いつも楽しく拝見させてもらっています。
カメラさんが撮るお写真はどれも美しいので、いつも
見入ってしまいます!!

『ヌード撮影のススメ』は勉強になります!
私は単焦点レンズを持っていないので、んっ??と
思った(画質の事です)のですが・・・
例えば、ズームレンズで焦点距離を50mmF2.8
で撮る写真と、50mmの単焦点レンズでF2.8で
撮った写真とでは、見た目で違うものなのですか??

あと、ヌードを撮る際にはレンズの絞りはどの位まで
解放にされますか?差し支え無ければ教えて下さい。

突然のコメント失礼致しました。
これからもブログの更新楽しみにしております!
Re: はじめまして! 
葡萄 さん

書き込みありがとうございます!!
BLOG拝見させて頂きました~。わたしは野外露出はあまり撮影していないのですが お写真がどれも素晴らしい物ばかりで「今度わたしも撮ってみようかな・・・」という気持ちに。良い刺激をありがとうございます
写真から、お二人が撮影を楽しまれている事が伝わって来ましたよ。

単焦点レンズとズームレンズの画質に関して。
同じ画角、同じ絞りと撮影した場合に違いが出るか?という事ですが・・・はい、全く別物だと感じます。

それは、なんでもない写真を用意し、「2枚写真を並べてどっちがどっちか一目で解るか」っていうようなテストで出る結果ではなく

その場の空気感というか シズル感というか。 そういう、「数値には出ない写真としての出来」に表れる物がありますよ。

もちろん、ズームレンズの中にも素晴らしい描写性を有した物もあれば 単焦点レンズの中にも おや? となってしまう物もあるので 全てのレンズを通して単焦点>ズームという事では有りません。

だからこそ難しいのですケド。


あと、レンズの絞りに関しては「どういった絵を求めるか」によってまちまちで 私の場合「明るさ」を調整する意味では絞りを使わない事が多いです。
ちなみに、イメージの再現に必要であればf2より開く事もよくあります。常用域はf4を基準にf2.8~f8くらいでしょうか。

こんばんは! 
カメラさん、お返事ありがとうございました。
素人に対して丁寧に教えて下さり感謝しております。
わたしたちのブログもご覧になられたのですね(^^ゞ
プロの写真家さんに見せられるような写真ではありませんが・・・
褒めて下さりありがとうございます。

単焦点レンズは「数値には出ない写真としての出来」ですか!!
うぅ~ん・・・素人には難しい領域ですね(^^ゞ
チャンスがあったら単焦点レンズ使ってみたくなりました!!
宝くじが当たったら・・・

絞りはf2より開く事があるのですね!
カメラ雑誌のグラビア写真で50mmf1.2で撮られた写真のボケが凄く
綺麗で印象的だったのですが、レンズの値段を見て瞬時に諦めが
ついたことを覚えています。
私はf2.8より開いた事が無いので、いつか撮りたいです♪♪
Re: こんばんは! 
葡萄 さん

書き込み頂いていたのに、気付くのが遅くなってしまいました。

「数値には出ない写真としての出来」というのは 実際には数値に出てるのかもしれませんが
私はそこまで細かなデータ数値を出せないので・・・。

たとえば、葡萄さんが2日撮影に出られたとして。1日はズームレンズのみ。もう1日は単焦点のみで撮影したとします。
きっと、単焦点のみで撮った日の方が「お!」と思う写真が多く撮れているはずです。そのれくらいの差はあると思いますよ。

良いレンズは高額ですよね。あんなガラス玉1つで原付バイク1台分とかどーなってんだー!と。
ホントもーちょっと安くなってほしいです・・・。

Body




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png