ヌード撮影のススメ・撮影機材のあれこれ ~万能選手のモノブロックストロボ~-ヌード撮影ノススメ ヌード撮影のススメ・撮影機材のあれこれ ~万能選手のモノブロックストロボ~ - ヌード撮影ノススメ

ヌード撮影のススメ・撮影機材のあれこれ ~万能選手のモノブロックストロボ~

 



ヌード撮影のススメ・撮影機材のあれこれ ~万能選手のモノブロックストロボ~

20120401_1.jpg



手軽に購入できる外部ストロボで、最も大型な物が「モノブロックストロボ」です。

わたしのように出張撮影が多い人にとって、専用のジェネレーターに繋いで使用する大型の物ではなく、
小型ジェネレーターを内蔵し家庭用コンセントに直接繋げて使用できるモノブロックストロボは手放せない品。
というか、主戦力ですね。



モノブロックストロボは簡単に言うと、「コンセントから電源を得る、クリップオンのでっかい版」で
基本的には同じような物と考えてOKですが、より大型で光の調整がきき、様々なオプションを取り付けることが出来ますので応用の幅はグッと広くなります。


使用時はスタンドに取り付け、カメラとは有線/無線のシンクロコード/機器で同調させます。


(※今回の記事では別所より機材の参考画像を一部使用しています。)



20120402_02.jpg


モノブロックストロボは各社より発売されていますが、わたしはCOMETのTWINKLEシリーズを愛用しています。
上位機にSYNCHRONシリーズもあるのですが 個人的に機能、操作、価格ともにこっちの方が使い良いです。
とはいえ、いつの間にか旧型機になっちゃってたのですけど。


モノブロックストロボは200w~400wの出力があり、人物撮影ではかなり引きの画で撮ったとしても 全身を照らすのに十分な光量を得る事が出来ます。

もちろんこのままでも使用可能ですが、様々なオプションを使用する事で、異なった効果が得られるのも特徴です
(むしろこのまま使用している人の方が少ないかも)


20120402_01.jpg
オプションの一例。
左から、スタンダードな「アンブレラ」。それに「デュフューザー」を追加した物。箱の中で光を反射させ、前方向にのみ柔らかな光を発する「ライトBOX」。光を直線状にする「ハニカムグリッド」

他にも色々な種類があり、それらを組み合わせたり複数使ったりする事で 自分の求める「光」を再現できます。


デメリットとしては、それなりの大きさになるため持ち運びには専用の鞄(車)が必要なこと。そして高額な事です。

たとえば、前回紹介したクリップオンストロボなら最上位機でも5万円くらいで購入できますが、モノブロックストロボだと中クラスで10万円近くします。またオプションも高額で、比較的安価なスタンドやアンブレラでも1万円から。ソフトBOXになると3万円~6万円。しかもそれが複数となると・・・・・大変です(本当に大変です)


それでもジェネレーターを使用するストロボに比べたら かなりの小型軽量・低価格になった方なんですけどね。



ちなみに。わたしの場合、室内写真の70%はこのモノブロックストロボを使用して撮影しています。使う台数は基本、2台。でも1台は全体を照らす用だったり補助用だったりで、ライティング的には1台での撮影と言えるかも。

また、スレーブを利用したストロボ発光のトリガ―兼補助光として、クリップオンストロボと合わせて使ったりもします。



最近ではレンタルスタジオ等に必ずオプションとして用意されている機器でもありますから
興味がある方は、そういった所で試してみるのも良いかもしれませんね!




 
関連記事
CAMERAMAN netへ

Comments

 
アンブレラとライトBOXの光の感じは、どういう風に違うのでしょうか?どちらか1個ならどちらがいいのでしょうか?アンブレラの方が、光がやわらかくていいですかね?
Re: タイトルなし 
名無しさん

アンブレラは点光源であるストロボを反射させることで面光源とし、より広い範囲に光を拡散させます。
光源と反射面が近いため光は硬く アンブレラは半円で内側には反射塗料が塗られているため 乱反射になります。

ライトBOX(ソフトBOX)は光源を被写体に向けますが、箱状の本体内で壁やフィルターに光がぶつかり合い、透過され平面からほぼ均一に柔らかな光となって被写体を照らします。

なので、ヌード撮影において。単体(もしくは少数)で柔らかな光を得るなら、「ライトBOX」の方がお勧めですよ。

 
カメラさん、
名前忘れていました(笑
アラーキーでした。
いつも、親切に返事ありがとうございます<m(__)m>
Re: タイトルなし 
アラーキー さん

おぉう、アラーキーさんでしたか!!
いつもコメントありがとうございます!!!

Body




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png