2019年02月-ヌード撮影ノススメ 2019年02月 - ヌード撮影ノススメ

ヌード撮影ノススメ

 



ログ 2019/02_1

2月2日

それまで、申し訳程度の小さなクリップオンストロボ以外は全て自然光(または環境光)のみで撮影していた素人時代の私。
とある縁でカメラマンとして従事することになり、前知識ゼロからスパルタで教えられたストロボライティング。
その頃から主光源として愛用しているのがCOMET Twinklシリーズです。

今使用しているのはTwinkle 03F2でもう10年近く経ちますがいまだ現役。 最近ファンの音が大きくなってきた事もあり、(素人で可能な範囲の)分解清掃をしたらすっかり調子を取り戻しました。
まだまだ頑張っていただかねば。

Twinkle 03F2は当然とっくに生産修了。現在はF-RSやSYNCHRONシリーズに置き換わっているものの、ぶっちゃけ、全然進化していないというか。 出力こそ大きいけど・・・純粋に性能だけで言うなら安価な入門用クリップオンの方が遥かに高性能、と言える 時代遅れ感満載のストロボだったりします。

そのくせ値段はすえおき(もしろ値上がりしてない?)だし、LED型や充電型なども出てはいますが とにかく高額。
しかもそこまで性能高くない。 これじゃダメだよCOMETさん・・・・

それでも、やっぱりTwinklは手放せないというか、もし故障したらまた買っちゃう/買わざるを得ないと思うんですよね。
出来る事は少ないけれど、だからこそ使い手次第でいかようにも応用が効く。

でもやっぱりもーちょっと時代に沿った性能・価格・ラインナップにしないと これから私みたいな古い(?)ライティングユーザーはほとんどいなくなると思うのですよ。
しっかりしてー、COMETさん!!


2月3日

やはり全て自分ひとりでやろうってのが土台無理なんだよ・・・
いや、一人でできる人もいるんだろーけどさ。詳しい人や上手な人、センスのある人 何より要領の良い人じゃないからね私は。
でも人に頼むにしても・・・どーやって探せばいいのか。なかなか骨が折れる。


2月3日

職場にあるEOS 5D Mark4と私個人所有のEOS 5D Mark4。
両方で同じような写真を撮るも、仕上がりが全然違う。私のEOS 5D Mark4が遥かに上。
多少設定を変えてはいるけれど中身は全く同じカメラなのに、なぜか。

愛か。


2月4日

この1年ほど、ハイスペックコンデジの動きが鈍かったのは
2/1の関税撤廃を待っていたのだと思いたい。
動画記録上限29分制限の無いカメラが続々と出る!・・・・はず。
(もちろん熱問題をクリアできる技術のあるメーカーに限られるでしょうけど)


2月10日

出来る事なら、わたしも撮るだけに専念して あとの工程はデザイナーやレタッチャーにお任せできる立場になりたかった。


2月11日

自分を出すことを恐れちゃダメなんだなぁ。


2月12日
DzMmdvHVYAA_h5A.jpg

HARAHETTA


2月13日

ここに来て、EF 17‐40mm F4 L USMが大活躍したでゴザル


2月13日
DzWqEIRUYAAZZnX.jpg

新しいPhotoShop CCアップデート。
解像感アップという目玉(?)機能はWin10からしか適応されない(mac版のOSは知らない)

あかんのか。もうウチのWin7さんはアカンって事なんか?
今のPC買うときもすでに8.1が主流の中、無理して7の捜して買ったくらい好きだったんだけどなぁ・・・

まぁ、会社では10使ってるから 使えないことは無いんですけどね。 突然のシャットダウンもあることだし、
これを機にいい加減諦めないとか・・・。

CAMERAMAN netへ

 

ログ 2019/01_2

1月16日

今は一眼レフマウントレンズをミラーレスカメラを取り付けるアダプターばかりだけど、
今後ミラーレスマウントレンズを一眼レフカメラに取り付けるアダプターが出ると予想する。
メーカーさん、サードパーティーがやる前に純正で是非ともお願いするであります!


1月17日

やっぱり下手でも撮らなきゃダメだ。
撮れば上手くなるわけでは無いけれど
撮らなきゃどんどん下手になるし
下手になっていくことを実感できないまま取り返しが付かないところまで行ってしまう。
やっぱり撮らなきゃダメなのだ。


1月20日
DxWU9w4U8AESydC.jpg

DxWU9aFU0AEm4AS.jpg

遠くに見えるのは新宿の街並み。


1月20日

今欲しいカメラはキヤノンのEOS KissMやパナのGX7 Mk3といった手軽に遊べて高性能! な入門機クラス。出来ないことも多いけれど出来る事は高級機以上だったりするのが面白いのですよ。

っていうか、最低20万から40万、50万といったボディやレンズに疲れた。そんなんホイホイ買えるかぃ!


1月25日

現像中。
「色をいじらず忠実に。実際の光景と同じように」って思いながら調整するも、何か違う。「うまくいった」と思っても後で見直したら、うーん・・・・・・。

ひょっとして私が見ている世界と現実の世界は違うのか?パラレル?パラレルなの??


1月25日

DPP.4が苦手な質感→Capture Oneが得意
Capture Oneが苦手な明暗→adobe RAWが得意
adobe RAWが苦手な色合→DPP.4が得意
なので全部で比較しながらでないと上手く現像できない。時間3倍かかる。
しかもどのソフトでもそこからPhotoShopに送るからさらにかかる。辛い。

どれか一つしか持っていなかったら、きっとそれで全て何とかしちゃう(気づかない)んだろーけど 知ってしまったからはなぁ・・・

ちなみに、これはEOS 5D Mk4で撮影したデータの場合で、α7Ⅲで撮影したデータの現像はCapture OneとadobeRAWの二択となりImaging Edgeは加わらない。 理由は上記3つのソフトと並べるクオリティにないから。ソフトウェアの更新は急務ですぞSonyさん!


1月26日

また写真集を買った。今年(今月)何冊目だ。
今回のは私が撮る・撮りたい作風ではなかったけれど、現代の『女性タレントを起用した写真集』として満点の一冊でした。
モデルと撮影者の実力に有能なスタッフ・シチュエーションを加え、 しっかりとお金を使えばこんな凄い物が出来るんだぞ、という良例


1月26日
Dx0YerZUcAAPYxu.jpg

長年愛用のカメラキャリーバッグがそろそろ限界。
安くて使い勝手良かったのでまた同じの買うか。

もしくは、カメラキャリーと言いつつ入れているのは照明機材なので 通常の旅行キャリーの方がいいか?

からの

同じの売ってないやん・・・


1月26日

なんでラブホってあんな乾燥してるんだろ。
もったいないけどお湯シャワー出しっぱにしときたい気分


1月26日

α7ⅢにMC-11着けて撮影。
EF 24-70mm f2.8より、
EF 17-40mm f4の方が反応良かった。

F4レンズってこういうとこあるよなー。


1月31日

ここ最近、部屋内のAV機器を全てTV端末に統一しているラブホが多い。 これだとTVの画面切って音楽だけ流す、といった事が出来ない。(一部出来る所もあるが)
撮影時はよけいな光は入れたくないのでTV画面は論外。しかし無音というのも・・・

また撮影時に必要な撮影以外の荷物が増えるなぁ。


1月31日

先週、超久しぶり(何年かぶり)に電車で撮影に向かった。
ラッシュピークでこそなかったものの混み合った電車内、駅、距離の移動はかなり厳しい。持って行ける荷物にも限界があるしね。

帰宅後、車で少し走った。ウチのオンボロ車でもやはり快適値は別次元。
もはや車は撮影機材と言えるな。


1月27日

例えどれだけ人気があろうと 多くに人に認められていようと
どーしても成れない、好きになれない、受入れがたいものってある。
だから、今、ここで打ち明けたい

私は
おでんの具の中で
大根が一番きーらーーいーーーーー!!!!

CAMERAMAN netへ

 

ログ 2019/01_1

いつまで『それでは皆様、良いお年を!!』のままでいる気でしょうか。
気がつくともう節分。バレンタインも間近・・・暦の上では春ですよー

Dv0FuVHV4AAdC4o.jpg


2019年1月1日
あけおめ
良い年になれ! 特に私にとって良い年に!



カメラさんの2019年1月1日は
いつもより遅め出勤&早め退社でお仕事。
「1/1に出費すると1年金運が下がる」と聞くも1日出費無しは厳しいので、初詣までと独自ルール設定。昼食購入せず出社したらおにぎりを頂く。幸先良し。
新年早々忙しいが、さくっとお仕事を終わらせる。

退社後隣駅の有名神社へ初詣に。到着が遅い時間であまりのんびりは出来なかったけれど、おかげでほぼ並ばず参拝ができた。幸先良し。 お賽銭で出費解禁。中二病感覚で破魔矢購入、魔を払え!。 
っていうかいい加減運気上がってくれないとこのまま寿命が尽きるんじゃないかと心配になる。

いつもの駅、いつもの本屋へ。
以前からちょっと気になっていた写真集を発見。Amazonレビューの評価低めだったのでダメモトで購入してみたが、 久々に「自分には撮れない・・・でもこういう写真が撮りたい!!」と想える素晴らしい内容で大満足。
初の「買い物」が大当たりで幸先良し。 寿司食べて帰宅。

今日はもう何もしないぞー、とのんびり風呂入ってまったりネットしてコザクラさんと遊びFGOしながら寝落ちた。
初夢はちゃんとは覚えていないけれど昨年のような悪夢でなかった事は確かなので幸先良し。
2日3日はお休み。でも4日からまた忙しくなるのでしっかり休むとする。

こんな年明けでした。まる


1月2日
正直、Twitter用にpngにしたり、インスタ用にバストトップ消したり、Fantia用にモザイクかけたりが超絶面倒なので できればサイトのみで完結したいのだけど そうも行かないのがSAGA!さーがー・・・・なのです。
解禁が一番理想だけど、それが無理ならせめてレギュレーション統一してくれないかなぁ


1月4日
今年最初に購入した大当り写真集。
モデルの他の作品が気になったので今度は別撮影者の(世の評価はかなり良い)写真集を購入した。が、やはりダメ。
モデルは抜群だけど、ただそれだけの平凡な一冊だった。
あらためて、"写真"は撮影者・被写体・場所・スタッフの共同作品であると感じる。


1月5日
Capture One Pro 12お試し期間修了。
自身のBLOG見てみると、ちょうど1年ごとに更新されている事に気づく。
アップグレードで2万円以下とはいえ1年毎と考えるとPhotoShop CCユーザーとしてはお高く感じますね。
(いや、PSにLRやBridge付いて月1,000円のフォトグラフィプランが安すぎるのか)

Bridge(Adobe RAW)やDPP.4と併用なのでそこまで頻度が高いわけでは無いけれど、私の好きなアンダーな現像にはやっぱり欠かせないCapture One Pro。
まぁ、今回も更新するか。しゃーなしやな。


1月6日
なんで私が撮ると色・・・質感・・・雰囲気が・・・・・なのかね。
同じ機材、同じ現像でこうも違う。
本当にわけが解らないのよ。


1月7日
最近、モデル希望・グラビア撮影依頼に迫る勢いで、「奥様・彼女さんの過激な撮影(またはお二人の逢瀬の撮影)」問い合わせ・依頼が増えています。
とても嬉しいことなのですが、ひとつ気になるのは依頼者さんのほとんどが「男性」であり、主な被写体となる様・彼女さんの声が聞こえないこと。

メールのやり取りが依頼者の男性である事は理解できますが、メール本文や事前の打ち合わせ含め撮影当日まで女性の賛同を確認できないというのは問題。
心情や趣向はさておき、当方としては女性側も納得の上で撮影を楽しんでいただけないご依頼はお断りせざるを得ません。

幸い、現時点ではまだ一方が未承諾な方との撮影はなく(メール段階で途絶えるかお断りしている)、写真にも満足いただけているようなのですが・・・これからご以来頂く方、ご依頼のために計画を練っている方は まず女性の同意を得たうえでのご連絡をお願いしたく思います。

恐らく私は他の撮影者さんたちに比べ、撮影開始までのプロセスは多い&長いほうだと思います。
中には「こういうのは勢いだから、まどろっこしいの抜きにしてすぐお願いしたい」って人もいるでしょう。
それでも、ヌードというセクシャルな内容を主として活動するためには必須事項と自負しております。

何卒、宜しくお願い致します。


1月8日

またもや、一般市場・雑誌関連でのヌード・グラビア規制強化の話。

実写ヌードは遅かれ早かれ全てが規制対象になるのか。

ネット社会になれば"R18" "性器規制"なんて無くなると思っていたのに、まさかこういう形で"存在事態が無くなる"とは。さすがに予想の範疇を越えてたよ。

これまでも、何度も何度も何度も不条理な"公序良俗に配慮した自主規制"に活動を邪魔されてきた。

「じゃあヌード以外でもいいじゃないか、下着や水着でも問題ないだろ」 って誰かが囁く。

実際、今も撮影自体はヌードに限らない。下着でも表現は変わらない。
でも "今日はヌード撮らない" と、 "今後ヌードは撮影も公開も出来ない" とではまるで違う。
私にとっては ヌードでなければ写真を撮る意味なんて無いのだ。


1月9日
明日は月末撮影の打ち合わせ。
来週も打ち合わせ。再来週は撮影と打ち合わせと撮影。
その次は明日打ち合わせの撮影。2月も撮影予定。
通常業務以外でこれだけ忙しく撮影があるのは嬉しい反面、試行錯誤の時間が取れないのが痛い。
来週は打ち合わせのみだから、模索撮影したいな・・・


1月10日
Dwi4B0tUUAArEOF.jpg
はー、寒かった。
やっぱり車はありがてぇなぁ


1月16日

今は一眼レフマウントレンズをミラーレスカメラを取り付けるアダプターばかりだけど、
今後ミラーレスマウントレンズを一眼レフカメラに取り付けるアダプターが出ると予想する。
メーカーさん、サードパーティーがやる前に純正で是非ともお願いするであります!


CAMERAMAN netへ

 




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
08  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png