2017年07月-ヌード撮影ノススメ 2017年07月 - ヌード撮影ノススメ

ヌード撮影ノススメ

 



ログ 2017/7-3 (+α)


DFFeFETVoAALJMa.jpg
DFJv168UMAQeE69.jpg
DFJv4XjVYAAocpZ.jpg
新宿で開催されている「荒木経惟個展・写狂人A」を見に行きました。
大阪にいた頃は「イベントだの個展だのって全部東京でしかやらないの悔しい!行けない!!」
って言っていたけど、いざ東京に来てからは
「東京人多い遠い暑い(寒い)めんどくさい」←結局行かない で、ちょっと反省しております。

さて。写真展はいつもの(?)荒木調で 相変わらず独自の世界観をかもし出していました。
氏の写真はいわゆる『テクニック』を用いたものではなく、個人が経験し、見、感じた世界を『写真』で表現している物だと感じています。 例え技術を100%コピーできたとしても、その人はこの世に1人だけだから他人では絶対再現できない・・・独特な世界。

今回強く感銘を受けたのはその展示方法。会場内写真撮影OKでしたが、掲載は最低限にします。なぜなら写真で見たり作品を写真集で眺めたりでは感じるものが全く異なるんじゃないか そう思えるほど見事なものでした。
「展示もまた作品」なんですね。



DFFdjAKUIAALwsE.jpg
恵比寿ガーデンプレイス・東京都写真美術館で開催されている「2016世界報道写真展」も見に行きました。
こちらは毎年足を運んでいる展示会で、東京都写真美術館がリニューアルされてからだと2回目です。
世界の報道ということもあって、内容の多くに「IS」「難民」「フィリピン」が取り上げられていました。日本では表面上をさらっと報道される程度なのが怖いですね・・・。

と、内容はさておき。『写真展」としてみた場合、正直今回は「最低」だったと言わざるを得ません。写真の配置レイアウトした人は自分で展示を見て周ったのでしょうか?実際に足を運んですらいないのではないか。机上でささっと決めたか、殆ど人のいない状態で長し見しただけではないだろうか。

詳細は避けますが・・・アレなら会場に行く意味は無かったと思います。カタログを見た方がよっぽど内容を理解できたかと。
猛省してもらい。



7月15日
実家は各停しか止まらない駅で それが不便でたまらなかったけど
今は特急が止まる駅なのにわざわざ各停で帰っている。

満員・立ちっぱの8分より
ゆったり座れる20分の方がいいのだ。


7月16日
DE1Vm9jUwAAjLnb.jpg
イケブクロー
チョウアツイー


7月16日
DE2IqdFUIAA57zU.jpg
季節はずれ?いやいや、なかなかに立派な秋刀魚です。
昔居酒屋でバイトしていたとき。次第に焼け、目玉が白くなってゆく秋刀魚の姿がどうにも恐ろしく そっとアルミホイルで顔を隠しながら焼いた思い出。(なので私の焼く秋刀魚は頭だけボイル焼き状態だった)


7月16日
DE2j_gjVYAAVoGn.jpg
これは良いものだ・・・!


↑背景に使っていたカレンダーのイラストが本にも収録されていたけれど、結構色味が違っていたりする。
他にも所有している別の本掲載作も見比べると微妙に違う。
印刷するとこのギャップはどうしようもないんだろうケド、写真だと余計気になる。


ここが、印刷に出すのを躊躇うトコロなのです。
例えインクジェットでもしっかり一枚一枚手で印刷したい理由がまさにそれ。


7月16日
その昔、「モーターサイクルショー」に行くのが毎年の楽しみで。行くたび次は何を買おうかとワクワクした。でも次第に業界全体の元気がなくなるにつれ私の興味も薄れていった。
今。カメラ業界は元気衰退。CP+等に行っても全く興味がわかない。これは非常に危険な傾向だ。


「バイクの良さは車両を買うことじゃなくどう走るか、どこへ行くかだろ。」
「カメラは何をとるかで機材集めが目的じゃないだろ」ですって?
いやいや、そういうことを言ってるんじゃぁ無いんです。
業界を取り巻く"状況"の空気が「イベント」には現れる。それはユーザーに確実に伝わるって話ですよ


7月17日
DE7-8B7VoAAuOsL.jpg
カツドゥーン!
(嘘ですトンカツ定食です。)


7月18日
DE_x8zPUAAA_JEg.jpg
雷と風と雨。まるで嵐のよう。
今日が車で行ける撮影で助かった・・・(しかしロケは出来そうにない)



DFJwEz9UQAAN7zS.jpg
部屋の中は快適でした。やっぱり撮影は室内に限りますな。


7月20日
SNS上にて、某モデルさんの発言で見過ごせない物があり一言書こうかと思ったが
書いたところで相手には伝わらないし伝わったところで迷惑なだけだし迷惑でなくとも考えは変わらないだろうし変わっても世の流れに影響はないし世の流れに影響しても私の写真には全く関係ないと気付き、書くのやめた。これでいいのだ


7月21日
撮影業務でこれまで頑なに拒否してきたジャンルを 経験せねばならないやも知れない・・・
はー、大丈夫だろうか・・・


7月21日
「ろじっくぱらだいす」のわたなべさんや、「絵日記でもかいてみようか」のゆみぞうさんとか見ていると
継続は力 否、『継続の力!!』を感じずにはいられない。
目新しさ派手さにや逃げず、ただ黙々と続けることで生じる力のなんと素晴らしいことか。


7月23日
「ISO invariance」・・・あー、確かにこの差はかなりある・・・ 暗いシチュエーションでの撮影が多いと特に感じる部分。以前はRAWの明るさ補正でも1以上はPSでフォロー必須だったのに、今は全く遜色ない。こういう『カタログスペック』にない部分もしっかり進化しているのは凄い


7月23日
他の人の撮影を見ると、
「何でこんな設定で撮ってるの?おかしくない?あれ、何この結果。えぇー知らなかったぁぁぁぁ!!」ってのが結構ある。
特にデジタルでは、exifから読み取れる技術的な面や外観からは知ることの出来ない『カメラ設定の裏技』が重要な事も多くて。
何事も勉強ですなー。



CAMERAMAN netへ

 

ログ 2017/7-2

7月7日
DEI6b-fUAAAVbVz.png
nudity(http://camerasan.com ) 掲載より。
カメラさんの場合。
個人的な撮影では 全行程の70%が『ラブホのベッドの上』で行われます。


7月10日
DEYF0wTUIAUFHAB.jpg
撮影終了。つかれました。


7月12日
インスタでずっと英文コメントくれていた方からメッセージ申請が届いたので許可したら、関西弁丸出しの応援メッセージで腰ぬかした。
その人のインスタアカウントもリンクされているHPも全部英語なのに・・・
実は関西阪在住なのか。もしくは方言対応翻訳ソフトでも使用されているのか??


7月12日
インスタで最近フォローしてくれた方、過去掲載写真をさかのぼって「いいね」くれていて「嬉しいなぁ、どんな人なのかなぁ」とアカウント見に行ったら非公開になっていた。
自分から色々な人に触れるのは大好きだけど、自分が知らない人から触れられるのは苦手なんだね。解る。スゲー解るよ!!


7月13日
ファミマまで売っている焼き鳥が何気に美味なんだけど、"かわ"の脂っこさがちょっと胃にもたれるんだよね。なら"もも"だけ買えば良いんだけど、かわもちょっと食べたいから、もも3かわ1の割合で刺して売ってくれな
「両方買って交互に食べなさい」
「はい」


7月10日
おばちゃんのヒスの相手辛い。
モデルさんならまだ我慢できるが、役員のヒスは救いようがないから・・・
早く今日終われ。


7月13日
「考えさせてください」と
「もう少し考えさせてください」は意味違うよね。
間違えたなぁ・・・・。


7月14日
このBLOGをはじめた頃、毎日のように見ていた多くのヌード・アダルトBLOG・HPで 今も活動されている所ってほとんど無いんですよね。ここ2年以内にスタートしたサイトさんでも、積極的に活動されている所って10%無いんじゃないかと


まぁ実際のところ私のサイトがそれですし、ヌード・アダルトに限らず手軽なSNSの更新が主流となっている感はあります。 ・・・ただ、「ヌード・アダルト系だからこそ続けられない・続かない」って部分もあると思うのです。 それは運営者の内情だけでない外部要素として。


7月14日
そこで、「ヌード・アダルト系サイトを長く、安全に継続閲覧するために必要な事や注意すべきこと」に関して 今現在ヌード・アダルト系サイトを更新されている方や、過去にやっていたけど辞めてしまった方たちからお話を聞けたらなー なんて考えている。


ちなみに。 (ちょっと話は違う上に個人BLOGやHPとは異なる大手アダルトサイトを例とするのは恐縮ですけど)  私個人としてはずーーーーーーっと以前から「X-ART」が理想であり目標だったりします。 写真のクオリティや内容はもとより運営スタイル等も、本当に憧れです。


「日本版X-ARTを作らさせてやろう、支援しちゃる!」 って石油王が突然現れたりしないかなぁ・・・ 石油王じゃないけど現実的なアドバイスできるよ、という方も何卒ご連絡の程、お願い致します。


7月14日
何の気なしに使用してみた「Adobe Bridge CC」が超便利。
PSD等のAdobeフォーマットだけでなく、動画ファイルやRAWデータまでその場で高画質プレビューできるしPhotoShopへの連携も早い。マイナスといえばソフト自体がちょっと重いくらいか。


私はレイアウトをCapture One Proと同じ形に構成しなおして使っています。


CAMERAMAN netへ

 

ログ 2017/7-1

7月2日
久々にセブンイレブンの「いつものコーヒー」を買ってきた。
これを規定の2倍濃く作り、3倍牛乳入れるのがカメラさん風レシピ。


7月4日
DD4YexeVYAAuNC_.jpg
仕事上がりに神保町画廊、大塚咲さんの個展に。
昨年の 壁一面を飾る迫力の展示も良かったですが、今年のシンプルでいてメッセージ性の高い展示もまた素晴らしかった。
そして実際にお話しさせていただいた大塚さんは 『可愛らしい美人さん』 という、なんとも魅力的な方でした。至福。


大塚咲さんといえば、サイト『HOTEL B』を楽しみにしていたのでそのお話しも。かなり「わかる~」って内容でした。
で、そのときの表情や話し方なんかがまた可愛・・・(いかん、語彙力が低下してきた。美人に会うとすぐこれである。)


7月3日
DDz9Ej0VwAEscwg.jpg
焼き魚に味噌汁にひじき・・・
子供の頃なら完全に「はずれ」なメニューなのに
今では何よりのご馳走。不思議。


7月4日
本日の撮影は2件。どちらも私服から、だんだん下着姿にはだけてゆく姿を撮影。
連続で撮影すると、自身の引き出し(ポーズとかライティングとか)の少なさに改めて気づかされます。
普段からもっと予習しておかなきゃダメだ。帰りにエロ本買いにいこう。。。


7月4日
「これから毎日、ちょっとした撮影からがっつり長時間ロケまで付き合ってくれるモデルさんを募集したい。」
「それは恋人・・・でも無理だろ。可能性があるとしたら嫁さんくらいか」
「そうか。なら、諦めよう」(嫁さん探すという選択肢は無い)


7月4日
今日の撮影で初めて DPRAWを試してみた。
たしかにマイクロアジャストを後から調整できると考えると凄い機能だし5D Mark4の画質が全体的にUPしたのはこれ用のエンジンを積んでいるからかもだけど、
白背景で人物1人全身画像で70M超えはちょっと辛い・・・(いや、動画とかと比較したら全然ですけどね。


7月4日
あの。『Capture One』のシャープネス(質感)調整がまた変わって、人物用途には最悪じゃないの?ってくらい荒れちゃった気がするのは私だけでしょうか?
シャープネスゼロにしてクラリティ下げてもLRやDPPよりザラザラべったりなんですが・・・どした?


Capture OneとLightroomとDPP.4と 3つ同時に起動比較して悩んでいたらもうこんな時間。
だんだん3ソフトどれを使っても同じ結果が出せるようになってきたけどこれ意味あるか・・・??


3つの中で一番使用されているのは間違いなくLightroomなんだろうケド、それならPhotoShopのCameraRAWから出した方が仕上がりも早いし、結果も好み。
どうもデフォルトの設定が私の好みじゃないというか、合わないんだよなぁ・・・(設定いじるのも他より時間かかるし


Capture Oneは記載したように前回更新でまたパラメーターが変わった様子。
シャープさと色の境界がより誇張されてしまった。Capture Oneでエゴサしてみると人物意外か、肌の質感殺しちゃってる作例ばかりなので気付いていない人多いかもですが…
仕上げ好みだったのになぁ。


DPP.4は使えば使うほど「実はかなり優秀!?」 と思わせてくれるソフトだけど、色の調整幅の広さとクリックWBから色温度にダイレクトに繋がらないのが痛い。
また64bit版でもデュアルピクセルRAW搭載などでエンジンが追い付かなくなってきている いい加減、上位有料版出してくださいよ


DPP.4は色調範囲が広い一方、トーンカーブの使い勝手が凄くいいので長年編集ソフト使ってトーンカーブ操作に慣れている人はそっち使うと良いかも。
Capture Oneはトーンカーブダメダメだけどレベル調整とカラーバランスが秀逸。


7月6日
PCにまだ不馴れな頃。
解ってしまえば至極簡単な、1クリックで解決する問題に何日も悩んだ経験が誰にもあると思うけど
撮影設定やライティングでも同じような事、ありますよね。あるよ。あったよ!
ぁあーーー、数ヵ月も悩んでいた事が今日一瞬で解決したわ、あぁーーー俺のあほぉーーー!!


7月6日
失敗したら失敗の原因を突き止め、そこに人がいるなら助言を仰ぎ、次の糧としなくてはならない。そうしないといつまでも同じ失敗を繰り返すことになる。
ただ、知ったところでどうしようもない理由というのもあって・・・
えてしてそれは「聞いても無駄」「むしろ聞かなきゃよかった」な内容なので死


7月7日
ひさかたぶりのプラベ撮影より帰宅。
つい撮りすぎちゃうのはモデルさんの魅力か、私の計画性の無さか。
この撮影だけでご飯が食べられるようになるにはどうしたらいいだろう?教えてエロい人!


以前TVか何かで。 体重が200キロ近くあって何処にも雇って貰えず絶望していた女性がマニアな彼氏と出会い、彼は彼女の写真で専門サイトを作成。以来彼女はサイト収入だけで十分な生活をしているってのを見た。
番組テーマはオンリーワンやアイデア、webの可能性って話だったけれど、一番の幸運は理解者と出会えた事なんだよな。

CAMERAMAN netへ

 




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png