2017年05月-ヌード撮影ノススメ 2017年05月 - ヌード撮影ノススメ

ヌード撮影ノススメ

 



ログ 2017/5-4

5月23日
DAfXcALXgAAWP_q.jpg
撮影を開始する。


5月20日
フリーランスで仕事の融通がかなり利く状況の私ですが、個人製作や副業、業務の新規開拓などが全くできないまま月日を浪費するばかり。
みんなこれを正社員や学生やりながらやってるの?本当に??


5月20日
体がだるい時や疲れている時は、下手な滋養強壮系ドリンク飲むより
牛乳(ホットでもアイスでも)が一番身体に染みます。ちょっと砂糖入れたりするとなお良し。
そういえば学校給食以来、もう何年・何十年も「牛乳だけ」って飲んでないなー という方は是非お試しアレ。
すっげー美味ですから。牛乳。


5月23日
『報・連・相』というのは本来、「社員や末端社員であっても容易に報告・連絡・相談が行える風通しの良い職場環境をつくれ」という管理職に対する格言が元であり 管理職が他人を叱責するための道具ではない。
が、これを理解していない人ほど『報・連・相が大事』と要求・強制する。


そりゃそんなんじゃ報告連絡相談 “してもらえなくて” 当然。
それでいて「あいつらはわかっていない」となる。これは職業年齢性別問わず。


なので自分だけはそういう勘違いを部下や社員に対し強制すまい・・・と思っているが
そもそも個人運営の私には対象となる者がいなかった。どっとはらい。 


5月23日
人物写真なら、スタジオ指定のセッティングで撮るより
私のテキトーなボックス+バウンスライティングの方が10倍綺麗に撮れるって思うけど・・・
教えてあげないよ、(じゃん。)


5月24日
理由あって過去データを見直していて思ったけれど、
EOS 2桁Dは20D、40Dで。5DはMk2、Mk4でかなり大きく画質が上がっている。特に40Dでの変化が目に見えて大きい。(70、80Dは未所有なのでそこの変化はわからず)
ボディ進化と画質進化を交互に繰り返しているのかな


5Dはmk2で一旦完成。Mk3でちょっと迷って、Mk4で突き抜けた感。 Mk4は40D同様かなり変わったけれど、同時に癖も出ているのが面白いです。 2016年はカメラメーカー全体で見ても大きな節目で 各メーカーが『自社路線』を定めた年だったのかもですね。(某社除く)


5月25日
今日は一日中、たくさんの可愛い娘や面白い題材を撮影できで大満足・・・といいたい所だが、仕事用撮影は私の意図する物とは程遠く
良い被写体であればあるほど、「こうじゃない・・・こんなんじゃないんだ・・・!!」とフラストレーションがたまるばかり。


例えるなら 最高の素材を前にしながら、その全てをハバネロやキムチ漬けにしろと強制されているかのよう。
だいなし。だいなしだよアンタ・・・


5月25日
なんてことをぼやきながらの
独り鳥貴族。
DArS_EvXcAAGvff.jpg


5月26日
24-70mm F2.8 L2を購入してから予想以上の仕上がりに仕事でプライベートで大活躍だけど、撮影データを確認して、
ズームレンズを使用することでできる「油断」「隙」(みたいなもの)が写真に出ていると気付く。
特にヌードではそれが顕著に見える。いかん。やはり単焦点派に戻ろう。


これは器材のせいではなく私の心情的なものなので、ズームがダメって話ではないです。というかヌード以外では24-70mm絶好調なので、私の撮り方(?)が特殊なんだろうと。 この辺は自分でもまだ上手く制御できていないので言葉にするのは難しいのですケド。


あと、屋外撮影がかなりヘタクソになっているので練習したい。 ファッションサイトの撮影で毎週道頓堀・アメ村周辺で撮影していた頃や、都内のデートスポットでピックアップグラビア撮っていた頃のセンスを取り戻さないと、ちょっと不味い。 晴天時の屋外って本当に苦手になっちゃったなぁ・・・。


5月26日
DPPのピクチャースタイル設定。実装されてから「ディテール重視」を使用してきましたが、色々現像してみた結果、「オート」
又は 屋外/自然光なら「P-SNAPSHOT」。室内/人口光なら「P-STUDIO」。から各設定を合わせた方が良い結果になる結論。
(これも好みの見解です)


5月28日
24mmから135mmまででいいので、Lレンズ全部買って下さい。誰か。


28mmと40mm、60mmのLレンズも出してくださいキヤノンさん。
なんなら非LでもいいのでF2.0くらいで・・・ 特に28mmが欲しい。
24mm、35mmと28mmは全然違うのです。。。


28mmはもう妥協して非LのF2.8 ISでもいいかな・・・いや、だめだ。単焦点ならF値はもーちょっと明るく・・・2.0は欲しい。
開放信者ではないので常用値は2.8~4だが、いざというとき(?)に2.8より開いて撮れないのはちょっと物足りない。


そういえばGX7 MK2の後継機は出ないのかな。 G8→GF9→GHと一応3ヶ月間隔で新型を出してはいるけれど・・・
GX7 MK3は早くても(出たとしても)秋以降になりそう。


CAMERAMAN netへ

 

ログ 2017/5-3

5月19日
DAKpbW7UIAAJSbk.jpg
こわい。
獣の槍が必要な怖さ。


5月16日
以前購入した新しい照明器材をようやくテスト。
予想以上にフラットな光で残念ながら私の好みの結果にはいたらなかったが、通常業務では意外と使える種類のライティングかもなので
もーちょっと色々試してみよう。


今のところ一番理想に近く、また撮影環境に左右されないのはブラックボックス状態にしてからのモノブロック+ソフトボックスとクリップオンを使用した定番のライティング。お仕事用撮影には向かない場面もあるので個人撮影での使用が主です。


以前はバウンスオンリーだったのですが・・・でもその時に得た経験がクリップオンを受けとして使うコツにもなっているので無駄ではいか。 あとは・・・あれだな。「お風呂ボックス」からの「ガラス越しライティング」。
あれは(ストロボ撮影では)最強伝説。


なんだかこうやってまとめてみると、私の基本ライティングって完全にラブホ仕様ですね。どうしてこうなった。
そりゃスタジオ経営に惹かれないわけだわ。


5月16日
せっかく新しいライティングのコツをつかみ掛けているのに、また次の撮影まで時間を空けてそれを逃してしまいそうで焦る。
でも今ちょっと金銭的にヤバイので撮影の予定がなかなか入れられないのです・・・あぁ、惜しい!このタイミングを逃したくないのに・・・!!!
托鉢でもしようかしら。


5月17日
本日は某会社さんでの商品撮影。いつも行くたびに通るのですが、その会社近くには立派な写真館があるのです。
きっと出張撮影もやっているだろうし、本当なら近いそこに依頼する方が何かと便利なはず。
なのにわざわざ出張費までかけ、もう何年もずっと私に依頼頂けている。
本当にありがたいことです。


5月17日
未現像データを確認する。
なんだか日によって凄く良く見えたり全然ダメに見えたりと差が激しい。 精神的なものだと思ってはいるが・・・ひょっとしてCapture One、調整が反映したりしなかったりしてない?
なんか変。変よー??


5月18日
本日の撮影終了。
ファッションモデルを夢見て事務所入りした女の子のプロフィール撮影で、スタイルがモデル向きじゃないのがコンプレックスと話してくれたのが印象的でした。ファッションモデル向きかどうかはわからないけど、20才身長175センチバストFカップは大迫力だったよ。


その娘と事務所マネージャーさんと3人で、「水原希子の魅力について」を熱弁しあった時間がとても楽しかったです。


5月18日
SNS等でよく目にするモデル・撮影者募集の書き込みを見て思うこと。

「作品撮り」「趣味の活動」という言葉を、
撮影料・モデル料踏み倒す方便にしないでもらえるかな?





CAMERAMAN netへ

 

ログ 2017/5-2

5月9日
Capture One Pro 10.1 の新機能『カラーホイールをベクトルスコープ方向に設定』。 文字で見たときはピンと来なかったのですが、いざ使ってみると「なるほどね」となるので動画編集ソフト等と併用の方は試してみる価値ありですよ。 編集→環境設定→カラーで変更可能です。
C_W7ZrHV0AAG_b0.jpgC_W7ailVYAAt0c-.jpg


EDIUS Proはベクトルスコープ方向なのですが、同じく併用しているRAW現像ソフトのDPP4が元の標準設定と同じなので、私はこれまでどうり標準設定。静止画と動画で意識を変える方法で行きます。 EDIUS(動画)では静止画ほど色変えないしなー


あとカラーバランスでも『プリセット』が選択・保存できるようになったのが地味にありがたい。( 『スタイルとプリセット』は色々弄り過ぎで、そこからの調整はかえって手間だったので)
カラーバランスに限らず『プリセット』って慣れてくると使わなくなる機能ですが、何かの拍子で修整迷子になった時にヒントくれたりするので有ると無いとでは大違い。
特に、「色々やってようやく仕上がったと思ったら撮影時設定のほうが良かった」みたいなことがよくある私には必須なのです。


5月12日
金・土・日と仕事が無いと思っていたから今日一日はゆっくりのんびり過ごしたのに、この時間になって急に明日早朝から深夜までお仕事が。
そうと解っていたら今日のウチにあれもこれもやっていたのに!
まぁ、お仕事いただける事自体は ありがたいんですけどね・・・


今頂いているお仕事のうち、WEB関連が40%。スタジオ関連が30%。個人依頼・その他が30%といったところ。私としては個人依頼の率がもーちょっと増えたらなーと思うも、営業やツテが利かない市場なので新規開拓・継続が難しい。


カメラマン派遣サイトに登録という手もあるけれど、それらのお仕事はジャンルが違うので出せるポートフォリオも少ないし色々と条件も合わない。ここいらで何か・・・大きな切っ掛けをつかまなくては。


5月12日
ヌード撮影セミナーに出演協力のお話さてもらった女優さん。気付いたら色々なところで活躍されていて もう声かけても無理かなー って気持ちになっている。
まだお会いしてから3ヶ月くらいしかたっていないのに・・・出てくる子はほっといてもすぐ出てくる って銀河の妖精も言っていたもんな。


5月12日
嬉しいことに撮影モデルには今も皆さんから定期的にお声を頂いています。 ウチの写真はいわゆる「フリーモデル」さんや「レイヤー」さんからはあまり好まれない(?)内容/条件だと思うのですが、それでも活動を理解してお問い合わせいただける方が沢山いること、本当にありがたく想います。


ただ現在はリハビリ期間中でして・・・色々とお待たせするばかりで申し訳ないです。
そのくせ良い衣装や着て欲しい下着等を見つけたら撮影予定が無くともつい買ってしまい、部屋が女物の衣装で溢れてくる。
そもそも撮影よりまず現像をしなくてはなんだけどそれが全く進まなくてねぇ・・・


CAMERAMAN netへ

 




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png