2017年03月-ヌード撮影ノススメ 2017年03月 - ヌード撮影ノススメ

ヌード撮影ノススメ

 



ログ 2017/3-3

3月14日

C63BxF9UwAE-cVc.jpg

曇り空の方が窓から入る光は優しくなる。晴天時より好き。



3月13日

C6yyMpmVoAAQ1Ic.jpg

Amazonにて酒購入。 専用の箱があるとは知らなんだ。



3月13日
ここ数日ずっと電子書籍関連のことを調べているけれど、独学だとやはり時間がかかる。
特に困るのはまだ新しいジャンルだけに規格やそれを取り巻く環境が常に更新されていて、少し前の情報は全くアテにならないこと。 だが、まわり道しながらでも進むしかないのである。


時間はかかるが、WEBで情報を得られる利点はとても大きい。一つ一つ本で調べ学んでいた時代を思うと雲泥の差だ。 便利で優秀で快適だけど、PCやネット無しではもう何も出来なくなっているのではなかろうか?



3月14日
「触れ合ったり写真撮ったりチェキを撮ったりしたいからDVDは3枚買うよ。観ないけど。←DVDがただのイベント参加券になっている状況」
これはROM販売やってみて実感した。数分の撮影券目当てで買う人はほとんどROM観てない。作る側としてはちょっと悲しい。


一般販売でも、イベント特典つきのDVD購入者には店舗が買取割り増し券とか付けてくるしね。 そういう売り方が一般化しているのかもだけど・・・なんだかなぁって。



3月15日
C683fCpWYAA_r6G.jpg
撮影まで1週間以上あるから余裕余裕♪
と思って注文した衣装。撮影日までに届かないってよ。
発送元を確認し忘れるとは、なんという不覚!
私としたことが・・・



3月15日
一般印刷に使っている染料プリンターのインクが切れたので この金欠時期に痛いなぁと思いつつも購入した。
が、注文ボタンを押した翌日に紙の取り込みがスムーズにできなくなった。何とか騙し騙し使ってはいるが・・・やっぱ新しいのに買い換えるべきだったかも。
選択肢が出ると必ず間違える人生。



3月18日
昨夜は何気に開いた某グラビアサイトで多くの写真を観て、自分の構図の甘さをつくづく実感した。
奇抜なアングルは必要ないが、ワンパターンすぎるのも問題だ。
明日は今月最後のプラベ撮影。その辺を意識しながら撮ってみようと思う。



3月18日
ライティングはもうずっとBOXライト。これはスポット的な光と柔らかな光面を両立させるには最適な照明だけど、撮る角度が限定される難点も。以前はアンブレラとバウンスだった。(今の撮り方には合わない)
撮りたい写真はある。でもそれを実現させるには何か革新が必要だ・・・うーん・・・悩む。


たぶん、解決に必要なのはごく単純な事だと思う。 知っている人ならボタン一つで治せてしまうけど知らない人は何日頑張っても解決できない、PCの設定変更みたいに単純な一手。


私の場合シャッター速度とISOはさほど大きく変えないから、あとは絞りと光量の問題。
と書くと簡単そうだけど 実際は光面とか角度とか距離とかもあるし、もっと他にも色々あってなんていうか撮影中はとにかく忙しいのです。



3月18日
明日は3月最後のプラベ撮影。 本当は月末にもう一件あったのですが延期になってしまったのでラスト撮影です。カンが鈍らないよう1週間~10日に一回は撮りたいところなのですが なかなか上手くいきませんね。


そのぶんしっかり色々撮らせてもらわないと。 (そしてたまりにたまっている未現像データも仕上げないと)、です。



3月19日
日曜の朝10時にどこも満室な新宿歌舞伎町のラブホテル街。



3月19日
前回の撮影は当初ストロボ発光とズームレンズで進めたが上手くいかず、途中から定常光と単焦点レンズに切り替えた。
今回の撮影は定常光と単焦点レンズで進めたが上手くいかず、途中からストロボ発光とズームレンズに切り替えた。
どちらも撮影環境が理由。 結局、両方出来ないとダメって事かやっぱり。



3月19日
昨日の撮影で一番びっくりだったのは、モデルさんが『 天ノ介の首輪』を持参したことでした。 何だろう、このナナカオ感・・・



3月19日

カードリーダーのピンを謝って曲げてしまい、CFカードが読み込めない状態に。
元々PCに備え付けていたカードリーダーでとりあえずはデータ移動できたけれど、これは速度が遅い緊急用だから 今日新宿で買うかなー。
またよけいな出費だけど仕方ないな。



3月20日
C7Z4t1tVAAAMGx2.jpg
(参加者のふぁんとむさんTwitterより。転載許可済みです)

仲良くしていただいている写真系ブロガー/アカウントさんたちとの飲み会に参加。
毎回、皆が常用・お気に入りのカメラを持参されるので 最後にカメラ集合写真を撮ることが恒例となっている。
・・・が、なぜか一人だけカメラではなくフィギュアでの参加を試みる私であった。(今回はダンボー&,ミニダンボー)

自称「カメラさん」なのになぁ・・・。


そして、これだけ多くのカメラが揃い 皆さん他にも沢山所有されているにもかかわらず
私も含め、こういうときに使用するのはほぼスマホである。(SNS用かんたん撮りだからではあるものの)



3月20日
対面した人から、当BLOGの記事読んでいましたとか知ってましたとか言われると
「なんだよーもっと早く言ってよーやだもーーっ!」ってなる。



3月21日
C7biCEYU8AAtnlA.jpg

先日破損してしまったカードリーダー。店頭で探すも見つからなかったので、結局ネット注文した。購入から到着までなんと8時間。 便利すぎてなんだか恐い。





CAMERAMAN netへ

 

ログ 2017/3-2

IMG_0091.jpg

Twitterに掲載するも、殆ど反応が無かったのでこちらにも掲載。
たまにこういった写真を撮るのもまた楽し、です。

3月7日
以前は、「撮影帰りに食事行くなら肉!もしくはケンタッキーみたいな高カロリーで味の濃い物‼」 だったのに
最近は「お魚食べたい・・・あと白菜の漬物とご飯・・・」ってなる。
これが歳を重ねるということか。



3月7日
撮影後。小さくてもいいので自社撮影スタジオがほしいなー なんて妄想してみたが 
よくよく考えてみたら、私の個人的な撮影に絶対必要なのは白ホリでも大型オパライトでもなく『キングサイズのベッド』であると気付き、 やっぱりいいやってなった。



今日の撮影は外光が全く入らない室内だったので、普段サブに使用するクリップオンストロボも無しの、全モノブロックストロボ撮影をしてみた。 シチュエーション変えるたびに調整に5分、10分と使ってしまいモデルさんにはご迷惑をかけてしまったが、その分納得のいく調整が出来たように思う


思えば最近は定番ライティングばかりで、上手くいかないときも力技で押し込んでいたように感じる。 もちろんササッと準備してサササッと撮るのは利点の一つだけど 個人撮影なんだからもっと悩んだり失敗したりして良かったのかも知れないな。


ライティングといえば。某氏の影響で昨今は「ブラックボックス」を作ってからの設定にはまっているが それだとかなり暗い環境でピンをあわせる必要があり 視力の衰えた私の目には少々キツイ場面が多々あった。 なんとかなっているのはカメラのAF機能が優秀だから、。しかしピン抜け等に気付けない場面も。


ブラックボックスを作るために実際も暗い環境にしなくちゃなのは、私が使用しているものブロックがシンクロ1/125までと古い規格のものなためで 昨今の新型ストロボなら何とかなると思う。けど、使い慣れた機材がやっぱりいいんですよねぇ。



もう一つ。 今撮影では『EF24-70mm F2.8L II USM』が大活躍。どの状況でも上々の結果でした。
解像度とかだけで言うなら他にもっと高性能なレンズがあるかもしれません。
しかし、もし「現在発売されているスームレンズの中で一番おっぱいを綺麗に撮ることができるのは?」と聞かれた際には 迷うこと無く 「コレです!!」 答える。そんなレンズです。


キヤノンとしては微妙な評価かもしれないけどね。そこは私に買われた時点で諦めて。


とはいえやっぱり画質面でも操作面でも使いたいのは単焦点。旧EF 35mm F1.4 Lを最も信頼し使用してきた私としては新35mmや85mmも欲しいのですが、いかんせんお高い。お高すぎる。
非L、試してみようかなぁ・・・でも周りに所有している人がいないので今ひとつ思い切れないの・・・。



3月8日
某社から出ている「一般投稿者のRAWデータをプロが編集しなおしてみた本」。本屋で見てみたけれど、
プロ編集のお手本である「After」が素人編集の「before」の良い所を壊しまくっている内容だったのでそっと棚に戻した。
わかりやすいように誇張編集したのだとは思うが、あれはいかん



3月8日
近づきすぎちゃダメ
近づきすぎちゃダメ
いくらモデルさんのお尻が桃のように張りと艶のあるいいお尻だからと言って近づきすぎちゃ・・・

いや無理も無い



3月10日
本来であれば最低2時間は前に到着し、良い部屋を押さえ、準備万端でお迎えするくらいじゃないとダメなんだけどなぁ・・・。
いっつもぎりぎりになるよなぁ・・・・・・。



3月10日
写真印刷用の顔料プリンターと、一般印刷用の染料プリンター。
両方のインク一式買う値段で最新のA4複合機が買えちゃう。
インクが高すぎるのか
プリンター本体が安すぎるのか



3月11日
先日の、暗い室内撮影でファインダーが見えづらかった件。
昨日の一般照明下(若干暗め)撮影でも今ひとつはっきり見えなかった。
さすがに違和感を感じたので、5D Mark4の視度調整ダイヤルをいじってみたら・・・mark3までと位置が違っていた(続


これまではどのカメラでも視度調整ダイヤルがある場合は目いっぱいマイナス側にして、仕事カメラでもある5Dはより繊細に見えるよう『-3』の補正レンズを付けていたのだけれど Mark4はそれだとちょっとマイナスすぎた様子。つまりMark3までより補正可能な範囲が広いんですね。


マイナス側最大にしたMark4なら、補正レンズは-2か-1でよさそう。確か古い-2のがどこかにあったはずなのだけど。



3月11日
コレまで私の作業工程には関係が無いと思っていた処理がひょっとしたら有効な手順なのではないかと気付き試してみた。確かに違いは出るがそれがプラスなのかマイナスなのかがわからない。
どこか事務所でもサークルでもいいからガッツり作業見学させてくれる所無いかなぁ・・・・


まぁ、逆に私が「見学させてください」っていわれても断ると思うから
自分が出来ないことを他人に要求するのはスジが通らないか。



3月13日
IMG_0017.jpg
2017CP+の思い出。 InstantFlexTL70。カッコイイ、ほしい!
でもちょっとお高い 53,784円(税込み)


IMG_0022.jpg
2017CP+の思い出。 Smart Doll。可愛い、ほしい!
でもちょっとお高い 52,000円(60cmドールとしてはお安い。ただ本体より服やオプションがね・・・)


CAMERAMAN netへ

 

ログ 2017/3-1

3月2日
AV女優がアート系ヌードのモデルをする事と
アート系ヌードで活動していたモデルがAV女優になるのは なんか違うと思う。
この違和感も職業差別なのかな。


3月2日
構図やライティング、ポーズ、シチュエーション・・・色々悩む事があるけれど
目下最大の問題は衣装だな。


もうずーーーーーっと前から欲しいと、必要だと思っているウェアラブルカメラ。今ならAS300。でもいざ買う?ってなったら躊躇してしまう。普通の(?)デジカメをつい買っちゃう。 CP+で後継機出なかったからなー。どーなんかなー・・・


3月3日
東京や大阪といった大都市に暮らしている方は特に。週末になったら色々な写真展や美術館を見て周ってほしい。 PCでデータを拡大表示してやれダイナミックレンジだやれ解像度だやれパープルなんちゃらだ言ってるのがいかに馬鹿らしいことか よーく解るから。


「大都市に暮らしている方は特に」と書いたのは、毎週必ず各所で多くの展示・博覧会が行われているからです。 私も驚きましたが、毎週ハシゴしても全く追いつけないです。


3月4日
イベントは主催側も楽しんでいる物でなきゃダメ、は正解だが 主催側"だけ”が楽しんでいるのは論外だし 皆で盛り上がるのはいいが 皆で騒いでいるのはそれが誰であろうと騒音でしかない。 何かを表現する立場にいるなら、そこはもーちょっと意識して。



C6EREtAU8AAm8_N.jpg
3月4日
思うところがあり、家にある写真集を引っ張り出して来た(これで半分くらい)
意識しながら一冊づつ丁寧に見ていると、『構成』がいかに重要なのかが伝わってくる。
良い写真をただ並べているだけではない・・・これもまた創作なのですね。



C6ESywtVAAEgIym.jpg
イラスト関連も出して来た(3分の1くらい)。写真集より空間の使い方が凝っている物が多い。 イラストだけでなくそこに添えられた作家さんのコメントや解説も楽しく、参考になる。


3月4日
WordPressで作業していると突然『現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。』と表示されダッシュボードも一般表示も出来なくなることがある。
これは更新エラーなのでffftp等で「.maintenance」を削除しよう。いくら待っても自動復旧はしませんよ。


3月5日
今日は知り合いの同人サークルさんに声をかけて頂き、某コスROM販売イベントへ。ついでに他のブースも見て周ったんだけど 私が撮る(好む)雰囲気の写真は一つも見かけなかった。
これは需要が無いってことだろうか?もしくは他に無い個性として認められるチャンスか!?


その帰りに撮影衣装を購入するため秋葉原のドンキホーテへ。 色々見て周ったが・・・「ドンキ、高ぇな!!!」って思った。いつも買うネットショップと比べ30%以上高い。 今、実物を見て買える って事はたしかに魅力だけど、値段や品揃えがここまで違うとやっぱりネットで買っちゃうよね。


3月6日
母さん。
アイドルが写真集を出す際の「限界に挑戦しました」「ドキッとするカットばかり」というコメントに
僕たちは何度 騙されたら気が済むのでしょうね。


3月6日
ちょっと女子ー
写真集出したときは「沢山の人に見てもらいたい」とか言っておきながら
数年後に「本当はイヤでたまらなかった」とか言うのやめなさいよー

買った人も作ってる人たちも なんかビミョーな気持ちになるじゃないのさー!


3月6日
あと作家や監督さんもー
自信満々で試写会や発売記念サイン会やっといて しばらくしたら「あれは失敗作」とか言うのもどーなのー?見に来た人や買った人に失礼よー。

そういうのは身内の場だけにするか、墓まで持っていきなさいよばかー!!





CAMERAMAN netへ

 




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png