2015年05月-ヌード撮影ノススメ 2015年05月 - ヌード撮影ノススメ

ヌード撮影ノススメ

 



質問・「お勧めするレンズや使いやすい焦点距離などは?」

20150430_1.jpg



今回は『放蕩記』の昆布ちゃんさんからのご質問です。


頂いた質問


いつも親切丁寧な応答、ありがとうございます。
楽しく拝見させていただいてます。
放蕩記の昆布ちゃんです。

前記事での『必要な機材は?』という部分でお尋ねしたいのですが・・・
それは“レンズ”についてです。

扱いやすい焦点距離やF値などなど。。。
また、お勧めするレンズや、カメラさんの使う鉄板レンズなどを教えて頂ければ幸いです。



昆布ちゃん さん いつもご質問&コメント有難うございます。

結論から申し上げると、先の記事で『K』さんへ返答させていただいたように

全てのヌード撮影に適したレンズ・設定値というものは存在しません。
撮る人や撮りたい写真、シチュエーション等によって最適となる機材は変わります。それはレンズも同じ、です。





・・・で終わりだとなんですので・・・ここから先はあくまで「カメラさん流」であり「現時点での所有機材を基にした内容」であり「感想には個人差があります」を大前提として、私がヌード撮影に常用するレンズ を元に記載させていただきますね。



○絶対はずせない、順広角(標準)域の 明るい単焦点レンズ。
 私の場合は35mmF1.4のレンズを長年愛用しています。姉妹サイトでもある「NUDITY」の記事を見ていただけると解りやすいかもですが、必ず使用しているどころか それ1本のみで全ての撮影をしてしまうことも。
 単焦点といっても、(なにやら定説のように囁かれていますが)絞り開放ばかりで撮るような愚行はいたしません。
 それでも開放値は明るい方が良いのは変わらず。出来れば半段~1段絞ってF2..0くらいになる値がベスト。
 35mmをメインに使用するのは、35mmなら使い方次第で50mnmのようにも使用できるから。逆は無理ですよね(笑


○コレも定番。広角~順広角のズームレンズ。
 広角~順広角をフォローするズームレンズがあるととても便利。広角特有の歪み・伸びを活かした撮影をするときや、部屋の造りから被写体との距離が取りにくい時などに重宝します。
 

○機材に余裕があるなら用意しておきたい標準ズームレンズ。
 私の場合、ヌード撮影は室内が基本なので望遠レンズは不要です。ですが、まれに望遠の特性を使用したい場合や、必要最小限の動きで様々なカットを撮りたい時などはやっぱりあると便利なのが標準ズームレンズ。
 昨今の標準ズームなら、広角~標準~中望遠とフォローしているのでとても便利ですね。
 ただし、便利だからといって手元だけでフレーミングする癖はつけないよう。基本は体で動きましょう。


レンズを購入する際に注意したい点は


○単焦点の場合、今現在所有しているのがズームレンズで焦点域がかぶったとしても 最もよく使う(使いやすい)焦点域をまずは選びましょう。で、ここは頑張って一番良いレンズを買っておく。きっと、貴方にとって最高の相棒となるはずです。 開放値は明るいもの。所有カメラのメーカー純正がおススメです。
(超広角や望遠、マクロ、サードパーティー製レンズは2本目以降でも遅くありません)


○ズームレンズの場合、絞り値が焦点域により変動しない(または変動数値が少ない)レンズがおススメです。絞り優先モードやマニュアルモードを使用して撮影するなら特に、ズームさせることで数値が変わってしまうと撮れる写真も意図せず全く違うものになってしまいます。もちろん、テレ側の数値より絞らないという手も使えはしますが・・・もったいないですよね。


私の場合のおススメはこんな感じです。
ただし、使用するカメラのタイプ、得意な撮り方によって結果はかわってきますので その辺りはご自分の環境と照らし合わせてお考え下さい。


以上です。参考になりましたでしょうか?





では最後に、カメラさん流『レンズ焦点距離毎の最適な撮影ポイント紹介』(35mm換算)


○ 85mm
モデルさんと1m以上はなれて撮影。一定距離を保つことで初対面や撮影慣れしていないモデルさんもリラックス。
 中望遠域になるので、通常のカットだけでなく おしゃべりしながら気づかれずに 唇や太ももやおっぱい のアップを撮ることもできます。


○ 50mm
ちょうどテーブル一つ挟んで対峙したときと同じくらいの距離感で撮影。女性の半身~1/3くらいを撮るのに最適です。
 バストアップや顔のアップも撮りやすいので、肩から胸全体やウエストからおしりといった曲線をフレームいっぱいに捕らえたり、女の子の恥ずかしそうな表情を撮る場合に使用します。


○ 35mm
2mほど離れて立ち全身を撮るのに最適。グッと寄ってのアップでも(注意は必要ですが)歪みすぎず、それでいて強調効果も出るので使いやすい画角です。
 目で見た感覚に距離感が近いため、ファインダーを覗いたままで違和感無く女の子に手を伸ばすことが出来ます。
 (手を伸ばして何をするのかって?衣装直しやポーズの補助、顔にかかった髪を整えるとかですよ、やだなぁ)


○ 28mm
広角の特性が大きく出るためあまり近づき過ぎるのは要注意。むしろ2~3歩離れて、室内の状況込みの全体構図などに使用。あと、合体しながらカメラを手に持って使うなら間違いなくこの焦点域。


○ 24mm
  合体しながら三脚等に固定したカメラで使うならこの焦点域。 
  AV撮影等に使用するビデオカメラは30mm~40mmに×0.7のワイコンつけて撮影する事が多いので、定点からの24mmは「男なら見慣れた画角」なはず。但し四隅の歪みは大きくなるので若干引き構図を心がけるべし。





ではまた

※引き続きご質問も募集していますよ~。
CAMERAMAN netへ

 

質問・「撮影準備のあれこれ」

2015056_1.jpg


今回は『K』さんから頂いたご質問に一挙返答です!
(一部文面を編集している箇所があります)



頂いた質問

カメラさんさま

 Twitterでお世話になっております。『K』と申します。
 ヌード撮影は1年半くらい。ガールズフォト的なものからセクシー系まで撮っております。
 わからない事だらけですが、特にライティングはヌード撮影からはじめたため、まだまだ手探りの段階です。
 今回、ヌード撮影の質問を受け付けておられるとのことで、幾つか質問させてください。


質問1.
 アマチュアカメラマンがヌードを撮るとすると、まず場所の問題がありますよね。
 シティホテル、ラブホテル、レンタル撮影スタジオ、自宅・・・。

 この中から(それ以外でも)ヌード撮影をする場所として、カメラさんのおススメはどこですか?



答1.
 この中で私が一番多く利用させてもらっているのは、先の記事 『質問・「自宅でも上手く背景を整理するコツは?」』 でも記載したとうり「ラブホテル」です。 ただ、ラブホテルは本来撮影をするところではありませんので、便利な反面、撮影向きではない部分も多々あります。
 安心して(?)撮影するならシティホテル(出来ればツイン~スイート)。または撮影スタジオでしょう。

 屋外や車内、屋内外の一般施設といったイレギュラーな場所を好んで撮影されるヌードフォト愛好家の方もいらっしゃいますが、個人的には危険を伴う部分が大きいので強くおススメはしません。
 どんな場所・シチュエーションを選択するにせよ、モデルとなってくれていた女性に後々迷惑がかかる状況は避ける が基本だと思います。


 

質問2.
 撮影場所選びをする上で、見るべきポイントがあれば教えてください。
 (例:バウンスを考慮して白の壁紙の部屋を選ぶ など)



答2.
 壁の色や天井の高さ、反射する物、邪魔な物の有無 等は確かにチェックすべきですが、 「撮影場所選び」として考える場合はそれらの前に
 「交通の便がいいか」
 「駐車場はあるか」
 「撮影場所周辺の治安はどうか」
 「近くにコンビニはあるか」  等をまずチェックします(笑

 室内環境で言うと、後は「窓」の有無ですね。


 

質問3.
 ラブホテルなどはロケハンが難しいのではないかと思います。そういった場所でぶっつけ本番で撮ることはありますか?



答3. 
 私がまだ社カメだった頃は、撮影場所もモデルもぶっつけで 時間は15分~1時間以内で 設置・撮影・撤収・移動して次の撮影にGO! という 少林寺三十六房の修行みたいな撮影を毎日・何年もやっていましたので・・・鍛えられました(笑

 現在でも仕事・個人活動共に、半分は撮影場所の事前確認無しで行っています。(まぁ、周辺を大きく写す撮影スタイルではないからこそ出来る事、かもですけれど)




   
質問4.
 衣装をカメラマン側で用意するという事はよくあるケースでしょうか?
 また、下着を含む使用後の衣装は、モデルさんにプレゼントしておられるのでしょうか(使い回しをするかどうか)


答4.
 その時々ですが、最近はこちらで衣装・下着を用意することが多いですね。一応、着替えもかねてモデルさんにも着用しているものとは別に一着下着はご用意いただいています。

 そういえば撮影終了時に着てもらった下着 「いります?」 って毎回聞いてるけど、たいてい「いりません」って答えられてるな・・・

 衣装はあっても、下着の使い回しは無いと思います。(写真的にも同じ下着が続くのは・・・ですので。)




質問5.
 衣装を用意するにはモデルさんの3サイズを知る必要がありますが、私はモデルさんがサイズを教えたくないのではないかと思い、当方予算であっても衣装の購入をモデルさんにお任せする事が多いです。カメラさんはどうしていますか?



答5.
 事前に私が購入して持参します。一応3サイズは伺いますが、似通ったスタイルのモデルさんにお願いすることが殆どなのであまり気にしていません。
 特に下着は突飛して違うサイズでなければ 撮影中に着用頂く分には問題ありませんから。




質問6.
 撮影で困った時用の“鉄板小物”などはありますか?



答6.
 撮影ネタに困ったときのアイテム的なもの、でしょうか? それだと特には無いのですね。

 そうそう、必須アイテムの「お菓子」には、 「じゃがりこ」 がおススメです! 女の子が喜ぶという意味では鉄板アイテムかも??
 
 撮影の時に用意するお菓子ってなかなか難しいのですが とりあえずじゃがりこ買っておけば間違い無しというか

 チョコレートとかだと、意外と「食べません」って娘 多いんですよ。



質問7.
 自宅以外での撮影の場合、撮影機材の移動という重労働が発生しますよね。
 カメラさんの場合、撮影で持ち込む機材は、「持って運べる」量でしょうか?
 それとも車で運搬したり、撮影場所に郵送するくらいの量なのでしょうか?



答7.
 撮影は基本車移動です。現場で「本当は持って行きたいけれどカバンに入らないから置いてきた物がやっぱり必要だったよくやしーっ!!」って事の無いように。
 移動中に機材を破損させてしまう危険性も考慮してですが、おかげで最近荷物が多くなりすぎている感があり・・・ちょっと整理しないと、と考えています。




質問8.
 では車が使えないと仮定して。カメラさんが「持ち歩く前提」で撮影機材を準備するなら、どういった構成を考えられますか?



答8.
 今でこそ車移動が主ですが、社カメ時代は徒歩&電車移動でした。(キツかった)
 スニーカーとか、2ヶ月でダメにしていましたね。

 その頃の装備は
 ○一眼レフカメラ×1
 ○レンズ×2~3
 ○予備カメラ×1(ハイエンドコンパクトなど)
 ○クリップオンストロボ×1
 ○モノブロックストロボ×2
 ○ライトスタンド×2
 ○アンブレラ×1~2
 ○他、バッテリーやカード類

といった構成で、おそらく今も同じような形になるかと思います。
ただコレは上記したように『撮影場所もモデルもぶっつけで時間15分~1時間以内をクリアするため』の装備ですから 撮影用途が予めわかっている場合はこの2/3~1/2で十分かもしれません。




質問9.
 初歩的な質問で申し訳ありません。ソフトボックスとトランスルーセントだとどちらがヌード撮影向きでしょうか
 もっと絞っていえば、あまり広くない部屋でのヌード撮影では、どちらの機材を使った方が思った通りの撮影ができるのでしょう?



答9
 このご質問に限ってではありませんが
 『○○に向いている機材はどれ?』ではなく、『○○のような写真を撮るのに必要な機材はどれ?』と考えないと 無駄な機材ばかり増えてしまうと思います。(まさに私がそうでした)
 
 つまり、ヌード撮影に適した機材というものはなく Kさんが撮りたいのはどんな写真か によって必要となる機材や構成は全然違ってくる、ということです。

 その上で簡単に特徴を書かせていただくと

 ○ソフトボックス
  メリット : 箱の中で拡散・収束した光を一方方向に当てるので、壁の色等の影響を受けにくく光も柔らかい。
  デメリット: 人物撮影に使用するには一定以上の大きさが必要で組み立て・設置に場所をとる。光の方向が一面のみなので角度の微調整が難しい。光源がクリップオンでは光量不足かも。あと高額。

 ○トランスルーセント
  メリット : 設置が早く軽量。扱いも簡単で 光源がクリップオンでも手軽に広い光源として使用できてリーズナブル。
  デメリット: 部屋の色等の影響を受けやすい。アンブレラの光は乱反射なので硬く方向も散漫。透過によりディフューズ効果も弱め。

 といったところですね(個人的感想含むです)
 

他の機材も含め、『Kさんが思った通りの撮影をするのに最適な構成』を探すこともまた撮影技術だと思います。



 すみません、知りたい事が山ほどあるもので、長文になってしまいました。
 まずはここまでで失礼いたします。 もしよろしければブログのネタに使ってやってください。よろしくお願いいたします。  




Kさん、ご質問ありがとうございます!!
とても具体的かつ有意義なご質問ばかりで、まさに当BLOGのコンセプトにぴったりの内容でした。

・・・まぁ、そのわりには返答があいまいで あまりお役に立てなかったかもですが・・・



ご質問の返答として、少しでも参考になれば幸いです。
またお気軽にメールいただければと思います。


ではまたー!


※こんな感じですが引き続きご質問のコメント、メール お待ちしております!


CAMERAMAN netへ

 

質問・「ホワイトバランスの合わせ方は?」

20150503_1.jpg



今回はいつもお世話になっている、「緊縛BLOG」の ぶん。さんからのご質問へのお答えです。

頂いた質問

毎度お世話になっております。
緊縛blog 管理人 の ぶん。です。

(略)

私からの質問は、
「ホワイトバランスはどうやって合わせているか?」です。

私はJPEG撮って出しのド素人ですが、
JPEG撮りの時と、RAWの時の合わせ方など
ヒントを記事にして頂けると嬉しいなぁ…と思います。

今やっている手法は、18%グレー紙を相手の身体に置いて
そこで一旦合わせてから撮るようにしていますが
太陽光だと、すぐ色味が変わってしまって
どのタイミングで基準を合わせ直すのがいいのかなぁ?とか思っています。

プロの方だと、ライティングしているから
一度合わせると、そうそう合わせ直さないのでしょうか?



ぶん。さん、ご質問有難うございます。 お答えする前に一言良いですか?

長年緊縛系アダルトブログを運営され、さらに『ナナとカオル Black Label』に緊縛グラビア掲載された ぶん。さんはド素人じゃないでしょーーっ!! 

素人の平均レベル爆上げしないでくださいっ 辛いっっ!!


それはさておき(!)
『色』の問題は私がデジタル一眼で仕事をするようになった当初、最初にぶつかった壁の一つでもありました。
色々便利になった分、それまでは必要のなかった設定に四苦八苦したり
背面液晶やPCモニターといった「印刷とは構造からして異なる指標」を基準に操作する必要が出てきて 実際の印刷(プリント)との誤差に頭を抱える日々でした。

そういえば、以前撮影中の色設定を私に質問した後、微妙にニュアンスや条件を変えて別のカメラマンさんのブログに
「こんな事いってる人がいますが・・・」 と質問しなおしてる人もいました。
もちろん条件が異なるので返答内容も別の形になっていて。彼はおそらく「どこが解らないかがわからない」状態だったため、質問の度に内容が変わっていることに気づけていなかったんでしょう。
(ちなみに、その質問しなおした先のカメラマンさんとは知り合いだったので、後で誤解を解いておきましたが)


話がそれました。ぶん。さんのご質問でしたね。


以下はあくまで私の場合は、ですが


○JPEG/RAW撮影・室内・外光メインで撮影する場合

 WBは太陽光・日陰・曇りのいずれかをベースにし、カメラの色変換で微調整。または色温度設定で自然に見える色味に合わせます。18%グレーを使用しないのは ぶん。さんも書かれているように太陽基準の場合わずかな環境変化で大きく色身が変わってしまうからです。
 色を合わせなおすのは撮影するポイント(場所)が変わる時。最初に一枚撮ってモニターで確認します。この、「条件が変わった次の1カットは必ず確認」を癖つけておくと、色だけでなくISOや露出設定の再確認にもなりますね。不要な室内光は可能な限り消しておきます。
 
 この方法で撮影した場合、RAW現像でも意図して色味を変えたい場合を除き、WBはほぼ未調整でいけます。もし補正する場合もごくわずかなのでJpegでも問題ないレベルです


○JPEG/RAW撮影・室内・ストロボ(瞬間光)メインで撮影する場合

 WBは太陽光をベースにし、カメラの色変換で微調整。または色温度設定で自然に見える色味に合わせます。
 室内光も活かしたい場合、消せない場合、室内の壁・家具等の色が強い場合は18%グレーでマニュアルホワイトバランスを取ります。
 色を合わせなおすのは同じく撮影するポイント(場所)が変わる時。ただしRAWで撮影している場合は、その場で細かな設定はせず 環境変化の毎に一枚18%グレーやカラーチャート"だけ"を撮影しておくことで、最適な色設定を後から当てることも可能です。
 これは「後であわせるから現場では適当でいい」ということではなく、現場できっちりこれら行為をしておけば融通が利くので、現場での作業効率が上がる ということです。いくらRAWが便利でもテキトーな撮影ではテキトーな写真にしかなりません。
 
 ストロボ(瞬間光)撮影ではオートは厳禁です。オートWBが色味を設定する時とストロボが光った時は状況が全く異なっているはずなので色は合いません。またカットごとにばらばらの設定になるため後処理をするにしてもタイヘンです。(作業効率が下がります)


○室内・定常光メインで撮影する場合

 WBは色温度設定で好みの色味に合わせます。以前は18%グレーでマニュアルWBも取っていましたが、最近は色温度設定が主流です。
 特別な場合を除き、定常光は基本RAWで撮影します。
 もし色温度設定や他の設定で、定常光の色味がいい感じに出せなかった場合は WBを一番近いと思う設定に固定し、ISO感度を1/3~2/3低め(暗め)に合わせて撮影。RAW現像処理で対応します。暗めに撮影しておくのは色飽和や白飛びで色の情報が消えてしまわないように。露出やシャッター速度ではなくISOで設定するのは明るく補正する際に色ノイズを抑えるためです。


 「自分のカメラのオートは優秀だからストロボがあってもなくても 全部オート設定で同じ色合いになるよ」
という意見をたまに耳にしますが、本当に優秀であればわずかな色変化に対応し、その一枚の最適な色味に合わせようとするため、ストロボ使用時は当然。自然光や定常光ライトでも全ての写真の色身が微妙に異なっているはずです。
 なので「全図同じ」であるならそれはオートWBの反応設定が詳細でないか、わずかな違いをセンサーが認識出来ていないか、撮影者が違いに気付けていないだけか・・・だと思います。


最後に
○屋外・太陽光メインで撮影する場合




 太陽が出てたら太陽光。曇ってたら曇り。日陰なら日陰。



 ぶっちゃけ、最近のカメラは優秀なので全部オートWBでもいいんじゃないでしょうかね(おいさっきと言ってることが違・・・)



 てゆーか、後で処理できるからテキトーでOKですよ(まてまてまて!!)



 いや、まぁ、半分冗談ですが(半分は本気)
 だって外でヌード撮影する場合、細かい事ごちゃごちゃやってる時間なんて無いじゃないですか。
 パパッと撮ってササッと離脱しないと捕まっちゃうじゃないですか。(当BLOGは「ヌード撮影ノススメ」です故)


 なので屋外ヌードはスピード重視。撮って、無事に帰ってくるまでが撮影です。



  最後に全部ぶち壊してしまった感もありますが
  参考になれば幸いです。

  (後でぶん。さんには謝っておかねば)



 ※こんな感じですが引き続きご質問のコメント、メール お待ちしております!


追記。
質問に書かれている「18%グレー紙を相手の身体に置いて撮影」ですが・・・
これ、「18%グレー紙を相手に持ってもらって撮影」にすると、何故かすごくいい顔の写真が撮れるのでお勧めです。
にんまり。
CAMERAMAN netへ

 




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png