2014年12月-ヌード撮影ノススメ 2014年12月 - ヌード撮影ノススメ

ヌード撮影ノススメ

 



年末日誌

20141231_1.jpg



あぶっ・・・



・・・・・


・・・・・


・・・・・なーーーーい!!!!!



もうちょっとで年が明けてしまうところでした!!
「紅白」始まってからBLOG書いています カメラさん ですこんばんは。


気がつけば、12月も中旬ですね~ という書き出しでの記事を何度か書いてはいたものの気に入らず 消しては書いてをくり返し そうこうしているうちにPCの新調とそれに伴う各ソフトウェア環境の引き継ぎ・アップデート。部屋の模様替え。動画編集の再調整。イベント参加。WorldPressの勉強・・・その他もろもろやっているうちにこんな時間になってしまいました。(あれ?仕事は・・・??)

昔のように会社やお店が総じて休業するわけではない昨今。12月だからといって特に忙しい、ということは無かったはずなのですが、やはり年の瀬は何かとバタバタするものなのですね。



○上でも書きましたが、今年後半は何かと「イベント」に参加する機会が増えました。といってもカメラマンとしてどこかの取材に行ったり講師をしたり というものではなく いわゆる「即売会」というやつに1参加者として参加・出品する形でです。

自身の「仕事の評価」といえば、撮影依頼をいただけるクライアントさんの反応(また依頼頂けるかも含め)や 時より頂くお客様からのメール等でしか直の感想というものを感じる機会が無かったのですが 即売会会場でお客さんや他の参加者さんから直接意見を聞いたり、「売り上げ」という最も確実な「成果」を目にする事では色々と考えさせられたり・・・
とても新鮮な経験を たくさん得る事ができました。

これまでは、十分お仕事を請けていて忙しいはずの漫画家さんや作家さんが同人誌即売会に出展したり
有名な写真家さんや画家さんが わざわざ遠方(時には海外)で個展を開き、開催期間毎日通ったり するのを見て

「どうしてそんな時間の無駄をするんだろう?その分仕事したほうがずっといいはずなのに」

なんて思っていたのですが・・・いざ自分がやってみると解る物ですね。

来年も、今年後半ほどではありませんが、何かしら機会があれば積極的に参加していきたいと考えています。


○2014 の購入機材を振り返ってみる。

 一眼レフカメラ(仕事用・2台目) 1台、
 一眼レフ用レンズ 1本
 m4/3 ミラーレスカメラ 3台
 APS-C ミラーレスカメラ 1台
 m4/3 ミラーレスカメラ用レンズ 5本
 APS-C ミラーレスカメラ用レンズ 2本
 ハイエンドコンパクトカメラ 2台
 ビデオカメラ 1台 
 他、各カメラごとに関連オプション一式 ・・・結構散財していますね・・・(あと、年末にPC新調したし)

 特にミラーレスカメラとレンズが多いのですが、コレは今年はじめまで担当していたレビューサイトさんのお仕事の影響もあってで 主戦力はやっぱり一眼レフです。 
 ですが、その一眼レフ関連の増強が今年はおざなりになっていた感もあり・・・・今後はこちらにももーちょっと力を入れたいと考えています。
 

なんて、色々振り返ってみましたが 『来年の目標』 とかは別に考えておりません。
ぶっちゃけ日々暮らすので精一杯。暗中模索は今年も相変わらずでしたし。
それでも何とかがんばって・・・いきたいと思いますので 皆様同ず変わらぬご贔屓の程、よろしくお願いいたします。



さて。
今年最後の写真は 最近お気に入り(?)の タングステン光+ソフトボックス ライティング。
日光やストロボ発光とは異なり柔らかで温かみのある光になりますが、やはりどうしても光量が犠牲になってしまいます。
(照明を強くすると今度はバランスが崩れ、なだらかな明暗のグラデーションが失われてしまうので)

対策としては、明るい短焦点レンズ(絞り開放~2段)+カメラの高感度特性(ISO1000~2000)で対応。
三脚を使わない派なのでどうしても他にしわ寄せが行きますが・・・今後は、新しく導入したPhotoShopCCの「ぶれの軽減」機能が使えるかも?? ちょっと期待、です。 

また。この写真は来年の予告写真でもありまして。
年明けにひとつ、新しいことを始めようと思います。
詳細は次回更新で。

そちらもよろしくお願いします!!


それでは皆様、良いお年を~


CAMERAMAN netへ

 

模索日誌

20141208_1.jpg



○歯医者通いがようやく終わった。今年の1月から通い始めたので、ちょうど1年になる。
 「せっかく通うのだから、怪しい所や過去に治療した個所の修繕も含めて徹底的に」
 としたのは私だが、まさか1年もかかるとは思わなかった。今後は定期的に検査とクリーニングをするので次回は3ヶ月後。予約は時期が近くなったら電話するのかとおもいきや、「こちらからお葉書で連絡いたします」との事。至れり尽くせりでなんだか申し訳ない。


○ここ1年ほど、メインPCの動作が不安定だ。起動した後 しばらくするとエラー画面になり固まる(その前に再起動をかけると回避)や、HD・無線LAN等へ正常にアクセスできない、ソフトウエアのインストールでエラーが起きる、など。色々調べるも原因は解らずだが、ウイルス等ではなくハード的な物っぽい。メインPCは購入してまる5年。いい加減買い替えの時期、ということなのか。

今PCを購入するとOSがWindows8.1になってしまうのがネックでなかなか踏ん切りが付かなかった (カメラさんは断然Windows派です) のだが、カスタマイズでWIN7が購入できるプランを発見。公私共に生活の中心となるメインPCが不安定というのは死活問題なので、この辺りで思い切る必要があるのかもしれない。販売終了する前に。

WIN7モデルは当然(?)現行種の最高スペックには対応しておらず、購入したとしてもそこそこの性能。とはいえ日進月歩のデジタル製品においては最高スペックを大枚はたいて購入するより、安くなり始めた中級クラスを程良く買い替えた方が良い環境を維持できそうな気もする。いや、最高スペックを程良く買い替えられる財力があるならそれに越したことは無いのだけれど 写真とかやっている人は何かと物入りなので・・・


○写真の撮り方に関してはもうずっと同じスタイルだが、ことライティングと編集方式はよく変えている。特に編集は頻繁にその方向性を模索していて その時「コレだ」という方式を見つけると過去の写真も全て再編集したくなってしまうので困る。(ちなみに、ここでいう“編集“とはいわゆる“現像”の事) 結局のところ、自分のスタンスが固まりきれていないため・・・要は気に入らないのだ、過去の自分の作風が。

こればかりは明確な正解が存在しない問題であり、よしんば正解が存在したとしてもそれは人の数だけあるあいまいな物。これからもずっと模索し続けて行かねばならないと解ってはいるが、私の場合は「これから」だけでなく「これまで」の写真も一からやり直したくなってしまうので、一向に先に進まない。 我ながらめんどくさい性格だ、と思う。



今回の写真はお風呂場で撮影。思ったより狭く後ろに下がれなかったため、19mmと結構な広角域で撮影しています。レンズのゆがみと背景の模様、モデルさんのポーズ(状態)と相まって何だか不思議な印象になった感。
昨今のデジタルカメラには広角のひずみ・歪みを補正する機能が一様に備わっていますが、私の場合それら便利機能は全てOFFが基本。現像ソフトでも当然未処理としています。
レンズの歪みは特性であり欠点では無く、むしろそれらがあるからこそのレンズチョイスなので。

・・・なんて、今時のレンズは優れた光学設計により設定OFFでもそれなりに制御してくれている物だし、違和感を感じた場合は補正処理も行うのであまり偉そうなことは言えませんが。


編集はRAW現像ソフトで全体の色と質感を出し、そこからPhotoShopに送って人物の肌質や細部の補正。最近はPhotoShopでの行程はごくわずかに留めています。個人的な写真の場合は特にですね。それでもやるとやらないでは最終的な仕上がりが全く違って来るもの。
必要なのは大きな修正ではなく、細部への拘り なんですね。

モデルさんは当BLOG掲載モデルさんの中でもかなり若い娘さん。ここ最近、よく撮影させて頂いています。
毎回私の出す無茶なポーズ指示に「体が固いから無理~!」と言いつつも頑張って応えようとしてくれる姿に萌えまくりです。(まー、ここまで歳が離れてしまうと頑張る娘を見守るお父さん気分でもあるのですが・・・・っていかん、私はまだ未婚なのに)


掲載サイズではちょっと解りませんが、今回の写真は「性器を隠す画像処理」をしています。これまでは極力見えないフレーミングを心がけてきましたが、今後は見える(見せる)カットも怖がらず撮影し、掲載時に画像処理するスタイルでいこうかと。また、お顔の掲載も、切り取ってしまうより真正面を避ける形を多く出来れば、と考えています。

あと、当BLOGの掲載写真はPCやタブレット環境での閲覧を想定し 長辺750pix で統一していますが より大きな画像って見たいと思われる物でしょうか・・・?

それら含め、BLOGや当方へのご要望・リクエストがありましたら コメント/メッセージにてお知らせください。

よろしくお願いいたします。

 

CAMERAMAN netへ

 




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png