2013年06月-ヌード撮影ノススメ 2013年06月 - ヌード撮影ノススメ

ヌード撮影ノススメ

 



工作日誌


20130626_2.jpg


月末の企画撮影用に注文した新しいコスチュームが届いたー!
届いた・・・けど・・・表記サイズより小さい気がするのは気のせいか・・・商品記載自体は間違っていないので、製品の特徴なのかもしれないけれどどうだろうか。これは予備をもう一着用意しておく必要がありそう。

もし今回着る事が出来なかったら、また小柄なモデルさん探さにゃか。大変だ。



キッチンにある収納棚を大きくするにあたって、せっかく(?)なので最上段に簡易撮影スペースを作ってみることに。
当然大きな物の撮影には向かない、せいぜい20cm×20cmくらいの小物用。それでもそういった「ちょっと撮る場所」が部屋にあれば何かと便利、なので。


小物撮影用の簡易ブースは専用品が各メーカーから複数発売されていて、手軽さ・便利さで言えばそちらを購入する方が賢明かつ経済的だったりするのだけれど、専用品には専用品であるがゆえの不自由さがあります。
例えば撮影ブースだと、専用品は写真撮影以外の用途には使えない。使用中以外はタダの大きなオブジェとなり、東京の厳しい住宅事情下で生活する身には邪魔以外の何物でもない。

その点、自作の収納棚を改造するのであれば無駄が無い。実際、ウチの棚下3段分は料理器具や食材、買い置きのボルビックやお茶、酒、米、他が治まっていたり。
また、棚自体も既存製品ではなく自由なサイズに組み立てられるよう木材から作成。今はホームセンター等で組みやすい形・大きさの物が購入できるのでさほど苦労が無い所も良いですね。


こういう「自作」の思考は写真家にとって大きな武器になる、と私は思っていて

実際、専用品以外を「応用」してライトや撮影用具を写真家が作り、それが評判になって製品化される例もあります。
また、専用品に手を咥えてより自分が使いやすい物にしているパターン等も含めると 皆、何かしらの「オリジナル」用品を持っているのではないでしょうか。

既製品でも一手間加えるだけでグッと使いやすくなったり、不満点をちょっと補正する事で新しい使い方が出来るようになったり。
難しい専門知識なんていらなくて、子供の頃TVで見た「できるかな」的な工作番組レベルの器用さがあれば十分。

ドライバー1本。テープ1枚。
「自己流」の切っ掛けは、そんな身近な所にあるのやもしれませんね。


CAMERAMAN netへ

 

更新日誌

20130622_1.jpg



本日は運転免許証の更新に。
初めて行く試験場だったのでウロウロオロオロしながらもなんとか手続きを進める。
視力検査の番になって、僅か2~3回の確認ではい終了。なんと免許証の備考欄から『要・眼鏡等』の文字が消えた。
実際は眼鏡無しでは道路標識がマトモに読めないレベルなのに・・・いい加減な物だ。

いや、ひょっとしたら 講習申込の締切時間ギリギリだったので 試験官が気を利かせ早々に終わらせてくれたのやも。
「長年運転してるんだから、眼鏡が必要か否かぐらい自分で判断できるだろ」って。「ここは俺に任せて先に行け」って。いい加減だなんて言ってごめんなさい。 (でもそれって死亡フラグじゃない?)

受け取った新しい運転免許証には、毎朝洗面台で見るオジサンの顔が貼ってあって一安心。
一般的に見れば決して「良い顔」ではないが、前の免許証の写真が一目見て「おまわりさんこの人です」と指をさされかねない「悪人顔」だったので それに比べたら今回はずいぶんマシである。あぁ良かった。



ここ最近、1日に複数人の撮影を担当させて頂くケースが増えた気がする。
個人的理想(?)としては、1日1人。じっくり時間をかけ撮影するのが好ましい。『本日のモデル・Aさん』ではなく「□□市に住む○○子ちゃん△△才』としてシャッターを切りたいからだ。

複数人の撮影は「短時間で出来るだけ早く打ち解け、撮影意図を伝え、1つでも多くのパターンを押さえる」事が求められる。やもすれば流れ作業的な撮影になってしまう危険性もある。

だが、その修練はじっくり撮影の時にも活かされる事が多い。少しでも早くクライアントが求める項目を撮り終えてしまえば、残りの時間は個人的な趣味を活かした +αな撮影にあてられるからだ。何ならあまった時間は撮影せずティータイムにしてもいい。

与えられた時間を有効に活かすのも、プロの業。
何事も修練・鍛錬・精進せぃよ、である。



反面、出来る事なら全て自分プロデュースで、好きなだけ時間をかけて撮影をしてみたいと思う事も。
AV制作事務所『ハマジム』作品のように、一緒に小旅行しながら 会話してイメージ撮ってHして移動して食事してHしてもっかい撮って寝る、みたいな。
そういうのも、イイよね!

「でもカメラさんHしたら即、寝ちゃうでしょ?」
そうだねー、あぁー、うん、無理だよねぇー。


CAMERAMAN netへ

 

買物日誌

20130619_1.jpg



今日は重要な用件があり9時には起床 の予定が、気づいたら14時だった。また10時間近く寝ていた事になる。
一応、目覚ましで起きてトイレ行ってお茶を一杯飲んだ記憶はあるですが・・・。
長時間撮影の翌日は通常より眠りが深いようですね。

すっぽかしてしまった用件は、重要とはいえ個人的なモノだったので誰かに迷惑をかける事が無かったのは幸い。いや、だから起きれなかったのかも。今度、誰か迷惑をかけていい人との約束の時に実験してみよう。(良い迷惑)



寝坊したおかげ(?)で急に時間が空いたので、完成連絡を受けていた新しい眼鏡を受け取りに行く事に。
眼鏡は常用でなく、車の運転や字幕映画視聴に必要な程度。良い物でなくてもいいけどせっかくなのでレンズチョイスには拘ってみた。

久々の視力検査と眼鏡レンズ調整はハイテク(!)で、以前なら誤差と認識されていたような僅かな違いも細かく検査・調整されるのでビックリ。特にレンズ調整には驚かされる。

この調子でいけば、近い将来眼鏡は完全機械化され、カメラのレンズのように高性能になるやも。

「すみません、眼鏡を2本新調したいのですが。5倍ズームと単焦点で」 
「申し訳ございませんが3倍以上のズーム眼鏡は一部の特殊業種の方にしか販売できない規則となっております」
「そうなんですか。じゃあ単焦点だけで。画角は40mm、左だけマクロレンズにしてください」 
「かしこまりました。画角は標準の50mmや規定最大広角の24mmでなくて宜しいので?」
「最近お気に入りのな画角なんですよ。あと振動補正は変に酔っちゃうので不要です。その代わりフルタイムマニュアルフォーカス仕様でPLフィルターも付けてください」 
「なるほど、拘り派なのですね~。レンズメーカーはいかが致しましょう?」
「ライカ、と言いたいトコロですがまだそこまで道楽は出来ませんからね。肌質が奇麗なキヤノンかフジが良いかなぁ」
「単焦点なら最近はシグマも人気ですよ?」
「じゃあ幾つか試させてください」 
「はい、ではこちらへどうぞ」
みたいな。いいね。凄くいい。

あ、でもそれだと値段が片方だけで10万オーバーとかになっちゃうのかな・・・・やっぱ現状のままで良いです。


前回の画像に対して、メッセージで色々反響を頂いた。皆様ありがとうございます。
面白かったのは、「拘束」と「スク水」に対する反応が多かった反面、拘束派はスク水を。スク水派は拘束を、あまり重要視していなかった所。この2つのユーザーは交わらないのでしょうか?だとしたらちょっとプランを練り直す必要も出てきそう。

個人的には、「まだ性に関して未熟な少女が、本気で抵抗すれば逃げられる程度の拘束をされる事で 恥じらいつつも好奇心と快楽に負けてしまった自分を正当化している状況」って凄く「来る!!」のですが。え?メニアックすぎ?否定はしない。

メニアックといえば。以前「無菌室のような清潔な写真じゃ抜けない」って意見を頂いた事もありました。
でもその反面「下品なのや汚いのは萎える」って意見もあるので、この辺は好みなのでしょう。

AVでも、「美人がブサイクな中年のおっさんに汚され犯されてるのが好き」って人もいれば 「女の価値が下がるし視界に入ってくるんだから男も最低限普通な容姿で。出来れば男は写らないでほしい」って人もいますからね。


メニアック難しいよメニアック。


CAMERAMAN netへ

 




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png