2013年04月-ヌード撮影ノススメ 2013年04月 - ヌード撮影ノススメ

ヌード撮影ノススメ

 



雑感

20130430_1.jpg


「いいモデルっ娘はいねがぁー? 撮影させてくれる娘はいねがぁぁー??」

ここ最近、モデル探しで夜な夜な なまはげよろしく徘徊しているカメラさんですこんばんは誰がハゲやねん!
ハゲちゃうわ…髪は…髪だけはあんねん…そこ以外はもう全部おっさんやけど髪はあんねんで…


実は年あけ頃から、当BLOG及びHP用モデルの募集・撮影を一時中断し、個人的な企画のためのモデルさんを探しています。

ですが幾つか企画基準があるのでこちらからお声をかけさせてただくか、応募頂いた中から審査してお願いしているため
なかなか定期的な撮影が進められないもどかしさがありますね・・・。

撮影は10日休むと1ヶ月分ヘタになります。
久々の撮影で思わぬ傑作が撮れたりする事もありますが、それはビギナーズラックみたいな物で実力ではありません。

とにかく撮り続けないと、と思うも、被写体がいない事にはどうにもなりゃしない・・・
コレは早いトコなんとかしないとなぁ・・・。



という事で、今夜もカメラさんはネットの中を なまはげよろしく徘徊するのです。
「いいモデルっ娘はいねがぁー? 撮影させてくれる娘はいねがぁぁー??」
だ、誰がナマハメやねん、もう、バカっ!

CAMERAMAN netへ

 

ヌード撮影のススメ・機材清掃に使えるあれこれ

20130424_1.jpg



先日のプラべ撮影時・・・
愛用の電マ を忘れるという大失態をおこし、カメラマンとしてやっていける自信を失いつつあるカメラさんですこんばんは。
例えカメラを忘れても電マを忘れる事なんて決してなかったのに・・・!!(マテ

さてさて、今回は電マ・・・ではなく撮影道具のメンテナンスのお話。
いざ現場に入ってから機材の不調を見つける、なんて事が無いように 撮影機材は普段から定期的にメンテしておく必要があります。
「メンテナンス」と言うと専門知識が必要な難しい事 な印象を持たれるかもしれませんが 誰にでも出来るメンテナンスがあります。

それは、「清掃」。

昨今のカメラや機材は よほど乱雑に扱わない限りめったに壊れる事はありません。それでも
汚れを取り細部を確認する事で不調部分が無いか、消耗部や欠損は無いか を確認しておく事はとても大切です。
それに撮影する方もされる方も 奇麗な機材の方が気持ち良いですからね!

と言う事で。今回の「ヌード撮影のススメ」は、最も簡単でもっとも重要な「清掃」についてです
(解りやすいようわたしが使用している物のAmazonリンクを貼っていますが、その品以外は適していない、という意味ではありません。内容を確認頂き、ご自身の身の周りにある同等の品をお使いください)

 
シルコット 除菌ウェットティッシュ ノンアルコールタイプ 本体 45枚
○カメラやレンズの本体外部を清掃するのに専門用具は必要ありません。普段ご家庭で使用されているウエットティッシュでOKです。
非防水のカメラでもこの程度の水分は大丈夫ですので安心して磨いて下さい。
但し、グリップ等のラバー部分、ゴム部分はあまり強くこすらないよう注意です。

わたしは上記の「ノンアルコールタイプ」を愛用していますが、「アルコールタイプ」でも問題無く使えます(但しラバー、ゴム部には注意が必要)
気をつけなくてはいけないのが、出先などでついUV対策や各成分の入った顔用・体用のウエットティッシュを使ってしまう場合。
それらでカメラを拭くと薬が付着して白く綯ったりよけい汚れたりしますよ。



King photo style レンズクリーニングティッシュ 50枚入 個装 ノンアルコール&ウェットタイプ PSCL50 79500
○レンズ面の清掃には専用のクリーナーを使用します。クロスでも良いのですが出先や長期使用でクロス自体に汚れ・ゴミが付着している事もあるので、1枚ずつ包装の使い捨て商品がオススメです。
カメラバッグに複数枚常備しておくといざという時便利ですよ。
レンズとカメラの接点を拭き取るのにも使えますね。

こちらは必ず「ノンアルコール」製品で。あと使用するのはレンズ前玉(被写体側)を主に。出来る事ならレンズには「レンズ保護フィルター」を装着しておきましょう。



HAKUBA シリコン ブロアー CP オレンジ KMC-42CP-OR
○ブロアーは空気でホコリやゴミを吹き飛ばす物です。
長いノーズがあるためカメラ内部に空気を送る用に見えますが、それは銀塩(フィルム)カメラの場合のみ。画像素子があるデジタル一眼に使用すると、カメラ内部で舞ったゴミが画像素子に付着してかえって汚れを増やす事になるためあまりオススメできません。
(どうしても取れない大きなゴミがある場合などは別ですが・・・)

とはいえ、ブロアーは主にレンズ交換時にレンズ後玉に吹きかける用や、クリーニングティッシュでふき取る前の塵飛ばし用。その他細部の清掃にあるとなかなか便利な一品です。

もし購入される場合は上記の「シリコンタイプ」がオススメ。「ゴムタイプ」は物によって匂いやべたつき、ホコリ付着、ゴムカス発生等があります。




PENTAX イメージセンサークリーニングキットO-ICK1
○画像素子に付着したゴミはイメージセンサークリーニングキットで取りましょう。
理想なのはそのカメラのメーカーサービスセンターで清掃してもらう事ですが、サービスセンターの数は決して多いとは言えませんしスケジュールの都合もありますよね。

このクリーニングキットはペンタックスとありますケド、もちろん他社カメラにも使用可能。
基本、どのメーカーでも似たような物を使って清掃しています。

問題は少々お値段がする事。使用には馴れが必要な事。ローパスレスのカメラはより注意が必要な事。ですが、
ゴミ付着のままでは撮影が出来ませんから いざという時のために準備しておきましょう。
(でも出来ればレーパスレスカメラはサービスセンターに)

そうそう。画像素子の清掃に「エアダスター」は絶対使用しないでください。素子が破損する危険性があります。



HAKUBA カメラ ざ・ぶとん M カモフラージュグレー KZB-M-CMG
○直接カメラの清掃に使用する物ではありませんが・・・。
清掃の時にカメラの液晶部分を下にして置く事があると思いますが、下に敷いておくと液晶保護に役立ちます。
他には出先でレンズ交換をする際の下敷き、カメラバッグ内で物がぶつからないよう仕切りなど。
何かしらの作業をする際に、カメラ・レンズ等を置くにはとても便利な一品です。

ハンドタオルでも代用可能ですが、タオル生地の布毛・毛玉が出ないため、個人的にはこちらがオススメ。



最後に、案外見落としがちででも重要な清掃箇所を幾つか紹介。

○レンズフード内側とレンズ前玉。
 レンズ前玉に大きな汚れがあると写真に悪影響が出るためすぐ気付きますが、小さなホコリや汚れは意外と気付かないモノ。
 またレンズフード内側は写真に全く影響が出ないのでつい見落としがちです。

 しかし、この2ヶ所は・・・モデルさんからだと常に正面にある部分で そこが汚れていると一気にテンションが下がってしまいます。
 自分からは見えない所こそ、注意して奇麗にしておきましょう。

○液晶モニターとその周辺
 デジタルカメラの場合、撮影がひと息付いた時にモデルさんにカメラの液晶画面で写真を見せてあげる事が良くあると思うのですが・・・
 この時、液晶に鼻の油がべっとり付いていたりすると 例えどんなに奇麗に写っていても「うげっ」ってなります。
 撮影する側としては「ココが汚れるのは当たり前」かもしれませんが、モデルさんにはそんな事解りませんからね。また、気を付けて拭いたとしても液晶だけ奇麗にしてその周辺が汚れていたらこれまたマイナスです。

 わざわざクリーナーを出して拭きとる まではしなくて良いですが、せめてシャツの裾で一拭きしてから見せるよう心がけましょう。


いかがでしたでしょうか? 参考になれば幸いです。
CAMERAMAN netへ

 

痛さは強さ!! 【第六回・お尻祭り】

20130422_4.jpg


あれ、おかしいな今日の撮影下着までって聞いてたのにいつの間にかほぼ全裸だしって言うか見えてないのコレ見えてるよね絶対こんな明るいもんまる見えでしょちょっと待ってなんか当たってる暖かいの当たってるよ入っちゃうよどうしようダメって言わないと嫌って言わないとでも逃げられないし逃げられない?逃げられるケド普通に動けるけど別にいいかもって良くないけどどうしようでもこのままじっとしてたらわたしの責任じゃないし良いかもって言うか早く




「…とか想像してるのかなー、今」 なんて妄想しながら撮影すると燃えるよね?

「救いようのない変態さんですね(cv小倉唯)」


BLOGでのカミングアウトがそろそろリアルにも影響を及ぼすんじゃないかと心配しているカメラさんですこんばんは。
まー、今更ダウンするイメージなんて無いので無問題なんですけどね、HAHAHA!(もう笑うしかないじゃない)


さて、今回は番外編(?)の「第六回・お尻祭り」。開催日です。
ここ最近、ずーーーっと不調続きで悩んでいるって事もあって 今回は参加しないでおこうかとも思ったのですが
アダルトブロガーさんが繋がる稀なイベントでもあり、第一回から参加していた事もあって
やっぱりエントリーさせて頂く事に。

とはいえ、他のブロガーさんの様に多彩な写真を用意したでもなく、いつもより画像が少し多いってだけなので
さらっとみて頂けると幸いです。



※「第六回・お尻祭り」の公開は終了しました。

CAMERAMAN netへ

 




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png