2012年08月-ヌード撮影ノススメ 2012年08月 - ヌード撮影ノススメ

ヌード撮影ノススメ

 



あ、あれ?

20120828.jpg



またしても気付いたらこんな日にち、こんな時間・・・。
前回更新からもう一週間?本当に??宇宙船に2~3日連れ去られてたんじゃないの!? て感覚です。

特にここ数日は、最近なかった久しぶり(で特別)な撮影が多く。例えば、

『誕生日前に。10代最後の記念ヌード撮影』とか
『同一部屋で複数のモデルさんを異なるイメージでの下着撮影』とか
『20代女性2名のからみで!!エロより可愛いさ優先アーティスト風撮影』とか
『浴衣から下着姿まで、美麗ポートレート撮影』とか
『体験取材記事用施術撮影』とか
『メイクアップイメージ撮影』とか
『コスプレ着エロ撮影』とか・・・。

それらにプラスし、いつも頂いているグラビア、スタジオ、広告撮影が合わさって。
毎日代わる代わるな撮影が続いているため、現像とかもたまっててちょっとヤバい状況です。


でも、どれもやりがいのある撮影ばかりで。良い刺激を受けた事でしばらく思い悩んでいた事の出口がうっすらと見えてきた・・・かも。
やはりカメラマンは頭であーだこーだ考えるよりとにかくシャッターを切る! それが一番なのかもしれませんね。


さて、明日も頑張りましょう~~!!






CAMERAMAN netへ

 

ヌード写真における正規な性器の処理について検討する。

IMG_0077.jpg



ヌード写真に置ける性器の処理について。

当BLOGでも過去に、

「写真の内容に問わず、性器が見えている写真は認められない という法律のおかげでヌード写真は卑猥な物としか認識されないし、ポーズや表現に規制がでてしまう」という話題や

「画像処理のボカシやモザイクは写真の質を落としかねない」

といった話題を書いた事があります。

エロ・非エロ問わずヌード撮影を職業にする者として、この問題はいつも頭の中にあって。

結局、現状は
「ボカシ・モザイクをかけなくても良いように、性器の見えるアングルは避け見える場合は手や衣服等で隠す」を最善の方法として来ました。


が、先日某所で目にしたヌード写真は・・・エロではないアートとしてのヌードでありながら、性器が真正面に見えるアングルの物でした。
当然、画像処理がかけられていたのですが、それも真っ白なベタ塗りで 漫画で言うトコロの「ホワイトで塗りつぶした」状態。

ひょっとしたら、写真家は日本国内での発表に拘っていなかっただけで どうしてもその写真を使いたかった担当者が無理やり用いた結果だったのかもしれませんが(それはそれで酷い話ですが)

発表時には処理が必ず加えられる写真だとしても、「それを撮ろう、と感じたならシャッターを切って 発表して良いんだよ」 という事を教えられたような気がします。


ただ、やっぱリ撮影者の意図としない「処理」というのは本来されるべきではなく。
ならば、現在とは別の形での「処理」は無いものか、と考えてみました。



色々試してみて。今回の写真の様な、「ブラシストローク」を使用しての消しが一番自然でいやらしく見えないかな、という結果に。

この「削ったような処理」は実は古いやり方。まだ写真がフィルムのみで、編集技術も現在のように多様化していなかった頃。
性器を「消す」処理の1つに、プリントした写真を直接削って載せる というのがあったのですが 今回はそれを再現しつつ、よりナチュラルに見える要処理してみました。

ただ、この写真は「パイパン」で、性器自体も露出していない「スジ」の状態だから出来た結果。
もっとハッキリ写ってしまっていた場合や、陰毛があった場合はブラシストロークのみでは対処が難しい。


そこで、ブラシストロークをかける前に、性器自体をコピースタンプ等を使って完全に消してしまい、その上から処理を加えてみた所・・・なかなか奇麗に仕上げる事ができました。





でも、ここで気付く。


コピースタンプで性器を消したのなら・・・その時点ですでに『性器が見えてはいけない』はクリアしてるんじゃないの?
つまり人形の下腹部のように、性器そのものを「消して」しまえばいいのです。



これが、エロ画像であればNGです。エロ画像では性器や結合部を(最小限に)隠したいのであって存在を消したいワケではありませんから。

でも、非エロのヌード写真で、「法に触れないための処理」としてであれば案外使い勝手のいい方法かも!?


ある程度の制限は残るかもしれませんが、このやり方ならこれまで撮りたいと思いつつも諦めていたヌード写真も遠慮せず挑めるやも。

・・・まぁ、実際にそれを公の場で発表するとなると もう少し調べなくてはいけないと思いますが・・・
でも挑戦してみる価値はあるんじゃないでしょうか!



さて、この気持ちを忘れないうちに、早急に次のヌード撮影の予定を入れないと・・・!!

「カメラさんのやる気、無駄にできないっ!!」という熱い情熱を持ったお嬢さんは、
今すぐ「募集」カテゴリーからモデル希望メールを送ればいいと思いうよ!!(結局はそれか)






おまけ。

今回は非エロ写真での処理というコンセプトなので考慮しませんでしたが、いわゆる「くぱぁ」してしまってる物にもブラシストロークで対応できないかと試したものの、やはりどうやっても無理。


そこで、同じように性器部分そのものをコピースタンプ等で違和感のないよう塗りつぶしてしまい、その上から処理をしてみる事に。



IMG_0081.jpg


うーん・・・・これなら普通のボカシ処理とあまり変わらない?
(というかなんか違和感を感じる??)



やはりこのやり方は非エロ限定かもしれませんね。まる。





CAMERAMAN netへ

 

ヌード撮影のススメ・撮影用衣装で「下着」を購入したい!!

20120819.jpg



今住んでいる部屋を出てもーちょっと広い所に引っ越したい と思うも、なかなか実行に移せない最大の要因は

引っ越し費用でも物件でもなく ただひたすら『めんどくさい』から なカメラさんですこんばんは。


何か行動をおこす際、この 「めんどう」 ってのは最大の難関で いつもこの壁を超える事無く挫折してしまいます。

本当にやりたい事であれば壁は超えられる・・・超えるしかないワケで。じゃあ超えられないって事はまだそこまで重大な問題になっていないって事なのでしょうね♪ もうしばらくここに住むかなー

(「カメラさん、徒然日誌」は今日も山のような荷物とガラクタですでに足の踏み場が無いゴミ部屋からおおくりしています)



さて。今回はMuRyoさんよりご質問頂いた「撮影衣装の購入」についてお応えしたいと思います。



頂いた質問


「ヌード撮影のススメ」、いつも参考にしています。
自分も趣味でモデルさんを募集し撮影をしているのですが、いつも困ってしまうのは衣装。特に下着です。

普段、衣装や下着はモデルさんにお任せして好きな物を持ってきてもらうのですが、それが自分の理想(撮影したいイメージ)に合う物とは限りません。ある程度リクエストするのですが「そういうのは持っていません」と言われてしまいます。また、自分の下着を持ってくるのを嫌がる女の子もいます。

そんな時は自分が下着を用意しなくてはと思うのですが 恥ずかしながら女性下着を買った事なんてありませんし、一緒に買いに行ってくれるパートナーもいません。
通販で買う事も考えましたが、男の名前で女性下着を注文するわけにもいかず・・・それに3サイズを聞いて注文し、もしサイズが合わなかったらと思うとなかなか。


何か良い知恵は無いでしょうか?




MuRyoさん。ご質問ありがとうございます。
女性下着・・・確かに、男性が購入する物としてはハードルがかなり高いですよね(笑
誰かと連れだって歩いていて、相手が女性下着の店に入ってしまい 出てくるのを外で待っている時ほど気まずい物はありませんから(一緒に入ってもイイらしいですが、個人的にはそれは他のお客さんに対して失礼だと思う派です)


で、撮影用下着ですが・・・
私も基本はモデルさんまかせ。どうしても自分のイメージに合う物が必要な場合はWEB通販を利用しています。

通販は、下着メーカーのオフィシャルHPからではなくアダルトグッズショップを経由。注文時に事づけておけば郵送時の品名を変えてくれます。
また、最近は盗難や個人情報得漏洩対策として一般の下着ショップサイトでも品名を「衣類」等にしてくれる所がありますので、注文前にメールで問い合わせてみてはいかがでしょう?

男性名で注文する事に関しては・・・気にしなくて良いと思いますよ? 相手も商売ですから、別に変に思う事は無いです。(旦那さんとクレジットカードを共有している方とかだと、何を買うにも旦那さんの名前で、という例も多いですから)

下着のサイズは3サイズとブラのカップを教えてもらい、それに準じて。とはいえ、実際の所は撮影時のみの使用ですので多少サイズが違っていても問題無いかと。

サイズがハッキリ解らない等で迷った場合は、「小さいサイズ」の方を選んでおけばOKです。


注意点として、ショップにもよりますが通販は郵送に時間がかかる事がネック。注文してから手元に届くまで、早くても3日は必要です。
営業時間、配送元の場所(海外という場合も)、土日祝を挟む事等を考慮して、最初は1週間~半月は余裕を持っておいた方が良いでしょう。

また、商品単価が低くても送料が高額では意味がありません。なるべく安い所や「○○円以上は送料無料」の所を探し、余裕を持って何着かまとめて購入しておけば送料を節約出来る上、急な撮影にも対応できて便利ですよ!


通販以外では、東京・大阪・名古屋といった大都市近辺にお住まいであればアダルトショップで直接購入がオススメ。やっぱり実際に目で見て、手で触れて選んだ方が良いですから。

あとは・・・品質的にあまりオススメしませんがドンキホーテ等で購入する事も可能ですね。
普通のランジェリーショップでは断られるかもですが、そういう場であれば男性一人で女性用下着を購入しても止められる事はありません。絶対ありません。だって実際に わたし、何度も購入してますから。平気ですから。 えぇ全く問題ありませんよ!! 






「カメラさんはもーちょっと人目を気にした方がいいと思うなぁ」


「・・・だよね」


最近本当にそういうの『平気』になっちゃってて、我ながら怖いのです。



参考になりましたでしょうか~??



CAMERAMAN netへ

 




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png