ヌード活動のレシピ-ヌード撮影ノススメ ヌード活動のレシピ - ヌード撮影ノススメ

ヌード撮影ノススメ

 



『アクア&タイガ』 さん インタビュー

HP、BLOG、SNS・・・。
今や多くの人が自由に「個人の趣味趣向」を広く表現できる時代ですが、一方で「ヌード・アダルト」に対する規制はますます厳しくなっています。
個人でヌード・アダルト活動をしている人も、その多くが数年以内に活動を終えている昨今。

個人にて『ヌード・アダルト系サイト/SNS』を更新されている方からお話を伺い、
作製・継続するために必要な事や注意点、体験談を記事にして紹介たい。

そんな思いから新たにスタートしたインタビュー企画。『ヌード活動のレシピ』

これから活動を試みる皆さんにとって良きアドバイスとなるべく 「あの方たち」 に ご協力いただきました。


第3回目に登場いただくのは・・・  主にTwitterや投稿サイトにて、ご夫婦で活動されている、「アクア&タイガ」 さん


91813.jpg

ご夫婦・野外露出・個人BLOGやHPではなく投稿サイト及びSNSのみ、な活動は今企画では初めてのパターン。
ですが記事執筆時点で Twitterフォロワー数 16000人オーバーの人気アカウントになられています。

今回はご主人の『タイガ』さんに、興味深いお話を沢山お伺いしました。

(普段の撮影兼ツイート・投稿者が旦那さんの タイガ さん。 
 モデルが奥様の アクア さんです。)



※当記事内にて掲載の画像は『アクア&タイガ @aqua_public』様より掲載許可を頂いております。


aqua01.jpg
 ( Twitterアカウント・アクア&タイガ より)


     まず、お二人がアダルト/ヌードサイトを始めた切っ掛けを教えてください。


タイガさん(以下 敬称略)
 私は元々、『露出』に興味があったんです。

大学生になって彼女ができ、当然のように女性を露出させることに目覚めてからは
何人かの野外ヌードを撮っていました。

しばらくして、ヌードを撮るだけではなく他人に見せてた際に どんな反応があるか興味が出たため、投稿サイトに投稿するようになりました。



  ──まず活動はタイガさんから。場所は投稿サイトだったんですね



タイガ
 はい。Sweet memories という会員制サイトで、現在も継続しています。
もう10年以上の投稿歴ですね。

Twitterに出すようになったきっかけは今更ながらSNSに興味が出た事と、
自分たちのプレイを積極的に発信することで
妻であるアクアの承認欲求を満たしたくなったからだと思います。

投稿サイトよりダイレクトに反応があるのがなんだか面白くてかれこれ1年少し続いています。

これらの活動に関して、総じてアクアも楽しんでくれてますが、
積極的にやりたいと思っているほどではなさそうです。


  ── そうなんですか? お写真からはアクアさんの積極性も伝わっていたのですが・・・
では、そんなアクアさんを「その気にさせる」物、「お礼(ごほうび)」「協力頂くコツ」などありますか?




タイガん
 コツですか? うーん・・・
基本的には私が撮りたいことを伝え、撮った写真を褒めちぎることでしょうか。

もちろんアクアも露出のドキドキを楽しんでいる面はあるでしょう。
派手なご褒美はあまり出したことはありませんが、少額の物ならお礼に買ってあげることもあります。

でもやっぱり一番は、アクアへの愛を伝えることですね。


  ── ・・・ご馳走様です。。。



タイガ
 どういたしまして(笑


  ──  少し話の時系列が前後しますが。
タイガさんが女性を露出させることに目覚めたのは、彼女が出来たことが切っ掛け、と先ほど伺いました。
それってアクアさん?又はアクアさんの前に何人か彼女さんがいて、その方たちも撮影されていた?



タイガ アクアと出会ったのは私が大学生。アクアが高校生だった頃です。
でも初めての彼女では無かったですし、アクアより前の彼女でも露出撮影はしていました。


  ──  ・・・という事は、お付き合いされてから『野外露出』や『撮影』の趣味を告白したのでしょうか



タイガ
 そういえば言われてみると全て付き合ってからの告白ですね。


  ── これらは、ありていに言うと特殊な性癖であり 恋人やパートナーにそれを求める事はとても勇気の必要なことだと思います。
タイガさんは、性癖を拒絶される不安を感じたりしなかったのでしょうか?



タイガ 拒絶される心配はしたことがありませんが、性癖が受け入れられない場合は遅かれ早かれ別れていたと思います。

男女の相性って結局はSexの相性だと思っているので、
そこはお互いが受入れられないと、ですから。


aqua04.jpg
 ( Twitterアカウント・アクア&タイガ より)


  ──Twitterを拝見したところ、昨年に一旦全ての投稿を削除されていますね。
  これは、何かトラブル等があったのでしょうか?



タイガ 大きなトラブルがあったとかではありません。
当時、Twitterがちょっと面倒になってしまっていたのが一番の理由ですね。
思いのほかたくさんの人が見ているため、書き込まれるコメントも色々あるわけで。

Twitterにアップした写真を観た人たら、「行動範囲がわかりました」みたいなのが届くこともあり・・・・
投稿サイトの方ではこんな事無かったので、Twitterはもうやめちゃおうかと。


  ──ある話ですね・・・



タイガ 今思うと、それは悪意のある物ではなく
「ここは○○の近くですね」といった話題提供だったのかもしれません。でも当時の私にとっては心配事の種でしかなかったので。 



  ──気持ち、凄くわかります。
一方で、そういった事があってもまたTwitterを再開されています。これはどうしてですか?



タイガ 先の連絡が悪質なものでないと解った事が一つ。
沢山のフォロワーさんにアクアを褒めてもらうことが快感(楽しみ)になっている事が一つ。
Twitter上だけのバーチャル友達との関係も大切にしたかった事が一つ。

何より、それによってアクアがいつまでも綺麗でいようと努力してくれることが嬉しいのからですね。


  ──  ・・・またしてもご馳走様です!
 

 では、今後、活動内容をどのようにしていきたい、など希望や目標はありますか?



タイガ せっかく再開したTwitterですから、新しいことにも挑戦しつつ
でも身の丈に合ったペースで活動していきたいですね。

たまにTwitter飽きた期がやってきたり(1週間くらいで治ります。)
気分次第で方向性は変わるかもしれませんが、自由に続けたいと思います。



aqua03.jpg
 ( Twitterアカウント・アクア&タイガ より)


  ──  アダルト/ヌードサイト活動をするにあたって、タイガさんの考える楽しさと注意点をお願いします。


タイガ 楽しさはなんといっても承認欲求だと思います。

撮られて晒されるアクアは自分の身体に対する承認欲求を。
私は素人ながら写真の出来栄えに対する承認欲求を満たしたくて。

いわゆる普通の写真では、わかりやすく承認欲求を得ることはできませんから。

注意点は先ほどもお話しましたが身バレですね。

特に私のように露出癖をこじらせた人間は野外で撮ることも多いので、
自宅近くやよく出歩く場所で撮った写真を貼るときは 特定の場所がわからないように注意しています。

あとは、顔バレ写真を投稿したくなる破滅願望のようなものに抗うことでしょうか(笑


色々回答いたしましたが、うちはいわゆるヌードサイトとして有料な内容の活動はしておらず、
自分たちの性的欲求を満たすことを第一にしています。

そのため、ヌードの芸術性だけではなく淫靡なプレイも撮っています。

いつまでも妻が綺麗でいてくれるように、
いつまでも綺麗な妻を愛するための一つとして遊んでいるのでしょう。

もちろん人に見せることで刺激も感じますし、性的なものも感じますし
倒錯的な興奮も味わいます。

そういった部分を踏まえて、愛するアクアを晒す行為がやめられない。


性癖は人それぞれですが、誰にでもそういった『自分の欲求を満たす形』があるのだと思います。
それをパートナーと一緒に楽しむことが出来たら・・・最高ですよね!


  ── では最後に、これから作製する人へのアドバイスなどありましたら


タイガ 活動を続けていると衝動的に考える事(時期)があるとは思いますが、そんな時こそ一旦冷静になって 自分たちが何をしたいかをよく考えてから行動するのがいいかと。

長く細く。みんな仲良く大人のエロを楽しみたいですね。



aqua07.jpg

 ( Twitterアカウント・アクア&タイガ より)




 
創作活動としてではなく、あくまで「夫婦間の楽しみ」として撮影されているお二人ですが
だからこそストレートで自由な活動を長く続けてこられたのかもしれません。

その姿は本当に羨ましく またアーティスティックでもあります。

自身のHPやBLOGに拘ることなく、アダルトな活動を素直に楽しむ・・・
これからの表現の形として、大いに『アリ』だと思いました!。


アクア&タイガ Twitterアカウントでは 他にも多くの野外露出やアダルト活動を楽しまれているお姿を見ることができますので
是非参考にされてみてはいかがでしょうか?


タイガさん、アクアさん
この度はご協力ありがとうございました。





アクア&タイガ Twitterアカウント
CAMERAMAN netへ

 

『放蕩記 昆布ちゃん』 さん インタビュー



HP、BLOG、SNS・・・。
今や多くの人が自由に「個人の趣味趣向」を広く表現できる時代ですが、一方で「ヌード・アダルト」に対する規制はますます厳しくなっています。
個人でヌード・アダルト活動をしている人も、その多くが数年以内に活動を終えている昨今。

個人にて『ヌード・アダルト系サイト/SNS』を更新されている方からお話を伺い、
作製・継続するために必要な事や注意点、体験談を記事にして紹介たい。

そんな思いから新たにスタートしたインタビュー企画。『ヌード活動のレシピ』

これから活動を試みる皆さんにとって良きアドバイスとなるべく 「あの方たち」 に ご協力いただきました。


第二回目に登場いただくのは・・・  放蕩記の「昆布ちゃん」 さん

KONBU001.jpg


当BLOGにも毎回コメントいただいている “昆布ちゃん” さん。
「反射」「写りこみ」を多用した特徴的な写真もさることながら、その人柄が感じられる文章で多くのユーザーから支持されています。

昆布ちゃん さん は九州在住なので、今回はメールにてお話を伺いました。
(メールなのにまるで直接会話したかのような親密さですが・・・)

※当記事内にて掲載の画像は『放蕩記』様より掲載許可を頂いております。



【『組織に属する(投稿)』という形から、個人(自己発信)の横のつながりへ。】

KONBU004.jpg
 ( 放蕩記 より)



     昆布ちゃん(敬称略)がアダルト/ヌードサイトを始めた切っ掛けを教えてください。


昆布ちゃん
 元々は(Hな)プレイ系の人間でした。

夜な夜なスワッピングサークルや、
Hな野外活動が活発な場所に遊びに行く日々。
そんなB面活動(エロ活はそう呼ばれてるらしい)してる内に、
その中に顔見知りや友人ができました。

  ──いわゆるB面(=エロ活。覚えた。)仲間ですね!  なんだかとても 『大人』 な印象です


昆布ちゃん トムクルーズの映画に 『アイズ・ワイド・シャット』 ってのがありましたよね(笑)    


  ──なつかしい!!


昆布ちゃん まさにあんな世界でしたよ。

しかもちょうど携帯にカメラが付いて、写真のデジタル化が進み
Hな写真を現像に出さなくて済む、スケベ写真が気軽に撮れるようになった時代♪

ご他聞に漏れず、オイラもスケベ心からHな写真を撮りはじめるまでに
時間は掛かりませんでした。

そして、そんな写真でも撮ったら他の人に見せたくなるのも、また人情(笑)
たまたま地元に、そっち専門のHP(Hな交流掲示板や投稿掲示板)があり、

しかも!上記B面活動で顔見知りになった友人が、
そのHPの管理者だったんです。

舞台は整いました(笑)
当たり前のように投稿し始めます。


  
──PCやWEBに限らず、技術発展の裏には必ず 「エロ」 がありますからねぇ。
  そういえば私がPC買った一番の理由も、エロゲーでしたね・・・あ、話題がそれました。



昆布ちゃん
  そのHPへHな写真を投稿すれば
レス(コメント)が付きました。

勿論レスをくれる単独男性はプレイに呼ばれるという可能性があるという
地元のエロ掲示板の特性からか、
どんな写真をアップしても応援レスが多かったですね。

しかし「褒められれば調子に乗るオイラの性格」には、
非常に居心地のよいものでした。
 
ただ・・・オイラは八方美人なトコもありるんですよ。

投稿者の中には、似たようなHPを自身で独立し立ち上げた方もいらっしゃいまして・・・。
そちらの投稿掲示板にも分け隔てなく投稿してたんです。

それがいけなかったようですね(^^;;

ネット上とはいえ、大所帯になれば自然と仲良しグループができはじめます。

エロは自己責任・各個人が最優先!という考えを持つプレイ系出身のオイラは、
どこのグループにも属さないハグレもんでして。

一部の方からは、それが面白くなかったようです。

やがてオイラを慕ってくれる周りの人を巻き込むようになり・・・
丁度、お上の目が厳しくなった時期でもあり・・・
投稿を辞めようかなぁ?けど居心地のよい場所は失いたくないなぁ・・・

というジレンマがありました。

そんな時にめぐり合ったのが、携帯電話専科の無料レンタルHP♪
それは誤解を恐れずに言えば『組織に属する(投稿)』という形から、
『個人(自己発信)の横のつながり』へ変りました。

これまた居心地と都合のよい場所だったんです♪

かくしてオイラの自家発電・・・じゃなかった(^^;;
自己発信(HP)をはじめたんです。


  ──よそのサイト投稿と個人サイト作製で、異なる部分(心構え)などはありましたか?


昆布ちゃん  異なる部分と言えば・・・

今で言う「炎上」した場合でも、投稿サイトの管理者様に迷惑をかけることはありません。
自分のサイトですから。

しかも自分の意思で、自由にサイトや記事に鍵をかけることもできる。

心構えではないですが・・・『嫌になればやめる!』という選択を
常に持てるのは、気が楽になりました。



  ──これまでに閉鎖や長期休止の危機はありましたか?


昆布ちゃん  今までに2回の閉鎖を経験してます。

閉鎖理由は、使用していた無料レンタルのサーバー(携帯HP)の
経営方針の変化(ヌード・アダルトの禁止化)

あとはレンタルサーバーの廃業・閉鎖など(不況のせい?)一方的な向こうの都合ばかりです。

長期休止の危機は、個人的な仕事の都合と・・・震災(熊本地震)かなぁ。

幸いにも「つき合っていた女性(モデルさん)に捨てられたから・・・」という理由はありません(笑) 
 

   ──熊本地震はまだ記憶に新しいですね。当時は大変な様子もツイートされていたので 
  読みながら心配しておりました・・・




KONBU002.jpg
 ( 放蕩記 より。サングラス+写り込みを活かした独創的な写真シリーズ )



 
──これら出来事があっても辞めなかった一番の理由は何ですか?

昆布ちゃん やはり個人的に居心地がいいからでしょうね~
子供の頃から褒められたコトが少ないオイラですので、褒められる場所は心地よいです♪
まだ辞められないです(笑)

 ──昆布ちゃんは各BLOGやサイトさんへ、毎回こまめにコメントされていますよね。
  また自身の記事に来たコメントにも1つ1つ丁寧に返信されていて。
  それって「褒められる嬉しさ」を実感されているからでしょうか?

  また、コメント記載時とあわせ、サイト活動をするにあたっての、楽しさと注意点を教えてください。


昆布ちゃん  
コメント記載時で注意してるのは、
“モデルになった女性を褒める"こと。

その写真を撮った撮影者を貶すコトをしても、女性を貶しちゃ絶対ダメ!
女性あってのヌードフォトです(笑)

責任は、その女性の魅力を写せなかった撮影者にあります!
オイラ、オトコには厳しいですよ(笑)

気をつけていること、サイト活動全般ですと・・・

①モデルさんの顔には、絶対にモザイク!
②モデルさんや場所(特に野外)を特定されないような配慮。
③会社などのロゴマーク等にもモザイク。※クレーム経験アリ
④撮影データの取扱い!(過去の女性の写真は特に)
  
あと、大胆になりすぎてお上を敵にまわさないこと(笑)


 ──どれも納得の内容です。デジタルは手軽に扱える分、データの取り扱いには
  十分注意しなきゃですね。
  これは撮影する(させてもらう)なら絶対にこちらが注意すべき部分だと思います。

  お上は・・・敵にしても勝てませんからなぁ。不満をこぼしつつも、
  上手く折り合いつけていくしかないわけです。



昆布ちゃん 
そうですね。
先ほどの「モデルさんの顔にモザイク」の件で言えば・・・

撮影又はアップ時はモデルさんの了解を得られていたとしても、
時が経てばお二人の関係が変ったり、モデルさんの考え方が変ったりするかもしれません。

極端な例えだったかもしれませんが、想定できるトラブルは避けたほうが賢明かと思います。

あと、お上への忖度は大事です(笑)


楽しさに関しては・・・

プレイ系の方々も含め、オイラのように個人で撮影を楽しまれている方は、
「妻(パートナーの女性)自慢」が根底にあるのだと思います。

パートナーの女性(モデルさん)が褒められて・・・その上、撮影者にもお褒めの言葉がいただける。
しかもB面活動は二人の秘密の共有♪ 

そう!女性と仲良くなる秘訣のひとつです♪

すると当然二人の仲もよくなる(笑)
快楽と欲望に対し強欲なオイラには楽しい道理です(笑)


 
──お二人が仲睦まじく過ごすためのB面活動。その手段としてのサイト、ということですね。


昆布ちゃん そうです。オイラの場合は特にその傾向が強いと思います。


 ──サイトや写真に限らず、趣味の共有や尊重って凄く重要な要素ですからね。
  それがエロならなおさら。
  恋人を自慢でき、承認欲求も満たされ、二人の仲を保ちつつ、性的快楽も満たされる・・・

  何ですかこれ。国が全国民に推奨するレベルで良い事づくめじゃないですか。



昆布ちゃん オイラが選挙に立候補した暁には是非清き一票を(笑)




自身のパートナーと始めるなら、プレイの延長として 『何事も二人で』 楽しんで。】

KONBU005.jpg
 ( 放蕩記 より。)


 ──これからアダルト・ヌード活動をする人へのアドバイスをお願いします。


昆布ちゃん もしご自身のパートナーと撮影を始めるなら、
プレイの延長として楽しんで欲しいです。

プレイの延長ですから、当然『何事も二人で♪』が基本。

一方的な片思いのような状態で、片方だけが盛り上がってはダメです。
盛り上がる時も、イク時も、二人一緒だよ~(笑)

  
もしパートナー以外のモデルさんを撮影する場合は・・・
事前に話し合いで詳細(ルール)を決めて欲しいです。

画像のアップの承諾・経費の負担・撮影データの取扱いなど。




 ──事前にしっかり打ち合わせをする。これは同意です。私も徹底しています。
 昆布ちゃんは今、パートナーさん以外で定期的に撮影されている方はいますか?
 また募集したり、声かけたりをしていますか?



昆布ちゃん 不定期ですが、お願いして他の女性を撮影したり、
女性から撮影の依頼があったりします。

個人的な感想では、1回目よりも2回目。2回目よりも3回目の撮影した時のほうが
写真の出来がいいように感じますね。

初回からよい結果が出せないのは、オイラの技術的な甘さが一番の理由なのでしょうけど・・・。

画質などで彼(その女性の彼氏)が撮る写真を越えることは出来ても、
写真の出来(女性の表情や仕草、雰囲気など)を越えることが
出来ていないのが理由だと思います。

その女性の一番の魅力を知ってる彼(その女性の彼氏)の
なせるワザなんだなぁと痛感しますね。

その女性の彼氏からガチで寝取るくらいの勢いで、被写体となる女性に
惚れこまないとダメなんでしょうね(笑)

  個人的な考えですが・・・
 
   撮る女性の皆様は、普段は母かもしれない。妻かもしれない。娘かもしれない。
  会社のリーダーかもしれないし、社会を支えてる頑張り屋さんかもしれない。

  様々な日常の顔を持って暮らしていると思います。

  しかし、そんな肩書きを脱いで『女』として撮ってほしいから、
  カメラの前にいてくださるんだと思ってます。

  『ヌード』となると敷居の高いイメージですが・・・
  「違う自分」を演じるコスプレなどと変らないのではないか?と思ってます。
  むしろ「素の自分」ですから。。。

  撮影した女性に言われたことがあります。
  『あと○年早く撮って貰えばよかった』と。
  毎日、鏡と向き合う女性ならではの言葉だと心に刺さりました。

  もしヌードを撮ろうと考えていれば、思い立った日がアナタが一番若いんです。
  時間を逆戻しすることは出来ません。

   「しなかった後悔」よりも「した後悔」のほうが、心の修正がききます。
  
  そして写真を撮る時が来れば、
  撮る貴方はモデルさんを「女」として見つめてください♪

  貴方のその眼差しで、女性はいつまでも綺麗になるのですから。
   v( ̄▽ ̄+)♪キマッタ


KONBU003.jpg
 ( 放蕩記 より。)





 メールではよりプライベートな話題にも触れさせていただきましたが
 総じて 心配り の大切さと それを自然とされている懐の深さ みたいなものを
 感じました。

 これが現代の九州男児・・・さすがです。

   また、アダルト(エロ)面の強いコンセプトでありながら、
 写真からはお二人の楽しげな雰囲気が伝わってくるようで
 長く特定のパートナーさんを撮影し続けているからこその世界観は 
 正直羨ましい・・・!!

   これからご自身のパートナーさんと活動を、と考えられている方は

 『放蕩記』 をお手本の一つとしてみてはいかがでしょうか?



 今記事に使用させていただきました画像は全てBLOG掲載分からですが、
 昆布ちゃんのTwitterにはモノクロバージョンの画像も多数紹介されています。

 BLOGとあわせ是非、ご覧下さい。

 昆布ちゃん さん、この度はご協力ありがとうございました。




20151228130717044.jpg 昆布ちゃん のページ  『 放蕩記 』  『 Twitter 』

CAMERAMAN netへ

 

『ROPE MAGiC スズキレイジ』 さん インタビュー (後編)

HP、BLOG、SNS・・・。
今や多くの人が自由に「個人の趣味趣向」を広く表現できる時代ですが、一方で「ヌード・アダルト」に対する規制はますます厳しくなっています。
個人でヌード・アダルト活動をしている人も、その多くが数年以内に活動を終えている昨今。

個人にて『ヌード・アダルト系サイト/SNS』を更新されている方からお話を伺い、
作製・継続するために必要な事や注意点、体験談を記事にして紹介たい。

そんな思いから新たにスタートしたインタビュー企画。『ヌード活動のレシピ』
これから活動を試みる皆さんにとって良きアドバイスとなるべく 「あの方たち」 に ご協力いただきました。


前回に引き続き ROPE MAGiCの「スズキレイジ」 さん 
を紹介いたします。


Rope02.jpg

前半ではレイジさんの羨むような作家性を伺いました。

しかし、そんなレイジさんにも「ヌード/アダルト活動」故の テンション下がっちゃうことはあったそうで・・・・。


※当記事内にて掲載のROPEMAGiC/GALLERY画像は『ROPEMAGiC』様より掲載許可を頂いております。



【自分が好きなものが、世の中から否定される】


ROPE002.jpg
(ROPE MAGiC/GALLERYより)


 ──ここまではレイジさんが『ROPE MAGiC』を始められた経緯と、現状をお伺いしてきました。
非常に理想的な道を歩まれていた感ですが、ヌードやアダルト要素のある活動だからこそのトラブルみたいな物はなかったのでしょうか?


スズキレイジ(以下、レイジ) 一番心配すべきはモデルさんとのトラブルですが、
先程も説明しましたように事前に対面して打ち合わせをしていますし
現場で覆すようなことはないのでその心配はありません。

撮影後しばらくして掲載を止めてほしい、といった申し出が来ることは稀にありますけど・・・
 

 ──私も経験あります。就職する、結婚する、恋人が出来た・・・等の理由で、HPから下げて欲しいと。


レイジ はい。ここで揉めても得はないので、無茶な要望でない限りはなるべく受け入れるようにしています。

まぁ、そこまで酷い理由で取り下げるよう言われた事は無いのが幸いです。

あとは、何年も前の話ですがモデルさんの彼氏から苦情が来たことも。


 ──修羅場だ!!


レイジ あくまで作品製作であることを説明して 最終的には解ってもらえましたが なかなか大変でした。 

カメラさんの写真はウチより性的なニュアンスが強いので、同じような経験があるのでは?


 ──それが一度もないんですよ。


レイジ 意外です。


 ──私の撮影テーマには 
「女の子の彼氏や親しい人が見て、おもわず嫉妬してしまうような」というのがあるのですが 
残念ながらそういった苦情が来たことは未だなく・・・



レイジ そもそも彼氏には見せていない、見せられないと思っているのかも?


 ──かも知れませんね。 でも、
モデルさん、彼氏さん双方から 「もっと積極的に撮ってもらってもよかったのに」なんて言われたこともあります



レイジ それは興味深い話ですね(笑



 ──(トラブルの話に戻して) ほかには何かありますか?



レイジ そうですね・・・これまでに何度か個展を開催しているのですが、題材が題材だけに断られる事も多く経験しました。

申し込みする前に規約などしっかりチェックしても、たいてい何かしら引っかかってしまう。


 ──「公序良俗に反するもの・わいせつなもの」


レイジ そう、それです!   会場だけではく、WEBや他の物でも良いサービスを見つけてワクワクしながらチェックしていたら  たいていこの一文でNGになる。


 ──レイジさんの作風なら全く問題ないように感じるのですが・・・


レイジ 例えば、なんとか会場が決まって写真集や案内カードを作るため印刷所に申し込むじゃないですか。
事前に規約をしっかりチェックして、ヌード作品も問題なく取り扱っていることを確認するじゃないですか。

で、入稿した翌日くらいに電話がかかってくるんです。何かデータに不備でもあったのかと思って電話に出ると、

「ヌードは問題ないのですが、“縛り” はうちの規約に引っかかるので・・・」って。

もちろん事前に「縛り描写はダメ」と書かれていないことは確認済みです。
が、そこは「公序良俗に反する」の部分なんでしょう。

でもそれって明確な記載がされていない以上、こちらでは事前対応のし用が無いんですよね。


 ──あちらの匙加減でどうとでも出来る部分ですからね


レイジ 「バストトップが見えたらダメ」 とか、「男女の絡み描写はダメ」 とか 
具体的な指示があればそれに対応することが出来ます。

でも 「ヌードはいいけど わいせつ はダメ」 とされてしまうと、どこからどこまでがわいせつか。
何がわいせつと見られるかはこちらで判断しようがない。

そういうことが1度や2度ではなく、活動する上で何度も続いたら・・・

「そうか、自分の好きな物って、世の中からそんな扱いを受けるものだったのか。じゃぁもう辞めちゃおうかな」

って


 ──なる!


レイジ なりますよねぇ・・・。 

今回、カメラさんが呼びかけていた「ヌード・アダルト活動は短期間で終わりやすい理由」には、これもあるんじゃないかと思うんです。
何か新しいこと。自分だったら個展や写真集印刷。カメラさんだったらイベントや販売登録とか?

そういうのに挑戦したいと思っても、「規約だから」と弾かれたり、 
これまでやってきた事(アカウントなど)が突然消されたり。

アダルト系でなければこんな苦労はしないのに・・・。
真面目に活動している人ほど、テンション落としてしまうでしょうね。実際、自分も写真集の件では結構堪えましたよ。


 ──たしかに、それはすごく「ありえる」話ですね・・・結局、写真集とカードはどうなったんですか?


レイジ どうしようかと悩んでいたところ、同人誌などを取り扱っている印刷所さんから
「ウチでなら作れますよ」って声をかけてもらって。満足のいくものが出来てほっとしました。

ただ、最初の印刷所が悪い所だった。次が良い所だった。みたいに簡単な話でもないんですよ。

印刷会社にもそれぞれ事情や決まりがあるでしょうし、今回は良くても次お願いしたら断られるかもしれない。

ヌードやアダルト関連で活動している限り、これからもそういったトラブルは避けられないことかもしれません。


 ──法律や規約をしっかり守って、出る人(モデル)も見る人も喜んでくれる。それでもダメ。


レイジ エロだから。


 ──エロは悪なのでしょうか?


レイジ その風潮はありますね。人間の本能なはずなんですけど・・・



Rope07.jpg

(
ROPE MAGiC/販売ページより) 2017年4月開催作品展にて販売された 図録「ROPE MAGiC COLLECTION 2017」





 ──そんな数々の逆境(?)を経験されても、かわらず活動を続けているのは何故ですか?


レイジ やっぱり、好きだから だと思います。 それに勝る理由はないんじゃないでしょうか? 

一人でも多くの女性を縛りたい。写真を見てもらいたい。モデル本人や見てくれた人が喜んでくれる。もちろん自分も楽しい。

“趣味”とか“承認欲求”とか“ライフワーク”とか、言い方は色々ですけれど、

要するに、この活動が好きだから続けている。 


 ──逆境も含めて 好き である、と


レイジ あ、いえ逆境は無いほうがいいです。(笑

HP製作のときに少し話しましたが、自分は文章書くのが苦手で。
今は必要最小限の文章だけで更新できるスタイルに変えました。

苦手なことを無理にやろうとしても続かないんですよね。

好きだから、楽しいからやっているのに苦手な部分で詰まってしまったら意味が無いじゃないですか

続けられる理由は、好きだから。
好きでいられる理由は、苦手な事はやらないから。


 ──なるほど・・・実に納得です!




【何のために活動するのか を、明確に認識する】



 ──長く活動されてきたことで体験した面白いエピソードなどあれば聞かせてください。



レイジ 最近では、ストリップの舞台に上がってショーを実演したことです。


 ──レイジさんが、ストリップのショーに出演・・・!?


レイジ 何か勘違いしてません? あ、勘違いというのもちょっと違うか・・・

実は、『DX歌舞伎町』さんの舞台でライブシューティングをやったんです。
満員の観客に見守られながら舞台上でモデルさんを縛って、撮影するまでを
一つの演目として実践する

まさかストリップの舞台に上がる日が来るなんて夢にも思いませんでした。
実際にお話を頂いた当初、自分には絶対無理だとお断りしたくらいです。


 ──縛る相手(女性)はストリップの踊り子さんだった?


レイジ いえ、過去にROPE MAGiCへ出演いただいた一般の方です。

ライブシューティングで普段とは違った演目とはいえ、女の子にしてみれば「ストリップに出演」するわけですから
声かけてもOKもらえるのは難しいんじゃないかと心配していましたが・・・

意外にも「やりたい」「出たい」と言ってもらえて


 ──こういうときは女性の方が度胸ありますよね


レイジ いや本当に。で、これはもう自分も腹をくくるしかないな! と


 ──縄師だけに!


レイジ 縄師だけに!!



ROPE004.jpg

(ROPE MAGiC/GALLERYより) DX歌舞伎町「カタルシス2」舞台での実演ショット




 ──これからWEB上でヌード・アダルト系活動をする人たちに、注意点や継続するコツ、アドバイスがあればお願いします


レイジ 『何のためにやっているのかを、具体的な形』で認識出来るようにしておくことが大切です。

自分の場合、何のためには “趣味” “好きだから” 。でもそれだけだと絶対に続かない。
HPギャラリーから皆さんが送ってくれる、 “感想メッセージというフィードバック” があればこそなんです。

HP運営って基本的に孤独で、総じて一方通行な物ですよね。

“いいね!” や “アクセス数” で得られる反応ももちろんありますが、
満たされる承認欲求は さほど大きくないというか、それじゃ物足りない。

でも一人ひとりが自分の縛りや写真に感想メッセージをくれる。
それをモデルさんに送ると、また返信がもらえる。

そうやって、楽しさややる意味を 『
具体的な形』 として実感することが出来れば 
きっと長く続けられるんじゃないでしょうか。

もちろん、人によってそれは 売り上げ だったり、他の何かだったりするのだとは思いますが
自分へのフィードバックが全く無いまま作業を続けるのって、現実的じゃないんですよ。


 ──趣味であることに自分自身が頼りきってしまうと、何かあったときに続けられないんですね。



レイジ たとえ趣味でも、やっぱりご褒美は必要だと思います。



 ──最後に、レイジさんの今後の展望というか 
どういうことをしたい、どうなりたい、といった 目標みたいなものがあれば教えてください。


レイジ 目標ですか? うーん・・・・・特に無いですね。

ROPE MAGiCの活動その物が理想なので、しいて言うなら これからもずっと活動を続けることが目標です。
毎回女の子を綺麗に縛って、撮影して、HP更新して、たまに個展をやって写真集作って。

やっぱり今が理想ですね。


 ──何歳になっても続けたい?


レイジ 体力が持てば!


 ──縛師さんや写真家さん 年齢層は広いですから大丈夫ですよ!
実際もっと上の方だって現役で活動されていますし 



レイジ とはいえ、1回の撮影で5~6時間。最近、終わる頃にはすでにヘトヘトです。


──本当に通じるものがありすぎです!





他にも、記事に収まりきれなかった内容、記事には出来ない内容含め 
本当に色々なお話を伺うことが出来ました。

スズキレイジさんのHP 『ROPE MAGiC』では定期的に新作を(大ボリューム)で更新。
最新作には期間限定の特典画像も掲載されていますので 是非感想コメントを送って
超美麗なオフショットをご覧下さい。

スズキレイジさん、この度はご協力ありがとうございました。



ROPE006.jpg
ROPE MAGiC 「スズキレイジ」 さんのページは こちら



CAMERAMAN netへ

 




最近の記事
test Powered by 複眼RSS
Blog menu
Photographer


Author:カメラさん

大阪生まれ。
2000年より写真活動を開始する。撮影対象は主に人物。
IT広告代理店にて撮影部門代表、デジタルフォトスタジオにてチーフ所属。以降は広告、記念写真、美容系、アーティスト、ファッションをはじめ、様々な撮影を担当。
2010年に上京。自身の寫眞事務所を設立。
現在は一般撮影業務に加え、オリジナルのグラビア/AV制作にも力を注いでいる。
(カメラさん=現場で呼ばれ続けているうちに定着した愛称)

プルダウンメニュー
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  09  08  07 
SPリンク
FC2カウンター
Twitter


License


r15_3.png